当サイトの画像および文章の無断使用、記事内容を断りなく要約・改変し転載・出版することを固く禁じます。, 「PCR検査陰性証明書」はその国が指定した検査方法や形式でないと、入国できない場合があります, (6月29日現在)7月15日よりアライバルビザの発給を再開。観光客の受け入れも開始予定。旅行に関する規定・詳細は, (9月24日更新)9月28日より中国の商務、家族訪問などの有効な居留許可を有する外国人の入境を許可。要PCR検査陰性証明書。詳細は, (6月18日更新)外国人に対する入国制限を解除。14日間の隔離は義務でなく推奨に。ただし、日本政府は「レベル3:渡航は止めてください」としています。, (8月13日更新)外国人投資家、企業関係者はデポジットと保険の購入は免除される。それ以外の外国人の入国には、$90USD(20日間有効)のCOVID-19健康保険をFORTE insurance Companyから購入、または、5万ドル以上の保険証書の提示が必要。詳細は, (6月30日現在)要PCR検査陰性証明書。簡易検査の陰性証明書で入国拒否されたとの事例あり。, (6月12日現在)事前申請のビザの他に、COVID-19陰性証明書、最低50,000USドルの補償がある保険証の提示が必要。さらに、カンボジア到着時に指定の銀行にCOVID-19発症時のデポジットとして3,000USドルを現金またはデビットカードで払う必要がある。詳細は, (10月2日現在)10月31日まで引き続き感染拡大防止対策を継続。但し、市中感染がない国からの団体旅行を再開し、チャーター便等は原則許可される。, (7月17日現在)7月20日よりダバオ国際空港到着客は、逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)検査結果の事前提出が義務付けられる。, (8月24日更新)引き続き日本から観光目的での入国は不可。一方、低リスク国からの入国の自己隔離を14日間から7日間に短縮。詳細は, (7月19日現在)7月20日より、過去14日以内に日本を含む対象国からシンガポールに入国する場合、SHN施設での隔離が義務付けられる。詳細は, (7月14日現在)入国管理事務所の業務が再開。ビザの延長等を行う。新規観光客受け入れについて、現時点では発表なし。最新情報は, (8月4日現在)8月17日よりシンガポール・マレーシア間の往来が可能になる予定。詳細は, (7月12日現在)マレーシア航空に搭乗する際、PCR陰性証明書がないために搭乗拒否となった方がいるとの情報あり。有効なVISAを保持者が入国する場合の詳細は, (5月26日現在)6月1日以降、マレーシア到着後に14日間強制隔離する際の宿泊費用の支払いに関する約定書を、出発の3日前までに提出。, (6月26日現在)6月29日より観光以外の目的(ビジネス、研修、国際会議や展覧会への出席、ボランティア、ワーキングホリデー等)での入国規制を緩和。, (6月18日現在)日本を含む一部の国からのビジネス目的での入国を許可。陰性証明書、滞在先等を提出する必要あり。, (8月10日現在)日本からの入国は引き続き14日間の自己隔離が必要。9月7日まで。延長の可能性あり。, (7月19日現在)7月20日に発表されるグリーン・リスト掲載国からの入国者には行動制限の対象外に。アイルランドへの入国する場合、14日間の行動制限、滞在先申告、旅客位置情報を提出が必要。, (9月1日現在)入国制限は延長されたが、PCR検査陰性証明書があれば日本からの入国は可能。, (8月1日現在)日本から入国する際、PCR検査の陰性証明書があれば14日間の自己隔離が免除される。, (10月2日現在)引き続き日本からの入国は可能。電子申請フォームの提出が必要。詳細は, (8月12日現在)スウェーデン、チェコ、ベルギー、オランダから入国する場合、PCR検査の陰性証明書、申請フォームの提出が必要。, (8月9日現在)アラブ首長国連邦・マルタから入国する場合、PCR検査の陰性証明書、申請フォームの提出が必要。, (6月29日現在)7月1日より日本からの入国が可能に。電子申請フォームの提出が必要。違反者は€500の罰金。14日間の隔離対象者が違反をした場合€5,000の罰金。, (6月17日現在)方針を変更。EU及び近隣国以外からの観光客は6月30日までは受け入れない。詳細:, (5月31日現在)6月15日より、日本を含む29ヶ国からの観光客受け入れを開始。詳細:, (5月26日現在)6月15日より、近隣国20ヶ国からの観光客の入国を許可する予定。国際線はアテネ空港のみ再開。