Facebook; Twitter; はてブ; スポンサーリンク. 8枠17番 ウインマリリン 着 ・オークス②着からの直行. 第17回(1992年) タケノベルベット ョーグン」, かわいすぎる競走馬と厩務員のイチャラブエピソード. 第21回(1996年) ダンスパートナー クラシック . 第26回(2001年) トゥザヴィクトリー 第13回(1988年) ミヤマポピー みんなの攻略コメント. 第28回(2003年) アドマイヤグルーヴ 第40回(2015年) マリアライト 2020年5月25日 2020年5月24日. 第11回(1986年) メジロラモーヌ 無敗のオークス馬 カワカミプリンセス; 素材アイテム . ソウルスターリング. 国際競走指定後: 8枠18番 アブレイズ . カワカミプリンセス. フサイチパンドラ(英:Fusaichi Pandora、2003年2月27日 - 2017年10月28日)は[1]、日本の競走馬、繁殖牝馬。主な勝ち鞍はエリザベス女王杯(GI)、札幌記念(JpnII)[1]。父サンデーサイレンスのラストクロップ(最終世代)である[2]。, 2005年11月12日、京都競馬場の2歳新馬(芝1800m)で初勝利[3]。2戦目に出走した阪神ジュベナイルフィリーズで3着となった[4]。, 3歳になってきんせんか賞で2勝目を挙げ[5]、続くフラワーカップでは2着となり賞金を加算[6]。牝馬クラシック初戦の桜花賞は14着と敗れたが[7]、角田晃一から福永祐一に乗り替わった優駿牝馬(オークス)ではカワカミプリンセスに続く2着となった[8]。, 秋になってからは、ローズステークスで3着に入ると[9]、秋華賞でも3着に入る好走を見せた[10]。その後エリザベス女王杯へ出走し、このレースでも1位で入線したカワカミプリンセスに続く2位入線を果たした[11]。しかし、このレース後に審議が行われ、カワカミプリンセスが最後の直線でヤマニンシュクルの進路を妨害し、12着に降着となり[11]、フサイチパンドラの繰り上がり優勝が決まった[11]。日本でのGI競走における繰り上げ優勝はプレクラスニーが優勝した1991年の第104回天皇賞(秋)(降着処分対象馬はメジロマックイーン)以来15年ぶり2頭目であった。ただ、陣営も繰り上がり優勝には戸惑いを隠せなかった。また、鞍上の福永は古馬になってからのカワカミプリンセスと改めて再戦を望むコメントをしている。なお、この勝利により父のサンデーサイレンスは全世代でGI馬を輩出する快挙を達成した。その後は中一週でジャパンカップに出走。ディープインパクトに敗れはしたもののこの年の牡馬クラシック二冠馬のメイショウサムソンらに先着する5着とここでも優れたパフォーマンスを披露した[12]。, 古馬初戦はダートグレード競走のエンプレス杯に出走し2着となったが[13]、以後しばらく不振に陥り、夏まで4戦して最高5着という成績だった。しかし秋口に出走した札幌記念で[注釈 1]、初騎乗の藤田伸二を背に逃げきりで優勝し、きんせんか賞以来の1位入線、エリザベス女王杯以来の復活勝利を果たした[14]。その後エルムステークス11着を経て[15]、エリザベス女王杯に出走。2年連続の2位入線で、ダイワスカーレットに続く2着となった[16]。以後ジャパンカップで9着となったのち[17]、有馬記念での引退が発表される。しかしレース前日に左寛跛行のため出走取り消しとなり[18]、引退レースを行うことなく、2007年12月26日付でJRAの競走馬登録を抹消し、引退することとなった[19]。, 引退後はノーザンファームで繁殖生活に入り、2009年2月20日に初仔となるシンボリクリスエス産駒の黒鹿毛の牡馬を出産。以後、9頭を出産したが、2017年10月28日に死亡した。, パンドラの死後、2018年1月8日のシンザン記念で7番仔のアーモンドアイが優勝し、産駒初の重賞制覇を達成。続く4月8日の桜花賞も制し、GⅠ馬の母となった。さらには5月20日の優駿牝馬、10月14日の秋華賞を制し、2012年のジェンティルドンナ以来となる史上5頭目の三冠牝馬に、更に11月25日のジャパンカップも制し四冠を達成。