ディープインパクト産駒の得意距離は? 距離別. ディープインパクトの子供の種付け費用は年によって違いますが、 最初は一頭1200万円 から始まったようです。 そして一匹目のディープインパクトの子供(産駒)がデビューした2010年からも同じような金額 … 英・愛・仏のディープインパクト産駒の母父系統別成績. ・ディープインパクト産駒は他の産駒同様「早熟型」である。 ・「早熟型」であるが、他の産駒よりも「2・3歳時」に高パフォーマンスを発揮しやすい。 といった感じですかね。ディープ産駒はとりあえず超優秀ってことですね。 27日、 ディープインパクト の日本国内最後の 産駒 が、 北海道 安平町の ノーザンファーム で誕生した。 昨年、ディープインパクトは頸部の痛みなどから2 月 18日に種付けを中止しており、そのまま7月にこの世を去ってしまった。� 空飛ぶ天馬・ディープインパクト(17歳)の訃報からわずか10日後、大王・キングカメハメハ(18歳)も逝ってしまった。競走馬としてだけでなく、種馬としても大きな成績を残しているという――。 ディープインパクト系種牡馬産駒の海外出走情報 ※豪・仏・英・愛のみ。 ~マーティンボロ産駒~ 11.29 未勝利(仏・アンジェ・芝2000) Flawless Lady ⇒ 4着/15頭 ~ダノンバラード産駒~ ~キズナ産駒~ ~リアルインパクト産駒~ ディープインパクト産駒のサヴァラン(牝2、仏アンドレ・ファーブル)が9月9日の仏G3オマール賞(芝1600m)を勝ってデビューから2連勝を飾った。実はそれ以外にもディープインパクト産駒が欧州で … 2005年(平成17年)に日本競馬史上6頭目の中央競馬クラシック三冠(無敗での達成は1984年のシンボリルドルフに次いで2頭目)を達成、2006年(平成18年)には日本調 … このレースでディープインパクト産駒ミヤケ(牡3、豪・c.ウォーラー厩舎)が… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。 Fancy BLueがナッソーSを勝利したことで、 ますます早逝が悔やまれるディープインパクトですが、 英・愛・仏でデビューしたディープインパクト産駒の 母父系統成績を調べてみました。 ※2020.08.16 現在 5日に行われた中京競馬の第12レースでモーソンピークが1着となり、ディープインパクト産駒は中央競馬で2300勝となった。種牡馬として史上2頭目。 ディープインパクト産駒が日本で活躍していることはもちろん知っていましたが、恥ずかしながら、海外でクラシック勝利を収めていることは知りませんでした。あんまりディープインパクト好きじゃないんですけど、素直に凄いと思います。. 芝:1400~2400m. そんななか、また1頭楽しみな ディープインパクト産駒 が登場するようだ。 イギリス のエリザベス女王が所有する ポートフォリオ (牝2、 M.スタウト 厩舎 )が英国のケンプトンパーク競 馬場 でデビューを … 海外のドバイシーマクラシックも含め、ディープインパクト産駒ではダントツの7勝を誇るジェンティルドンナ。 特に3歳時に見せたジャパンカップでのオルフェーヴルとの激闘は未だに忘れる事が出来ません。 ディープインパクト産駒のサヴァラン(牝2、仏アンドレ・ファーブル)が9月9日の仏G3オマール賞(芝1600m)を勝ってデビューから2連勝を飾った。実はそれ以外にもディープインパクト産駒が欧州で活躍している。, 欧州には、確認できるだけで10頭のディープインパクトの2歳馬がいる。サヴァランと同じアンドレ・ファーブル厩舎のヒダカ(牝2)は、2015年の仏G1サンタラリ賞(芝2000m)を制したクイーンジュエルの姪にあたる。フランス産で、8月20日のドーヴィル競馬場でのデビュー戦(芝1600m)は単勝1番人気に応え、2着に1馬身4分の3差をつけて楽勝した。来年のクラシック、G1へ夢が広がる。