繁殖牝馬:カワカミプリンセス. カワカミプリンセスの評価・リセマラオススメ度. 競走馬カワカミプリンセスの名鑑ページです。馬主や調教師、血統情報などの基本データから、条件別・競馬場別・距離別のレース戦績や次走情報など、スポーツナビ競馬では中央競馬の情報が満載! ウマ娘「カワカミプリンセス」の最新情報はここからチェック! プロフィールやステータス、競走馬データなどカワカミプリンセスに関する最新情報を随時更新でご紹介させ … ^ jbisサーチ カワカミプリンセス 5代血統表2017年8月29日閲覧。 父の キングヘイロー は世界的な超良血馬である。 また、母のタカノセクレタリー(4戦未勝利)は、父に 米三冠馬 シアトルスルー 、母父にもまた米国三冠馬の セクレタリアト をもつ良血で、この配合は A.P.Indy と同じである。 カワカミプリンセス; 能力・適正・成長型 2020年 カワカミプリンセス2020(牝 栗毛 父デクラレーションオブウォー(usa)) 2019年 カワカミプリンセス2019(牡 鹿毛 父ドゥラメンテ) 2018年 ジョージバローズ(牡 黒鹿毛 父ダイワメジャー) 2017年 グランプリアルザン(牡 栗毛 父ヘニーヒューズ(usa)) 「競馬の教科書」一般販売開始 【 個数限定販売 】価格1,500円 ↑競馬がなくならない限り、ほぼ半永久的に使えるノウハウです。 また、同年の優駿牝馬(オークス)では、カワカミプリンセスが勝利し、産駒初のgi制覇を達成した。さらに同馬は無敗のまま秋華賞も制し、エリザベス女王杯でも1位入線(進路妨害により12着降着)した。 カワカミプリンセス(2003.6.5)の4代血統表 キングヘイロー 鹿毛 1995.4.28 種付け時活性値: 1.75 ダンシングブレーヴ 鹿毛 1983.5.11 Lyphard 鹿毛 1969.5.10 Northern Dancer 1961.5.27 Goofed 1960.3.29 Navajo Princess 鹿毛 1974.3.31 ウマ娘 プリティーダービー公式ポータルサイトです。Cygamesが贈るメディアミックスコンテンツ『ウマ娘 プロジェクト』に登場するキャラクター『カワカミプリンセス』を紹介します。 プリンセスになることを夢見ている、地方からやってきたウマ娘。 そんな両馬の2019年産駒はくしくも同じ 父 ド ゥ ラ メ ン テ オーシャンは特にラストクロップなのに・・・オワタ . ターファイト 2017年2歳&1歳新規募集 8月8日から受付開始 見上げたら~カワカミプリンセス~ ターファイトクラブ. カワカミプリンセスの最新情報. 48: 名無しマン 2020/07/08(水) 01:30:05.80 . 三石川上牧場(みついしかわかみぼくじょう)は、北海道 日高郡 新ひだか町三石川上(旧三石郡 三石町)にある競走馬(サラブレッド)の生産牧場である。 代表者は上山浩司(かみやまこうじ)。馬主としては有限会社三石川上牧場名義で登録されている。 スターホースポケット(スタポケ)のカワカミプリンセスについて記載しています。攻略の参考にぜひお役立て下さい。 カワカミプリンセスのステータス 基本情報. ブログ初心者です。趣味をメインに書いていこうと思います(^v^)umerin2さんプロフィールページhttps://profile.ameba.jp/ameba/ume19730112?frm_id=v.jpameblo&device_id=d29d12e6395d44dbad16a65632501247, チーム・プレアデスで調整中。この中間、馴致は問題なく終了し、11月中旬現在、育成場内の馬場でハッキングを毎日30~40分ほどのメニュー。11月17日現在の馬体重は452キロと、前月計測時と比べて20キロ増えたように順調な成長ぶりを見せている。星野代表は「私が高昭牧場にいた頃、丁度、お母さんのカワカミプリンセスの育成を担当していましたが、母はデビューが遅れたように、後出来な馬でした。