[4]主要国のGDPをグラフ化してみる(最新) 2)軍事的観点から言えば、中国は「紙の龍」であり、見掛け上は強いが、自国近海から遠く離れた場所で起きている出来事への介入には無力だ ・サイト概要 順位:1位 軍事力指数:0.0606 人口(人):329,256,465 活用可能な人員数(人):144,872,845 年間新規成人数(人):4,188,274 現役兵員数(人):1,400,000 AI産業育成については、習近平・中国共産党総書記も第19回党大会で真剣に取り組む姿勢を明確にした。 政治報告では「インターネットとビッグデータ、人工知能を経済と高いレベルで融合させ、中間層、富裕層の消費とイノベーションをけん引し、グリーン社会、シェアリング経済、現代的な供給ラインと人的資本サービスなどの分野を新たな成長分野に育てる」と重点部門を列挙した。党・政府を挙げてAI産業育成に取り組む …  【更新通達用ツイッターアカウント】 その内容によると2019年の世界全体における軍事費総額は1兆9072億米ドル(※)であることが分かった。もっとも多い軍事費(軍事支出)を示していたのはアメリカ合衆国で7318億ドル、次いで中国の2611億ドル、インドの711億ドルが続いている。 https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20200509-00176794 軍事費のトップはアメリカで、ほかの国々を圧倒しています。その額は2位の中国から9位の日本までの合計とほぼ同じになります。 さらに、アメリカ一国で、世界中の国の軍事費の総額の36%にものぼります。 2019年の世界の軍事費(軍事支出)の国際比較統計・ランキングです。各国の軍事費(軍事支出)と国別順位を掲載しています。軍事費には軍事目的の全ての費用支出・資本的支出が含まれる。時系列データは1990-2019年まで収録。  【Facebookページ】 まず、以下の画像でも見る通り、アメリカの軍事予算は、中国と比べて、2倍以上あります。 出典:アメリカ合衆国と中国だけで全世界の軍事費の約半分…主要国の軍事費最新情報(2020年 … 3月5日、中国の国会にあたる全国人民代表大会で、2019年度の軍事費などが発表されました。国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、実に我が国の3.77倍の軍事費を計上した中… [3]コンビニ店舗数の現状をグラフ化してみる(最新)  サイトオープン:2005/09/27  【ツイッターアカウント】 アメリカは世界第二位である中国の軍事費の4倍以上という圧倒的な軍事費を持つ、世界最大の軍事力大国・軍事費大国・軍需産業大国・武器輸出大国です。 アメリカ軍の特徴は、 陸海空の通常戦力、核戦力双方において他国を圧倒; 実戦経験が豊富 ・執筆:不破雷蔵 10月1日の午前中に北京の天安門前広場で実施された、中華人民共和国の建国70周年を記念する軍事パレードは、過去20年間では最も規模が大きく、陸上戦闘部隊の装具、自動小銃から戦略核ミサイル、空軍の作戦機に至るまで、幅広い分野で新型の兵器・装備を披露するという、政治的・軍事的にインパクトの強いものだったといえる。 注目すべきポイントは、DF-41新型大陸間弾道ミサイルなどの戦略核戦力の強化で、核武装国と … それぞれの国の軍事力を比較するのは、簡単ではない。グローバル・ファイヤーパワー(Global Firepower)の「2019年軍事力ランキング(2019 Military Strength Ranking)」は、55以上の要素を総合 … しかし、アメリカの専門家の試算では中国の軍事費はおよそ850億米ドルから1250億米ドルの間であると見積もられている。 政府内の人物によれば、中国は2007年防衛のため1日当たり1億2300万ドルを … 【4月27日 afp】2019年の世界の軍事費は、2010年以降で最も大幅な伸びを見せ、1兆9000億ドル(約204兆円、前年比3.6%増)に達した。 2015年9月、中国の自動車生産前年比-4.7%、中国の発電量前年比-3.1%であり、中国の経済成長6.9%とは整合性がとれない。 中国経済減速の原因 人件費高騰. 軍事費 391億ドル ; 兵力 63万人; 戦車 2,600両; 戦闘機 400機; 潜水艦 18隻; 韓国軍は、北朝鮮の脅威に備えるため伝統的に陸軍を強化しており兵力63万人と多く、総合ランキングは8位となる。 