, トスカンジニアス(牡2)はシャガー(インヴィンシブルスピリット)の最初の産駒で、仏フランソワ・ロフー厩舎の所属。こちらはデビュー前である。, 英国のパスカル・バリー厩舎にはイルブリオ(牡2)がデビューを控える。こちらは日本産(社台牧場)のディープインパクト産駒。母リュズキナ(ストームキャット)で、カジノドライヴやスピルバーグを所有していた山本英俊オーナーの所有馬である。, すでにデビューしているのがザフィアー(牡2)で、マルコ・ボッティ調教師の管理馬。8月7日のヤーモース競馬場でのデビュー戦(芝7ハロン)は5頭立ての2番人気で4分の3馬身差の2着。母は豪州産のズムールーダで、日本産でモハメド殿下の生産馬とされている。, マイケル・スタウト厩舎のカタラ、サトノジャパンの2頭、ジョン・ゴスデン厩舎にはスタースピリットがおり、名門厩舎からどのような形で成長していくのか楽しみである。, アイルランドのエイダン・オブライエン厩舎にはファンシーブルーとスターオブジュピターの2頭。同厩舎は昨年のG1英2000ギニーを制したサクソンウォリアーを管理しており、ディープインパクト産駒の仕上げのノウハウは十分に備えているだろう。, 既に2勝してクラシックに乗ったサヴァランに続く馬は出てくるのか。こちらも楽しみである。, 青山学院大学大学院法務研究科卒業。1985年から2014年まで日刊スポーツ新聞社に勤務。退職後にフリーランスのジャーナリストとして活動を開始。. ディープインパクト産駒のファンシーブルー(P・ブドー騎手騎乗、牝3、ドナカ・オブライエン厩舎)が5日、G1仏オークス(芝2100m)を制した。, G1コロネーションSを2着に4馬身4分の1差をつける圧勝劇を演じたアルパインスター(単勝1番人気)が逃げ、ファンシーブルーは2番手で追う展開。直線を向いて2頭の競り合いとなり、残り200m過ぎにはG1愛1000ギニーを制したピースフル、デビューから2連勝中のラービアーが加わって4頭が横一線に並ぶ激戦となった。最後はファンシーブルーが短首差、アルパインスターを抑えて優勝した。, さらに頭差で3着ピースフル、そこから頭差で4着ラービアーというきわどい勝負で、上位3着までを愛調教馬が占める結果となった。, ファンシーブルーは母チェンチコヴァが日本でディープインパクトを種付けされた愛国生産馬で、2002年の英愛ダービーなどG1を6勝したハイシャパラルの姪。, デビューから2連勝で2歳戦を終え、3最初戦の6月13日のG1愛1000ギニーはピースフルに2馬身差をつけられての2着と敗れている。この日は単勝9.1倍の4番人気に推されていた。通算成績は4戦3勝。, ディープインパクト産駒がフランスのクラシックレースを勝つのは、2012年のビューティーパーラー(G1仏1000ギニー)、2018年のスタディオブマン(G1仏ダービー)に続き、3回目となる。, 管理するドナカ・オブライエン調教師は、エイダン・オブライエン調教師の次男で騎手出身。父の厩舎ではライアン・ムーア騎手に続く2番手のポジションとなっていた。, 2018、2019年はともに111勝をマークして愛リーディング騎手となっている。21歳だった昨年の11月25日にツイッターで現役引退を発表、調教師への転身を明らかにした。, ファンシーブルーは父エイダンの厩舎で2歳戦を戦ったが、年明けに転厩。21歳の若手調教師に大きなプレゼントを贈る結果となった。「直線は人生のように長かった」と、同調教師は激しい争いとなった直線の攻防を振り返っていた(RTE電子版から)。まだ21歳、生きてきた時間はそれほど長くはないようにも思えるが。, 同日、行われたG1仏ダービーはミシュリフが優勝した。2月29日のサンバサウジダービーカップ(ダート1600m)では、武豊騎手騎乗のフルフラット(牡3、栗東・森秀行厩舎)の2着に敗れている。, 重賞初挑戦となった仏ダービーで、見事に優勝する結果となった(サウジダービーは国際的には無格付け)。, 青山学院大学大学院法務研究科卒業。1985年から2014年まで日刊スポーツ新聞社に勤務。