7月1日より、アテネ以外の国際空港再開予定。, (7月16日現在)日本からの入国制限を緩和。PCR検査の陰性証明書を提出すれば入国可能に。詳細は, (7月2日現在)7月15日まで日本人を含むすべてのEU加盟国等以外からの入国を原則禁止。, (9月2日更新)引き続き日本からの入国は可能。入国に際しPCR検査陰性証明書も不要だが、航空会社に提示を求められる場合もある。, (6月10日現在)6月14日までだったスペインとの移動制限措置を6月末まで延長。更なる延長の可能性もあり。, (10月27日現在)11月3日まで特例を除き観光客への宿泊施設のサービス提供を禁止。詳細は, (7月14日現在)過去14日の間に低感染危険国から渡航する場合、ビザなしでも入国が可能に。PCR検査・自己隔離も不要。詳細は, (6月23日現在)6月21日よりポルトガル以外のEUシェンゲン協定加盟国からの入国を許可。, 入国には、申請書、体温チェック、目視チェックが行われ、問題があり得るとされた場合は医師のチェックを受ける。, (8月29日現在)検疫免除対象国が26ヶ国に。出発国によりPCR検査や自己隔離が必要。, (10月2日現在)入国に必要だった抗体検査証明書が不要に。PCR検査陰性証明書は引き続き必要。, (9月8日現在)9月6日より外国人観光客の入国が可能に。要PCR検査陰性証明書、抗体検査証明書。, (6月20日現在)7月1日よりEU及び近隣国22ヶ国からの入国を許可。その他の国は7月15日解除予定。, 11/3時点の情報と違うような・・?ソースはいずれも在フランス日本大使館。最新情報は各自要確認。, (7月14日現在)日本を含む13ヶ国から入国する場合、14日間の自主隔離が不要に。, (8月29日現在)第三国国籍者が出国する国が高リスク国の場合、入国を拒否。トランジットで低リスク国を経由し入国を試みる人を排除する目的。, (7月23日現在)感染リスクの高い国リスト以外からの入国は10日間の自己隔離が免除される。, (7月13日現在)日本を含む黄色カテゴリの国から入国が可能に。ただし有効な滞在許可証を所持する人で、入国時に健康診断を受ける必要がある。詳細は, (7月7日更新)日本を含む7ヶ国からの直行便でポーランドに到着した乗客に対し入国規制緩和。, (6月13日現在)ポーランド及びEU国民は、リトアニア、ドイツ、チェコ、スロバキア、ロシア、ベラルーシ、ウクライナからの入国が可能。, (6月9日現在)6月8日より、クロアチア、ハンガリー、オーストリア、ブルガリア、キプロス、チェコ、エストニア、フィンランド、ドイツ、ギリシャ、アイスランド、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スロバキア、スイス国民は入国が可能に。, (9月8日現在)9月4日時点で、日本は入国制限緩和リストに入っているため入国可能。詳細は, (7月5日現在)7月10日より日本からイングランドに入国する際、14日間の自主隔離は不要に。, (6月26日現在)7月15日からシェンゲン・EEA地域内在住者の入国規制緩和を調整中。, (7月3日現在)入国禁止を8月31日まで再延長。但し、日本を含む14ヶ国は対象外。, (7月12日現在)日本からの入国が可能に。14日間の自己隔離、国立保健センターへの登録が必要。詳細は, (8月11日現在)観光目的で入国する場合、PCR検査陰性証明書、14日間の隔離措置が必要。※ドイツから入国しようとした日本人が入国拒否された事例あり。, (6月19日現在)外国人に対する入国制限を条件付きで解除。ただし、日本政府は「レベル3:渡航は止めてください」としています。, (6月24日現在)6月27日より、シェンゲン協定加盟国、英国からの入国規制を緩和。, (9月25日現在)10月21日までアメリカとの往来制限を延長。引き続き観光目的の入国は不可。, (7月3日現在)アメリカからの入国制限を7月31日まで、アメリカ以外の国からの入国制限を7月21日まで延長。, 6月24日より12月31日まで、非移民ビザ(H-1B、H-2B、Jビザ、Lビザ)に対する米国への入国を制限。詳細は, (10月10日更新)10月21日より空港再開。陰性証明書がある場合、自己隔離期間が14日間から7日間に短縮される。, (7月24日現在)8月1日より、フランクフルト、マドリッドからの運航を再開。旅行者は、PCR検査の陰性証明書、検疫申告書、旅行保険の加入が義務付けられる。, (8月14日現在)8月17日から国際線の一部を再開。入国にはPCR検査陰性証明書、事前申請が必要。