また、韓国空軍はf-15kを59機保有し(40機発注後に20機追加発注)、kf-16とf-16の合計で169機などアメリカ製 … 2020.08.05 2020.11.29. 軍事費 260億ドル ... 【2020年】世界海軍力 ランキング 日本は4位、1位アメリカ、2位ロシア、3位中国. アメリカと中国の軍事力比較2020年.  【Yahoo!ニュース 個人オーサー】、三級ファイナンシャル・プランニング技能士 軍事力は,「グローバル・ファイヤーパワー(Global Firepower)」というHPで,人口(総人口,軍隊の人口),兵器,地理,天然資源,軍事費など50以上の項目をもとにランキング されており,2020年版では, 1位がアメリカ,2位がロシア,3位が中国 です。 中国建国70周年の軍事パレードに向けて練習をする兵士(2019年9月25日、北京)。 Naohiko Hatta / REUTERS. さらに、軍事費は2017年の衆議院議員Paul Ryanに人気があり、米国の軍事費は他の国と比較して高いままであることが示されている。 GDPの割合で軍事費を計算すると、米国は21位にランク。 合衆国連邦予算の総額に占める軍事予算 そして、中国の国内不満が高まっている状況と思われます。これを回避するために、「戦争」を行う可能性があり、台湾とアメリカは警戒しているようです。 中国は軍事費を年々増やしてきており、今や日本の5倍近くに達しています! [5]投資マンションの勧誘電話をピタリと止める魔法の呪文, 【発表リリース:Global military expenditure sees largest annual increase in a decade—says SIPRI—reaching $1917 billion in 2019】, 【防衛費の推移を見ると、直近の2014年度分でも2004年度分にすら追いついていない】, 【「北朝鮮の軍事攻撃の際に米は軍事的に韓国を助けるべき」米市民は55%が賛成・反対は34%】, 【ガベージニュースについて(執筆者詳細プロフィールや履歴、プライバシーポリシーなど)】, 株式市場雑感(20/12/07-20/12/11週)(週終値:2万6751円24銭)(最新), 三社とも新型コロナウイルスの影響強く客数減少継続中、すき家は健闘し売上をギリギリプラスに…牛丼御三家売上:2020年11月分(最新), 「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜」がトップ継続…ゲームソフトランキング更新(2020/12/04時点)(最新), 新型コロナウイルスによる経済への影響を多方面からグラフ化してみる(2020年12月5日時点), 主要先進国や主要新興国の携帯電話の利用可能領域カバー率の実情をグラフ化してみる(最新), 最高値更新…株式市場雑感(20/11/30-20/12/04週)(週終値:2万6751円24銭), 先進国8割強・新興国3割台から4割台…世界全体のパソコンとインターネットの世帯単位普及率をグラフ化してみる(最新), 携帯電話は世界全体で10割超え…世界全体の固定・携帯電話普及率をグラフ化してみる(最新), 中国17.3億・インド11.5億…世界の携帯電話契約数上位国をグラフ化してみる(最新). アメリカはトランプ大統領になり、軍事費が増えると予想されています。 中国、インドなどは経済が発展してきたことにともなって、人件費が増えたことも軍事費が増えている一因 … 1位のアメリカと3位の中国の軍事力の比較を行います。 アメリカ. 1.世界一の軍事力. 2020年はアメリカ大統領選挙の年である。その年頭に当たり、トランプ大統領はイラン革命防衛隊クッズ部隊のソレイマニ司令官を暗殺するという、イランとの軍事衝突をも辞さない強硬手段に打って出 … アメリカは世界第二位である中国の軍事費の4倍以上という圧倒的な軍事費を持つ、世界最大の軍事力大国・軍事費大国・軍需産業大国・武器輸出大国です。 アメリカ軍の特徴は、 陸海空の通常戦力、核戦力双方において他国を圧倒; 実戦経験が豊富 他の回答者さんが答えている通り総合的な軍事力はアメリカの方が上です。しかし陸軍は例外です。 