本馬についても、急いでせっかくの素質を阻んでしまわぬように馬本位で進めていくつもりです。視察のため、この中間に来場された西浦調教師も、同じく『焦ることなくじっくりと』とのご意見でした」とのことだ。, 三石川上牧場分場で夜間放牧され、9月21日にBTC近隣のチーム・プレアデスに移動した。到着後数日は環境に馴らし、その後、馴致を開始。10月中旬現在、引き続き馴致が行われている。育成スタッフは「当初は敏感な面が見られ、飼食いが落ちましたが、今はすっかり落ち着いています。ブレーキングも素直に従っています」とのこと。10月8日現在、馬体重は432キロ。上背がそれ程あるタイプではないが、バランスの良い身体つきは、さすが血統馬と言ったところ。成長の余地もまだ十分に残しており、育成開始後、どう変わってくるか、非常に楽しみだ。なお、父の産駒レイデオロが神戸新聞杯を勝利。秋へ向けて好発進だ。. 日本歴代最強馬ランキング【投票】 日本歴代最強馬ランキング【投票】 カワカミプリンセスの血統・競走成績. カワカミプリンセス16 2017年8月  8月中旬現在、新ひだか町の三石川上牧場分場で夜間放牧中。 牧場スタッフは「離乳後は別の場所へ移り、ひと冬を越した後、5月上旬に現在の場所へ移動して夜間放牧を開始しました。 カワカミプリンセス娘デビュー ; 年内に10500達成したいね; アルビアーノ娘デビュー; ホークス勝利; 佐藤いらん; 1q達成; リスグラシュー弟デビュー; 佐藤、1イニング7失点; 今日は東浜; 今日、10100達成だろね >> もっと見る. カワカミプリンセス ベッラレイア まずはおそらく1番人気確実のカワカミプリンセス、この馬の取捨がエリザベス女王杯でのキーポイントとなるだけにしっかり分析しておこう。 カワカミプリンセス(過去10年)データ 1番人気馬 【2,2,1,5】連対率40% 2006年2月26日、阪神競馬の新馬戦でデビュー。9番人気と評価は高くなかったが、本田優を背に逃げ切りで勝利する。次走の君子蘭賞でも6番人気ながら勝利する。ローテーションの都合により桜花賞は登録せず、優駿牝馬(オークス)を目標にトライアルのスイートピーステークスに出走すると、直線で鋭く抜け出して3連勝。一気に優駿牝馬(オークス)の有力候補となる。 本番の優駿牝馬では、桜花賞の2着馬で武豊鞍上のアドマイヤキッス、その桜花賞で優勝したキストゥヘヴンに続く3番人気に支持され … カワカミプリンセスの父はキングヘイロー。 何とも複雑ですが、血のロマンも感じる配合ですね。 なにより本馬の魅力は2月頭の段階で坂路15-15を記録している程の仕上がりの早さがあげられ … カワカミプリンセス誕生日おめでとう! ウオッカやダイワスカーレットとも一緒に走ったことがあるカワカミプリンセス。ウマ娘での共演も見たいなー. カワカミプリンセス162017年11月 チーム・プレアデスで調整中。この中間、馴致は問題なく終了し、11月中旬現在、育成場内の馬場でハッキングを毎日30~40… Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. カワカミプリンセス意味 冠名+お姫様欧字Kawakami Princess品種サラブレッド性別牝毛色鹿毛生誕2003年6月5日抹消日2009年11月19日父キングヘイロー . 日記 (10106) 旅行 (0) グルメ (0) 最新コメント. 出自 カワカミプリンセスは、牧場ゆかりの血統から、繁殖牝馬としての将来を嘱望され、生産牧場の所有馬として登録され、三石町(現:新ひだか町)川上のプリンセスになって欲しいとの願いから命名された(JRAの馬名登録上は冠名+お姫様となっている)。 NEW ! 7日栗東でカワカミプリンセスの息子がゲート合格 8月7日(水)の栗東トレセンでは、2歳馬6頭がゲート試験に合格。