, (8月5日現在)観光での入国が可能に。ハイリスク地域以外から入国する場合、PCR検査も不要。, (8月5日現在)8月4日22時より、バハマ全土で最低2週間のロックダウンを行う。詳細は, (7月3日現在)外国人の入国制限を6月30日より30日間延長。ビジネス、芸術、スポーツ目的など一部対象者の入国は可能だが、観光目的での入国は不可。, (7月2日現在)PCR検査の陰性証明書または現地でのPCR検査(自己負担)が必要。入国日より14日間の予防隔離が義務。, (5月26日現在)ニュージーランドとオーストラリア間を検疫なしで移動できる「Travel Bubble」に正式合意。10月からの予定。, (8月31日現在)9月27日まで緊急事態の期限を延長。内閣に承認された者以外の入国は不可。, (5月26日現在)オーストラリアとニュージーランド間を検疫なしで移動できる「Travel Bubble」に正式合意。10月からの予定。, (6月26日現在)ニュージーランド、オーストラリアと、観光客の受け入れについて調整中。, (7月24日現在)日本からの入国は特別検疫施設または政府指定ホテルにて14日間の隔離が必要。, (6月15日現在)投資プロジェクトに取り組む外国企業等の専門家などの入国を認める方針を発表。, (6月18日現在)全ての国際線発着を許可。COVID-19流行国からの渡航者は陰性証明書が必要。, (6月23日現在)現時点で入国できるのはカタール国籍者と居住許可所有者のみ。8月1日より低リスク国からのカタール居住許可所有者の入国を再開予定。, (6月11日現在)日本を含む低リスク国からの入国者はCOVID-19に関する自己申告書、自宅隔離に関する誓約書を提出し、検温・検査を受ける。検査結果によっては14日間の自宅隔離が義務づけられる。, (8月13日現在)8月15日より、日本がレッド国(感染危険度高)に分類され、日本人の入国が禁止に。, (7月28日現在)日本を含むオレンジ(感染危険度中)国から渡航する場合PCR検査の陰性証明書、14日間の自己隔離が必要。, (7月30日更新)滞在許可証を持つ人、政府や国際機関から招待された人、留学生など一部の入国規制を緩和。陰性証明書、申告書の提出が必要。, (6月19日現在)10月末まで、ニュージーランド以外の全ての国際線の運行停止を決定。, (6月9日現在)7月末までUK(ロンドン)、アメリカ(LA)、ニュージーランド以外全ての国際線の運行停止を決定。, アメリカでiPhoneのeSIMにしたら超便利!なので使い方とデュアルSIM化を解説します, 【販売再開】World Nomads(ワールドノマド)日本語ガイド | 海外からも入れる海外旅行保険, 【バンコク生活】スネークファームで予防接種を受けたのでワクチンの種類・金額・受け方解説します(2019年4月版), Hellenic Republic – Ministry of Foreign Affairs, https://www.gov.ie/en/publication/e885b2-covid-19-coronavirus-travel-advice/, 【コロナウィルス】海外旅行いつから行ける?まとめ | kaz-travel 海外旅行. 2020/11/06 06:30. ?スコットランド (7月9日更新) イングランド同様、日本を含む入国規制緩和国からの入国の際、自主隔離は不要に。詳細はこちら。, デンマーク (7月3日更新) 日本を含む6ヶ国からの入国規制を緩和。 (6月27日現在)6月27日より、ビジネス出張者の入国条件が大幅に緩和。詳細はこちら(6月24日現在)6月27日より、シェンゲン協定加盟国、英国からの入国規制を緩和。, ? ?メキシコ(7月19日更新) 8月20日まで米国国境への不要不急の移動制限が延長。 (6月20日現在)7月21日まで米国国境への不要不急の移動制限が延長。, ? 入国制限解除について今アメリカに住んでいるのですが、家族の事情で7月頃日本に一時帰国出来れば、と思っています。7月ごろには行き来できるようになるでしょうか。日本人が日本に帰ることについては、入国を規制してはいません。