2018年の軍事費はアメリカ合衆国が648,798us $、中華人民共和国は249,997us $と3倍近い差があります。実はgdpから見て中国の軍事費は比較的普通の部類になります。 現在JavaScriptが無効になっています。Yahoo!ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。JavaScriptの設定を変更する方法はこちら。, ↑ 大規模な軍拡を推し進める中国。軍事費総額は推計でも世界第2位。(写真:ロイター/アフロ), ストックホルム国際平和研究所(Stockholm International Peace Research Institute、SIPRI)が先日発表した世界の軍事費動向を集約したレポートによると、2019年の世界全体における軍事費総額は1兆9072億米ドル(※)だった。各国の軍事費の現状を同レポートや同じタイミングで更新されたデータベースの公開値から探る。, 最初に示すのは主要国の2019年における軍事支出の上位陣国。米ドル換算で統一しており、「*」がついているのはSIPRIによる推定値。またあくまでもSIPRIが軍事費であると認識した額で、主に対外勢力に対抗する物理的国家軍事組織用の執行予算が示されている。北朝鮮など一部の国では推計すらできないため除外されている。, SIPRIの計算による2019年の世界全体の軍事費は1兆9072億米ドル。その4割近くをアメリカ合衆国一国が占めている。次いで多いのは中国で2611億米ドル、13.7%。為替レートが影響しうること、海外からの購入品もあるとはいえ、単純な軍事費の多い少ないで軍事力の大小が推し量り切れるわけではないが、やはり両国の軍事力の大きさが改めて認識できる。, 昨今防衛費関連で一部から多様な意見が出されている日本だが、ここ2、3年はようやく持ち直してきたものの、今回の統計では第9位に留まっている。, 軍事費の比較は単純な絶対額だけでなく、その国の実情に考慮すべきとの意見もある。そこで今回は、よく使われる指標の一つ、対GDP比を確認する。これはIMF発表の各国GDPと比較し、その国の軍事支出が何%に値するかを計算したもの。要は各国の経済力に対する軍事支出のバランスを示した値で、かつて日本で指標の一つとされた「防衛費はGNP1%まで」がよい例である(GNP1%枠はすでに撤廃されており、しかもGNPとGDPは別物)。なおグラフは直近年の2019年における軍事費そのものの上位陣に絞り、国の並びも軍事費の大きい順としている。, サウジアラビアが群を抜き、8.0%を示している。次いでイスラエルが5.3%、ロシアが3.9%、アメリカ合衆国が3.4%。日本は0.9%で、中国は1.9%。軍事費上位陣の国はおおよそ1%から2%台に収まっており、日本が一番少ない。, SIPRIの過去の発表リリースなどを基に直近5年分について、軍事費と対GDP比の推移を、2019年時点の上位国に絞ってグラフ化したのが次の図。米ドル換算の際に、為替レートの大きな変動が影響しうるため、あくまでも対外比較指標程度に見てほしい。, アメリカ合衆国がトランプ政権となってから軍事費を増大させていることはよく知られた話ではあるが、その実情がよく把握できる。直近年の2019年では大きな伸びを示しているが、これは中国の台頭を警戒してのものと考えられる。東西冷戦の終結後は先進諸国が軍縮、新興国が軍拡の方向を示すのがトレンドだったが、中国の経済成長に伴う軍拡やアメリカ合衆国でのトランプ大統領の就任と対中強硬姿勢が、そのトレンドを変えている。, 他方中国の大幅な軍拡が、GDPの底上げを背景としていること(軍事費そのものが大きく増大しているが、GDPも同時に成長しているため、対GDP比はほぼ横ばい)、それらも含め、概して先進諸国が軍縮、新興国が軍拡の方向を示していることがうかがえる。これは冷戦終結後、特にここ数年の一つのトレンドとなっている。, 繰り返しになるが軍事費はあくまでも指標の一つでしかなく、また為替レートで多分に影響を受ける。とはいえ、対外的要因が大きい軍事力の物差しとしては、十分以上に参考になるものに違いはない。, プレスリリース上の値は1兆9170億ドルですが、同時に公開された統計資料の単純合算値は1兆9072億米ドルのため、記事では1兆9072億米ドルを採用します。各種計算にもこちらの値を用いています。