その後、ドバイターフ、天皇賞(秋)、ヴィクトリアマイルを勝ち、GI7勝馬となった。, 世界的な名牝系・ベストインショウ系の出身であり、伯父にはEl Gran Senor とトライマイベストがいる。祖母の半妹にはケンタッキーオークス、サンタスザナステークス等の優勝馬Brush with Pride 、その孫にJazil、Rags to Ritches、Peeping Fawn、カジノドライヴらがいる。, 国際競走指定前: 第42回(2017年) モズカッチャン 第12回(1987年) タレンティドガール 第33回(2008年) リトルアマポーラ 2006年5月21日 3回東京2日目 3歳オープン 牝(指)(定量) 第31回(2006年) フサイチパンドラ 第08回(1983年) ロンググレイス 第34回(2009年) クィーンスプマンテ 最も影の薄いオークス馬といえば. 第29回(2004年) アドマイヤグルーヴ, 第30回(2005年) スイープトウショウ 第35回(2010年) スノーフェアリー 第19回(1994年) ヒシアマゾン 第39回(2014年) ラキシス お前らが衝撃的だった競馬の事 … 第23回(1998年) メジロドーベル 第01回(1976年) ディアマンテ 第36回(2011年) スノーフェアリー 1 : 2020/05/24(日)01:13:18 ID:+g4brY5A0. 第45回(2020年) ラッキーライラック, マルカシェンク産駒がJRA初勝利を記録 | 馬産地ニュース | 競走馬のふるさと案内所, 2歳新馬|2005年11月12日 | 競馬データベース - netkeiba.com, 阪神ジュベナイルF|2005年12月04日 | 競馬データベース - netkeiba.com, きんせんか賞|2006年02月25日 | 競馬データベース - netkeiba.com, フラワーカップ|2006年03月18日 | 競馬データベース - netkeiba.com, 桜花賞|2006年04月09日 | 競馬データベース - netkeiba.com, 優駿牝馬|2006年05月21日 | 競馬データベース - netkeiba.com, 関西TVローズS|2006年09月17日 | 競馬データベース - netkeiba.com, 秋華賞|2006年10月15日 | 競馬データベース - netkeiba.com, ジャパンカップ|2006年11月26日 | 競馬データベース - netkeiba.com, エンプレス杯|2007年02月28日 | 競馬データベース - netkeiba.com, 札幌記念|2007年09月02日 | 競馬データベース - netkeiba.com, エルムステークス|2007年09月17日 | 競馬データベース - netkeiba.com, エリザベス女王杯|2007年11月11日 | 競馬データベース - netkeiba.com, ジャパンカップ|2007年11月25日 | 競馬データベース - netkeiba.com, 3歳未勝利|2015年03月15日 | 競馬データベース - netkeiba.com, サラ系3歳2組|2015年10月01日 | 競馬データベース - netkeiba.com, 2歳新馬|2018年08月05日 | 競馬データベース - netkeiba.com, 繁殖牝馬情報:牝系情報|フサイチパンドラ|JBISサーチ(JBIS-Search), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=フサイチパンドラ&oldid=80762888. カワカミプリンセスといえばスイートピーs勝ち馬で初めてオークス勝った馬だけど、そのスイートピーs見て、こいつ超強くね?ってなったこと覚えてる。 その日はすごい前残り馬場だったんだけど、カワカミプリンセスは後方一気で快勝。あれは凄かった。 