デビューへの関門を突破した カワカミプリンセス Kawakami Princess 鹿毛 2003年生 三石町産 [JRA] 17戦 5勝、優駿牝馬[G1-T2400]、秋華賞[G1-T2000]、スイートピーステークス[オープン-T1800]、君子蘭賞[500万下-T1400]、エリザベス女王杯[G1-T2200] 2着、府中牝馬ステークス[G3-T1800] 2着、金鯱賞[G2-T2000] 3着、産経大阪杯[G2-T2000] 3着 【350,892,000円】 競馬苑. タカノセクレタリーの 2003年 史実産駒「カワカミプリンセス」のデータをまとめた、ウイニングポスト9(2019)の攻略情報です。 カワカミプリンセスは日本の史実馬です。 父は キングヘイロー 、spが 69 、サブパラの合計が 52 となります。. No.128 カワカミプリンセスの2019(牡) 父:ドゥラメンテ 母:カワカミプリンセス 母父:キングヘイロー 生産者:三石川上牧場 生年月日:2019年4月1日 説明:父は2015年の皐月賞・日本ダービーを制したドゥラメンテ。母は2006年の 2017年11月 チーム・プレアデスで調整中。この中間、馴致は問題なく終了し、11月中旬現在、育成場内の馬場でハッキングを毎日30~40分ほどのメニュー。11月17日現在の馬体重は452キロと、前月計測時と比べて20キロ増えたように順調な成長ぶりを見せている。 本田優といえばテイエムオーシャンとカワカミプリンセスだけど . 最終更新日: 2017/04/12 20:30 編集者: 草大福@編集部長. 2017年8月 8月中旬現在、新ひだか町の三石川上牧場分場で夜間放牧中。牧場スタッフは「離乳後は別の場所へ移り、ひと冬を越した後、5月上旬に現在の場所へ移動して夜間放牧を開始しました。今は1歳馬と繁殖牝馬を一緒に放牧していますが、気が強くて、1 2020.07.27. カワカミプリンセスがオークスのウマ娘公式イラストに! 今日5月19日はオークス(芝2400m)が開催されます。ウマ娘公式によるイラストはカワカミプリンセスちゃん! かわいい…かわいい… こんな子が「でぇい!!」してると思うと 両馬とも繁殖としては失敗続き . 2020年 カワカミプリンセス2020(牝 栗毛 父デクラレーションオブウォー(USA)) 2019年 カワカミプリンセス2019(牡 鹿毛 父ドゥラメンテ) 2018年 ジョージバローズ(牡 黒鹿毛 父ダイワメジャー) 2017年 グランプリアルザン(牡 栗毛 父) カワカミプリンセス解析、エリザベス女王杯有力馬徹底解析 「3連単攻略法編」第二弾絶賛発売中! 編集中 分かり次第追加します! 【#ウマ娘キャラクター名前予想クイズ :第4レース】 キャラナンバー09 ヒント:最強のお姫様を目指してやってきた美少女。 2017.07.16. ウマ娘「カワカミプリンセス」のプロフィール・能力・ステータス・適正や成績、アイドルとしての活動について紹介しています。カワカミプリンセスの強い点・弱い点などチェックしましょう!だから…よくって?私のことはちゃんとプリンセスってお呼びなさい! 父キングヘイローは両親に80年代欧州最強馬のダンシングブレーヴと米国最強牝馬グッバイヘイローを持つ、言わずと知れた超良血種牡馬。母タカノセクレタリーも未勝利馬ながら父にSeatrle Slew、母父にSecrerariatを持ち、牝系からもアメリカG1ホースやサクラバクシンオーなどの名馬が多数輩出されているかなりの良血。 こんなものすごい血統の馬が日本、しかも社台系の牧場ではなく日高の中小牧場から生まれるんだから実に競馬はおもしろい。 カワカミプリンセスは2003年の6月に三石川上牧場で生 … カワカミプリンセス16. カワカミプリンセスがオークスのウマ娘公式イラストに!今日5月19日はオークス(芝2400m)が開催されます。ウマ娘公式によるイラストはカワカミプリンセスちゃん! ターファイトクラブの2017年2歳&1歳新規募集は8月8日から申込受付開始となります。私のカラオケでの26番はあの歌ですから、歌いたくなります。