, (注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。, (注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。, (注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。, (注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロで無いプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。, (注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。, ニュースサイト「ガベージニュース」管理人。経済・社会情勢分野を中心に、官公庁発表情報をはじめ多彩な情報を多視点から俯瞰、グラフ化、さらには複数要件を組み合わせ・照らし合わせ、社会の鼓動を聴ける解説を行っています。過去の経歴を元に、軍事や歴史、携帯電話を中心としたデジタル系にも領域を広げることもあります。, ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。, 新型コロナウイルスの流行で高卒以上の子供の進路にいかなる影響が生じたかをさぐる(2020年公開版), 今さら聞けない「ジョブ型」雇用ってなに?【山本紳也×倉重公太朗】第1回(倉重公太朗), 斎藤慎太郎八段(27)全勝で走るか? 豊島将之竜王(30)追い上げるか? 12月9日、A級5回戦(松本博文), 妻が妊娠中にクビ宣告…TBS『プロ野球戦力外通告』の放送作家が恐怖と感動に震えた5年前の奇跡(谷田彰吾), 変わらぬ虎と地元への愛 元阪神・森田一成さんがタイガースアカデミー岡山校のコーチに(岡本育子), 「NO JAPAN不買運動が原因?」 ユニクロ”韓国進出の象徴”明洞店が閉店へ 韓国内のリアルな反応, 伊吹氏「皇族は法律的には日本国民ではない」。海外の王室はどうなのか。眞子さまの結婚は?, トランプ氏の支配が続く共和党 「バイデン氏の勝利を認めた共和党議員は27人だけ」米紙 米大統領選, 12月7日の関連記事スクラップ/ジョブ型雇用の意味バラバラ/大学受験・近場選ぶ傾向. 2019年の世界の軍事費(軍事支出)の国際比較統計・ランキングです。各国の軍事費(軍事支出)と国別順位を掲載しています。軍事費には軍事目的の全ての費用支出・資本的支出が含まれる。時系列データは1990-2019年まで収録。 世界の軍事費まとめ. 経済・社会情勢分野を中心に、官公庁発表情報をはじめ多彩な情報を多視点から俯瞰、グラフ化、さらには複数要件を組み合わせ・照らし合わせて解説を行うサイトです。 ・中国は大規模な軍拡を一貫して続け、公表する国防費だけでも1999年には280億ドルだったのが2019年には1770億ドルと、驚異的に増えた。しかも中国は国防費に含まない軍事支出も多く、現実の国防費は公表分の数倍ともみられる。 日本は明治時代から急速に近代化を成功させた。世界恐慌が1929年に始まると、日本は世界に先駆けて世界恐慌から抜け出した。日本の急速な近代化の原因は、農業を犠牲にした近代化だった。 確かに日本は世界恐慌から抜け出したが、欧米諸国はブロック経済を採用する。ブロック経済では食料輸入が困難になり、農業を犠牲にしたことで食料生産力が低下している日本は対応できなくなった。 この状況でも日本は農業の近代化 … しかし、アメリカは、2010年以降も、リベラリズムの戦略を維持したどころか、軍事費を削減してきた。他方、中国の軍事的脅威に直接さらされているはずの日本は、この決定的な十年間に、何をしてきた … アメリカはトランプ大統領になり、軍事費が増えると予想されています。 中国、インドなどは経済が発展してきたことにともなって、人件費が増えたことも軍事費が増えている一因 … 中国の個別の経済指標の軒並みマイナス圏. 2015年9月、中国の自動車生産前年比-4.7%、中国の発電量前年比-3.1%であり、中国の経済成長6.9%とは整合性がとれない。 中国経済減速の原因 人件費高騰. 軍事費 [単位:百万us$] 兵力数 [単位:人] アメリカと中国で世界の軍事費の半分. 中国政府は軍事的な脅威、外交的な隔離、経済的なインセンティブを通じて台湾を支配する努力を続けるだろうというのが、大方の見方であることに変わりはない。