日本に 新規入国者:Conditions for foreign nationals newly coming into the territory of the Czech Republic (from May 27th, 2020, 0:00), thus for those who previously did not reside in the Czech territory 再入国者:Conditions for entry (return) of persons already residing in the territory of the Czech Republic (from May 27th, 2020, 0:00) 日本政府は2020年10月以降、全世界からの渡航制限を一部緩和するという方針を発表し、実際に10月から11月にかけて段階的に緩和を実行してきました。本記事では日本政府の渡航制限緩和に関する動向について、時系列で整理します。インバウンド対策にお困りですか? またスパム対策でコメント蘭を閉じていたため、こちらにコメントいただくことになり、お手数おかけしました。 私の方でも最新情報を確認して、World Nomadsのページをアップデートするようにいたします。. 【アメリカ・カナダ】カジノオープン、渡航制限・解除情報 2020/ 07/ 08 アメリカ 2020/12/3更新 ロサンゼルス郡、外出禁止令発出 11月30日から12月20日まで適用され、違反した場合にはそれぞれの郡の決定に従い罰則が科せられる可能性 外務省の海外安全ホームページによると、現在アメリカは入国拒否地域に指定されています。 ですが、 日本国籍 を有する人については受け入れをしています。 渡航情報一覧; 渡航情報 (日本) アメリカ疾病予防管理センター(cdc) 渡航情報一覧; 渡航情報 (日本) 海外から帰国(米国へ入国)される渡航者の皆様へ(日本語) アメリカ合衆国税関・国境警備局(cbp) 解除はいつ?タイ入国制限・規制の現状 【タイ政府 8月から 日本人観光旅行者の入国検討へ】 タイでは3月26日に、非常事態宣言が発令。国籍を問わず、すべての外国人の入国が原則禁止になりました。非常事態宣言は7月31日まで延長。 制限を続ける」と述べ、制裁対象の拡大も辞さない構えを示しています。 国務省は3日、中国共産党員とその家族を対象に発給する商用ビザと観光ビザについて、 アメリカに滞在できる最長期間をこれまでの10年から1か月に短縮するとも発表していて、 アメリカから帰国為る際14日間の隔離ですが隔離場所等詳しく調べるのは外務省のhpを確認為るのでしょうか?♯2です。[質問者からの補足コメント]を読みました。帰国時に、隔離されるというのは、日本到着時に、新型コロナウィルスに感染 新型コロナウイルス(covid-19)感染拡大に伴い、現在様々な国で入国時の検疫の強化(健康申告書等の提出)や入国、ビザ発給の制限が行われています。 留学をご予定のお客様におかれましては、大変ご不安な思いをなさっている方も多いことと存じます。 早速、最新のグアム入国事情を解説します。 スポンサーリンク 一部地域からの入国者は「入国制限解除」 2020年7月24日からの、新たな・・そして海外旅行解禁に向けたかなり大きな動き。 それが、上記の通り7月24日からの入国制限の緩和措置でした。 色々考えて不安になります. シンガポール、中国本土からの入国制限を解除 空港でPCR検査行い、コロナ陰性なら隔離不要に 財新 Biz&Tech. アメリカは、韓国をアメリカ側に残そうという姿勢を維持しています。 日韓の入国制限については、日本にだけ解除しろと言って来る事は、有り得ないと思います。 内政干渉になりますので、仲裁する事も無いと思います。 入国制限解除の事情. ?トリニダード・トバゴ(7月4日更新) 要PCR検査陰性証明書。入国後は14日間の検疫命令・監視等がある。(6月19日現在)7月2日まで入国規制を延長。, ? アメリカでは現在、40以上の州と首都ワシントンが何らかの外出制限を実施していますが、これまでのところ、制限の緩和や解除に… それとも既にvisaはあるから. ?イラン(7月23日更新) PCR検査陰性証明書の提出が義務づけられる。(6月11日現在)日本を含む低リスク国からの入国者はCOVID-19に関する自己申告書、自宅隔離に関する誓約書を提出し、検温・検査を受ける。検査結果によっては14日間の自宅隔離が義務づけられる。, リベリア(11月28日更新) 入国にはHealth Screening Arrival Formへの記入が必要。PCR検査の陰性証明書が無い場合、到着時に実費($75USドル)で検査を受ける義務がある。, チュニジア(11月28日更新) パッケージツアー参加者は14日間の自己隔離を免除。 (9月25日現在)9月28日より日本がオレンジ国に。健康フォームへの登録、PCR検査の陰性証明書、14日間の自己隔離をすれば入国が可能に。