見上げたら~スパイシーソース~。 2020.02.24. スポンサーリンク. ^ JBISサーチ カワカミプリンセス 5代血統表2017年8月29日閲覧。 父の キングヘイロー は世界的な超良血馬である。 また、母のタカノセクレタリー(4戦未勝利)は、父に 米三冠馬 シアトルスルー 、母父にもまた米国三冠馬の セクレタリアト をもつ良血で、この配合は A.P.Indy と同じである。 カワカミプリンセスの評価・リセマラオススメ度 編集中 分かり次第追加します! 【#ウマ娘キャラクター名前予想クイズ :第4レース】 キャラナンバー09 ヒント:最強のお姫様を目指してやってきた美少女。ウオッカやダイワスカーレットの良き先輩。 カワカミプリンセス162017年11月 チーム・プレアデスで調整中。この中間、馴致は問題なく終了し、11月中旬現在、育成場内の馬場でハッキングを毎日30~40… カワカミプリンセスは、日本の競走馬、繁殖牝馬である。2006年の優駿牝馬(オークス)と秋華賞に優勝した。, カワカミプリンセスは、牧場ゆかりの血統から、繁殖牝馬としての将来を嘱望され、生産牧場の所有馬として登録され、三石町(現:新ひだか町)川上のプリンセスになって欲しいとの願いから命名された(JRAの馬名登録上は冠名+お姫様となっている)。, 2006年2月26日、阪神競馬の新馬戦でデビュー。9番人気と評価は高くなかったが、本田優を背に逃げ切りで勝利する。次走の君子蘭賞でも6番人気ながら勝利する。ローテーションの都合により桜花賞は登録せず、優駿牝馬(オークス)を目標にトライアルのスイートピーステークスに出走すると、直線で鋭く抜け出して3連勝。一気に優駿牝馬(オークス)の有力候補となる。, 本番の優駿牝馬では、桜花賞の2着馬で武豊鞍上のアドマイヤキッス、その桜花賞で優勝したキストゥヘヴンに続く3番人気に支持される。道中は中団外目で先頭から5、6番手を追走し、直線では前を行くアサヒライジングを交わして先頭に立つと、フサイチパンドラの追撃を抑えて1着でゴールした。無敗での優駿牝馬(オークス)制覇は、クリフジ、ミツマサ、ミスオンワードに次ぐ49年ぶり史上4頭目のことであった。父のキングヘイローにとっても初のGI産駒となり、スイートピーステークスの出走馬からは(前身のスイートピー賞を含め)初の優駿牝馬(オークス)優勝だった。, そして二冠を目指しての秋は、トライアルに出走することなく秋華賞に直接出走。それでも最後は粘るアサヒライジングを交わして、無敗での秋華賞優勝および牝馬二冠馬となった。無敗での同競走制覇はファインモーションに続き史上2頭目で、優駿牝馬(オークス)・秋華賞の無敗の二冠は史上初であった。, 古馬との初対戦となったエリザベス女王杯では、GIの出走としては初めて1番人気に支持された。レースでは道中は後方に控え、第4コーナーから最後の直線にかけて一気に追い出し、1位で入線した。しかし審議の結果、最後の直線でヤマニンシュクルへの進路妨害が認められ、12着への降着処分が下された。このとき、鞍上の本田は、「俺からナンボ制裁金を取ってもらっても構わない。でも、馬は堪忍してやってくれ…」と裁決委員に懇願したと言われている。ちなみに日本のGI1位入線馬の降着は、1991年天皇賞(秋)のメジロマックイーン以来15年ぶり2度目である(奇しくも、メジロマックイーンに走行妨害を受けたプレジデントシチーに騎乗していたのは本田だった)。この年のJRA賞で最優秀3歳牝馬と最優秀父内国産馬に選出された。, 2007年はヴィクトリアマイルから始動。2007年2月をもって調教師へ転向するために引退したこれまでの主戦騎手・本田優に替わり武幸四郎が騎乗。1番人気に支持されたが、馬体が絞りきれていなかった上に、久々の出走が響いたのかスタートで出遅れ、直線でも伸びを欠き10着と大敗、デビュー以来初めて他馬に先着を許した。, 続く宝塚記念では、4コーナーで先頭に立ち、見せ場はつくるものの、先行馬が崩れる厳しい展開で粘りきれず6着に敗れた。