ちなみに台湾株は最近、史上最高値を更新している。 米大統領選で誰が勝利しても… だが、中国を動かすかもしれない力がいく� アメリカの国防省の2019年5月の報告は、中国の実際の国防支出は、公表値よりも3兆3000億円以上多いと分析しています。 日本の防衛関係費は、20年間でほぼ横ばい、30年間で1.2倍です。 アメリカと中国の2カ国のみで、世界の軍事費の約半分を占めます。 兵力はインドと中国が圧倒的で、次に北朝鮮、ロシア、アメリカが同じくらいです。 軍事費の伸び率の解説. 3月5日、中国の国会にあたる全国人民代表大会で、2019年度の軍事費などが発表されました。国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、実に我が国の3.77倍の軍事費を計上した中… そして、中国の国内不満が高まっている状況と思われます。これを回避するために、「戦争」を行う可能性があり、台湾とアメリカは警戒しているようです。 中国は軍事費を年々増やしてきており、今や日本の5倍近くに達しています! [2]過去70年にわたる消費者物価の推移をグラフ化してみる(最新) 早稲田大学商学部卒。投資歴10年超。本業の事務所では事務その他を担当。ウェブの世界には前世紀末から本格的に参入、ゲーム系を中心とした情報サイトの執筆管理運営に携わり、その方面の経歴は10年を超す。商業誌の歴史系、軍事系、ゲーム系のライターの長期経歴あり。ゲームと歴史系(架空戦記)では複数冊本名での出版も。経歴の関係上、軍事、歴史、ゲーム、ゲーム情報誌、アミューズメント系携帯開発などに強い。現在ネフローゼ症候群で健康診断も兼ねて通院、食事療養中。 Top5のうちアメリカ、中国、ロシア、インドというのは軍事力と比例しており、納得なのだが、意外なのが3位のサウジアラビアになる。 サウジアラビアの2019年の軍事力は25位(※1)になり、防衛費と比較すると軍事力はだいぶ低いように思える。 ・【ガベージニュースについて(執筆者詳細プロフィールや履歴、プライバシーポリシーなど)】, [1]日本の平均寿命の推移をグラフ化してみる(最新) 中国の脅威 - 恐るべき意図 中国が軍事力を急ペースで増強させ続けています。軍事費でいえば、過去28年間で44倍にもなりました。すでに日本の防衛予算(約5兆円)の約3倍です 。 他の回答者さんが答えている通り総合的な軍事力はアメリカの方が上です。しかし陸軍は例外です。 2018年の軍事費はアメリカ合衆国が648,798us $、中華人民共和国は249,997us $と3倍近い差があります。実はgdpから見て中国の軍事費は比較的普通の部類になります。 2020年の中国の軍事費は2370億ドルであり,アメリカの軍事費7500億ドルの約3割です。(出典: Global Firepower) 現時点では両国間でかなりの開きがありますが,アメリカは軍事費を縮小しようとしているのに対し,中国はそのような気配がなく(例えばこのニュース),毎年7%程度の増加傾向にあ … 軍事費の伸び率の解説. スウェーデン・ストックホルム国際平和研究所の報告によりますと、中国は世界でアメリカに次いで2番目に軍事費が多く、その総額は1790億ドルとなっています。 なお、アメリカの軍事費は7320億ドルで、これは世界一とされています。 ・中国は大規模な軍拡を一貫して続け、公表する国防費だけでも1999年には280億ドルだったのが2019年には1770億ドルと、驚異的に増えた。しかも中国は国防費に含まない軍事支出も多く、現実の国防費は公表分の数倍ともみられる。 さらに、軍事費は2017年の衆議院議員Paul Ryanに人気があり、米国の軍事費は他の国と比較して高いままであることが示されている。 GDPの割合で軍事費を計算すると、米国は21位にランク。 合衆国連邦予算の総額に占める軍事予算 Top5のうちアメリカ、中国、ロシア、インドというのは軍事力と比例しており、納得なのだが、意外なのが3位のサウジアラビアになる。サウジアラビアの2019年の軍事力は25位(※1)になり、防衛費と比較すると軍事力はだいぶ低いように思える。 サウジアラビアの軍事費はなぜ高い. 中国の個別の経済指標の軒並みマイナス圏.  (2009/02/17に今ドメインへ移行)
2020 中国 軍事費 アメリカ