第02回(1977年) インターグロリア 第43回(2018年) リスグラシュー 第37回(2012年) レインボーダリア 11 R 第67回優駿牝馬(G1) 芝左2400m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40 過去の優駿牝馬. 無敗の、オークス馬カワカミプリンセス以来だから実に13年ぶりらしいです ラヴズオンリーユーは強かったですね。これぞディーパク産駒という末脚でしたし、好位… 第25回(2000年) ファレノプシス 第41回(2016年) クイーンズリング 第06回(1981年) アグネステスコ 新感覚の競馬パズルゲーム「パズルダービー」。競馬を知らなくても簡単に楽しめます。マッチ3形式(同じ色を3つ揃えるブロック消し)を採用。パズルのコンボを重ねてExcellent(エクセレント)を目指そう! 第44回(2019年) ラッキーライラック デビュー以来4戦無敗でGI桜花賞(阪神/芝1600m)、GIオークス(東京/芝2400m)の3歳牝馬二冠を果たしたデアリングタクト(牝3歳)。 第32回(2007年) ダイワスカーレット カワカミプリンセスが激戦のオークスを制す 不良馬場の新馬戦を逃げ切り、2戦目の君子蘭賞は直線一気、そしてスイートピーSでは直線の坂を上り終わってからさらに伸びての差し切り勝ち。それぞれ異なるレースぶりを見せ、デビューからわずか3か月という短期間で大一番に駒を進めてきた1 進化後ホース 無敵のプリンセス カワカミプリンセス; ホース図鑑に戻る. カワカミプリンセスの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 1着=⑨カワカミプリンセス 牝3 55 (本田優) 3番人気 2着=②フサイチパンドラ 牝3 55 (福永祐一) 5番人気 3着=⑩アサヒライジング 牝3 55 (柴田善臣) 7番人気 タイム=2:26.2 レース上がり3ハロン=36.2 勝ち馬上がり3ハロン=35.5 3連複=33,430円 3連単=164,300円 ☆今秋開催のg1レース. 第03回(1978年) リードスワロー 第27回(2002年) ファインモーション 第05回(1980年) ハギノトップレディ 第09回(1984年) キョウワサンダー スプリンターズステークス 6枠12番 カワカミプリンセス 1着 ・オークス①着からの直行 . 第18回(1993年) ホクトベガ 父キングヘイローは両親に80年代欧州最強馬のダンシングブレーヴと米国最強牝馬グッバイヘイローを持つ、言わずと知れた超良血種牡馬。母タカノセクレタリーも未勝利馬ながら父にSeatrle Slew、母父にSecrerariatを持ち、牝系からもアメリカG1ホースやサクラバクシンオーなどの名馬が多数輩出されているかなりの良血。 こんなものすごい血統の馬が日本、しかも社台系の牧場ではなく日高の中小牧場から生まれるんだから実に競馬はおもしろい。 カワカミプリンセスは2003年の6月に三石川上牧場で生 … 人気の投稿とページ. 地味. 第38回(2013年) メイショウマンボ 薄い. 第04回(1979年) ミスカブラヤ 第14回(1989年) サンドピアリス 第07回(1982年) ビクトリアクラウン 第10回(1985年) リワードウイング 秋華賞(2020年) 8枠16番 パラスアテナ ・紫苑ステークス(g3)②着. 第20回(1995年) サクラキャンドル これはエリンコートやろ. 第15回(1990年) キョウエイタップ, 第16回(1991年) リンデンリリー 第22回(1997年) エリモシック 牝馬クラシック初戦の桜花賞は14着と敗れたが 、角田晃一から福永祐一に乗り替わった優駿牝馬(オークス)ではカワカミプリンセスに続く2着となった 。 秋になってからは、ローズステークスで3着に入ると 、秋華賞でも3着に入る好走を見せた 。 第24回(1999年) メジロドーベル 無敗のオークス馬はグレード制導入以降、2006年カワカミプリンセス・2019年ラヴズオンリーユーの2頭のみ。 先日改めて最強牝馬を印象付けたアーモンドアイすら達成できなかった無敗の2冠馬に輝くこ … 勝利.
2020 カワカミ プリンセス オークス