しかし、3歳牝馬で同年の東京優駿(日本ダービー)に優勝したウオッカには先着し、意地は見せた。, その後札幌記念に向けて札幌競馬場での調教中だった7月26日に右第1趾節種子骨を骨折していることが判明し、高昭牧場で療養することになった。当初は約1年の休養が見込まれていたが、12月中旬に乗り運動を開始した。, 5歳となり、4月2日に栗東トレーニングセンターへ帰厩した。そして、5月31日の金鯱賞に出走し、故障・長期休養明けに加え牡馬相手であることから5番人気にとどまったが、3着と健闘した。6月12日には第48回宝塚記念ファン投票の最終結果で7位となる3万3640票を獲得したことが発表され、6月29日の宝塚記念への出走登録を行っていたが、6月23日に軽度の筋肉痛のため大事をとって回避することが発表された。夏は放牧に出されずに栗東トレーニングセンターで調整された。秋は横山典弘との新コンビで府中牝馬ステークスから始動し、1番人気に支持される。レースでは直線早めで先頭に立ちそのまま押し切りをはかったが、ゴール目前でブルーメンブラットに差され2着に。続くエリザベス女王杯でも1番人気に支持されたが、リトルアマポーラをとらえられず2着に敗れた。続く有馬記念では2番手でレースを進めたが、最後の直線で伸び切れずダイワスカーレットの7着に終わった。, 2009年は2月21日の京都記念から始動、2番人気に推されたが、4着だった。続く4月5日の大阪杯ではスタートで出遅れたものの最後の直線で後方から追い込んで3着に入った。そして、5月17日のヴィクトリアマイルでは2番人気で出走。好位から競馬を進めるも、直線で伸びあぐねて8着に敗れた。休養を挟み、10月18日の府中牝馬ステークスに1番人気で出走。先団から直線で一旦先頭に立ったが失速し6着に敗れた。最後のレースとなったエリザベス女王杯は、大逃げを打ったクィーンスプマンテとテイエムプリキュア、さらにブエナビスタにも離され、9着に終わった。, 11月17日にオーナーの上山浩司と調教師の西浦勝一が会談し、引退が正式決定[1]。翌日の11月18日に11月19日付で競走馬登録を抹消することが発表された[2]。今後は三石川上牧場で繁殖牝馬となる[1][2]。, 2010年5月23日の東京競馬場第12競走として行われたJRAプレミアムレース「東京クラウンプレミアム」の投票で当馬が最多得票を獲得し、「カワカミプリンセスメモリアル」の副名称を付与して施行することとなった。, 繁殖牝馬となり、2010年はディープスカイと交配したが不受胎となった。2011年はコマンズと交配して受胎し、2012年3月14日に牝馬を出産した。, 父のキングヘイローは世界的な超良血馬である。また、母のタカノセクレタリー(4戦未勝利)は、父に米三冠馬シアトルスルー、母父にもまた米国三冠馬のセクレタリアトをもつ良血で、この配合はA.P.Indyと同じである。, 第3回 ルーネラ / 第4回 テツバンザイ / 第5回 ロツクステーツ / 第6回 クリフジ / 第7回 ミツマサ / 第8回 トキツカゼ / 第9回 ヤシマヒメ / 第10回 キングナイト, 第11回 コマミノル / 第12回 キヨフジ / 第13回 スウヰイスー / 第14回 ジツホマレ / 第15回 ヤマイチ / 第16回 ヒロイチ / 第17回 フエアマンナ / 第18回 ミスオンワード / 第19回 ミスマルサ / 第20回 オーカン, 第21回 スターロツチ / 第22回 チトセホープ / 第23回 オーハヤブサ / 第24回 アイテイオー / 第25回 カネケヤキ / 第26回 ベロナ / 第27回 ヒロヨシ / 第28回 ヤマピット / 第29回 ルピナス / 第30回 シャダイターキン, 第31回 ジュピック / 第32回 カネヒムロ / 第33回 タケフブキ / 第34回 ナスノチグサ / 第35回 トウコウエルザ / 第36回 テスコガビー / 第37回 テイタニヤ / 