退職後にフリーランスのジャーナリストとして活動を開始。. ディープインパクト産駒のg1レース成績です。国内・海外g1レースでディープインパクト産駒が獲得したg1タイトルを一覧にまとめています。東京競馬場の芝g1全7レース完全制覇、芝のマイルg1完全制覇、桜花賞4連覇など、ディープ産駒の特徴も。 海外所属馬として大レースを制したディープインパクト産駒も登場しました。 母バステトが日本で交配された後にイギリスへ輸出されて生まれたビューティーパーラーは、フランスでデビューすると無傷の4連勝で2012年のプール・デッセ・デ・プーリッシュを制しました。 こうしたケースは数多く見られ、今後も大レースを制する海外所属のディープインパクト産駒が現れても不思議ではありません。 芝1400~2400mまで複勝率30%超 と非常に優秀で条件を問わず走ります。 特に京都競馬場の成績は抜群でどちらかと言えば右回りの競馬場を得意としていますが、スプリント戦や芝2500m以上の長距離戦は苦手としています。 産駒数がマックスで、海外7頭と日本で8頭。 亡くなった後の産駒は走るという格言さえある。 ディープインパクトも、サンデーサイレンスがこの世を去った後に競走馬としてデビューした。 市ディープインパクト ... 戦績; 血統; 産駒成績; 掲示板; 写真; 調教; レース後短評; みんなの評価; 次走・近況; 今週の出走産駒; 産駒 ... リアルインパクト 1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/10/12(土) 15:20:30.36 ID:Usm2EInN0 川上鉱介‏@kosi0924 ディープインパクト産駒・フィアースインパクト、トゥーラックHで豪G1初制覇!鞍上はクレイグ The following two tabs change content below. そのまえにディープインパクト産駒の意外ともいえる特徴について説明します。 ディープインパクト産駒でピンと来る馬は皆さんどの馬でしょうか。 女傑であるジェンティルドンナでしょうか。 ディープインパクト産駒の意外な特徴. だが、ディープインパクトほど抜群な卓越性をもつ産駒はほかにはいなかった。サンデーサイレンスの最後から2番目の世代の産駒であるディープインパクトは14歳と比較的若いが、すでに種牡馬としての信頼性を築き、4回リーディングサイアーとなっている。 gⅠ54勝!完全制覇まであと4レース gⅠを勝ったディープインパクト産駒たち(spaia)ディープインパクト産駒データ編 ディープインパクト産駒のgi勝ち馬は国内外合わせて47頭にのぼる(2020年3月4日現 … ディープインパクト (英: Deep Impact 、2002年(平成14年)3月25日 - 2019年(令和元年)7月30日)は、日本のサラブレッドである。. ディープインパクト産駒の海外遠征の成績一覧です。海外重賞初制覇はキズナのニエル賞(g2)、海外g1初制覇はジェンティルドンナのドバイシーマクラシック。仏1000ギニーを制したビューティーパーラーなど、海外調教のディープ産駒の重賞成績も。 The following two tabs change content below. ディープインパクト産駒がフランスのクラシックレースを勝つのは、2012年のビューティーパーラー(G1仏1000ギニー)、2018年のスタディオブマン(G1仏ダービー)に続き、3回目となる。 ドナカ・オブライエン調教師は昨年の愛リーディング騎手 ファンシーブルーは父エイダンの厩舎で2歳戦を戦ったが、年明けに転厩。21歳の若手調教師に大きなプレゼントを贈る結果となった。. ディープインパクト産駒初のダービー馬となったディープブリランテ。気性面がかなり勝っているタイプで本来は2000mまでの距離適性でしたが、岩田康誠騎手との阿吽の呼吸で2400mの長丁場を乗り切った精神力もお見事です。
2020 ディープ インパクト 産駒 海外