第38回 リニアクイン / 第39回 ファイブホープ / 第40回 アグネスレディー, 第41回 ケイキロク / 第42回 テンモン / 第43回 シャダイアイバー / 第44回 ダイナカール / 第45回 トウカイローマン / 第46回 ノアノハコブネ / 第47回 メジロラモーヌ / 第48回 マックスビューティ / 第49回 コスモドリーム / 第50回 ライトカラー, 第51回 エイシンサニー / 第52回 イソノルーブル / 第53回 アドラーブル / 第54回 ベガ / 第55回 チョウカイキャロル / 第56回 ダンスパートナー / 第57回 エアグルーヴ / 第58回 メジロドーベル / 第59回 エリモエクセル / 第60回 ウメノファイバー, 第61回 シルクプリマドンナ / 第62回 レディパステル / 第63回 スマイルトゥモロー / 第64回 スティルインラブ / 第65回 ダイワエルシエーロ / 第66回 シーザリオ / 第67回 カワカミプリンセス / 第68回 ローブデコルテ / 第69回 トールポピー / 第70回 ブエナビスタ, 第71回 アパパネ・サンテミリオン(同着) / 第72回 エリンコート / 第73回 ジェンティルドンナ / 第74回 メイショウマンボ / 第75回 ヌーヴォレコルト / 第76回 ミッキークイーン / 第77回 シンハライト / 第78回 ソウルスターリング / 第79回 アーモンドアイ / 第80回 ラヴズオンリーユー, 第1回 ファビラスラフイン / 第2回 メジロドーベル / 第3回 ファレノプシス / 第4回 ブゼンキャンドル, 第5回 ティコティコタック / 第6回 テイエムオーシャン / 第7回 ファインモーション / 第8回 スティルインラブ / 第9回 スイープトウショウ / 第10回 エアメサイア / 第11回 カワカミプリンセス / 第12回 ダイワスカーレット / 第13回 ブラックエンブレム / 第14回 レッドディザイア, 第15回 アパパネ / 第16回 アヴェンチュラ / 第17回 ジェンティルドンナ / 第18回 メイショウマンボ / 第19回 ショウナンパンドラ / 第20回 ミッキークイーン / 第21回 ヴィブロス / 第22回 ディアドラ / 第23回 アーモンドアイ / 第24回 クロノジェネシス, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=カワカミプリンセス&oldid=77199980. カテゴリー. 【ウイニングポスト8 (~2018) 攻略】実在競走馬「カワカミプリンセス」の能力値・適性・特性等のデータ。 競走馬データ 基本情報 所属 :日本 誕生年 :2003 性別 :牝 毛色 :鹿毛 お守り :銀 能力値 ス … 血統 系統色について. 日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報サイトjbisサーチの、カワカミプリンセスの繁殖牝馬情報:牝系情報に関するページです。競馬に関する膨大なデータを手軽に検索・入手できます。 出自 カワカミプリンセスは、牧場ゆかりの血統から、繁殖牝馬としての将来を嘱望され、生産牧場の所有馬として登録され、三石町(現:新ひだか町)川上のプリンセスになって欲しいとの願いから命名された(JRAの馬名登録上は冠名+お姫様となっている)。 カワカミプリンセスって良血馬ですよね。 カワカミプリンセスの両親は超良血ですが両親自身は大した成績を残してないのでカワカミプリンセス自身は良血ではありません。 グランプリアルザンの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 データベース検索 ; 詳細検索; カワカミプリンセス (Kawakami Princess) 牝17歳 鹿毛 Lyphard系.
2020 カワカミ プリンセス の 2017