(8月13日現在)8月15日より、日本がレッド国(感染危険度高)に分類され、日本人の入国が禁止に。(7月28日現在)日本を含むオレンジ(感染危険度中)国から渡航する場合PCR検査の陰性証明書、14日間の自己隔離が必要。(6月13日現在)6月27日より国境再開予定。, アルジェリア(11月27日更新) 入国に際して、要入国許可申請、PCR検査陰性証明書、14日間の隔離。, ガーナ(11月18日更新) コトカ国際空港到着時にPCR検査を受けることが義務付けられているが、11月16日より費用(150USドル)は事前にオンランで決済する必要がある。(9月1日更新)9月1日より国際線再開。要PCR検査陰性証明書。詳細はこちら。, 南アフリカ共和国(11月14日更新) 全ての国からの入国を許可。要PCR検査陰性証明書、海外旅行保険加入。(10月2日更新)日本から観光目的での入国が可能に。要PCR検査陰性証明書。(9月19日現在)10月1日より観光客受け入れ再開予定。要PCR検査陰性証明書。(8月1日現在)引き続き臨時便やチャーター便を除き出入国は禁止。, ボツワナ(11月7日更新) 移動制限の緩和。入国にはPCR検査陰性証明書、入国時のスクリーニング検査、14日間保健機関と連絡を取り続けることが必要。(10月29日更新)要PCR検査陰性証明書。10日間の自己隔離が必要。, カーボベルデ(11月3日更新) 11月14日まで娯楽施設の閉鎖やアルコールの販売等を制限。国内(島)移動の際も要PCR検査陰性証明書。, コンゴ(11月3日更新) PCR検査陰性証明書持参に加え、到着時にも空港でPCR検査実施($45) (8月17日更新)要PCR検査陰性証明書。(7月23日現在)8月15日より国境再開予定。, ガンビア(10月15日更新) 国境再開。要PCR検査陰性証明書。自己隔離不要。, セネガル(10月15日更新) 11月1日以降、要PCR検査陰性証明書。日本からの観光目的の入国は引き続き制限中。(7月30日更新)滞在許可証を持つ人、政府や国際機関から招待された人、留学生など一部の入国規制を緩和。陰性証明書、申告書の提出が必要。, ナイジェリア(10月8日更新)Nigeria International Travel Portalへの登録(健康状態の申告、PCR検査陰性証明書、出国時検査の支払い等)が必要。(8月28日更新)国際線の運行再開を9月5日に延期。(6月11日現在)要PCR検査陰性証明書。, ベナン(10月2日更新) 入国前に衛生管理オンラインフォームへの登録が必要。PCR検査費用もサイト上で支払う。, モーリタニア(9月24日更新) 要PCR検査陰性証明書。陰性証明書携行で14日間の自己隔離不要。, ギニア(9月8日更新) 入国時にPCR検査陰性証明書があれば自己隔離が不要に。, ケニア(8月1日更新) 日本からの入国が可能に。要PCR検査陰性証明書、Passenger Locator Cardの提出。, ? 2.1 航空会社の経営難、資金繰りの悪化など; 2.2 観光客(インバウンド事業)需要の消失; 3 海外旅行はいつから行ける?入国制限解除が早そうな国、遅そうな国. <日本からの入国制限および入国後の行動制限> ・日本を含む16の国・地域を「危険国」としてリストアップし,過去14日以内にこれらの国・地域へ渡航したことのある者に対して,ジブラルタルに入る際にその事実を申告することを義務づける。 行き来出来るのかしら. 色々考えて不安になります. アメリカは、韓国をアメリカ側に残そうという姿勢を維持しています。 日韓の入国制限については、日本にだけ解除しろと言って来る事は、有り得ないと思います。 内政干渉になりますので、仲裁する事も無いと思います。 ?ガイアナ(8月1日更新) 8月15日まで入国規制を延長。(7月19日現在)7月31日まで入国規制を延長。(7月8日現在)7月17日まで入国規制を延長。, ニカラグア(7月28日更新) 日本から入国する場合、96時間以内に実施したPCR検査の陰性証明書が必要。(7月19日現在)入国72時間以内に取得したPCR検査の陰性証明書が必要。, ? それとも既にvisaはあるから. 入国出来ない って事なのかしら. 行き来出来るのかしら. 2020年11月1日 5時20分 新型コロナウイルス 【アメリカ・カナダ】カジノオープン、渡航制限・解除情報 2020/ 07/ 08 アメリカ 2020/11/11更新 ハワイ州 検疫基準の緩和後初 日本からの旅客便到着 nhk 7月16日より、大阪、福岡及び沖縄の各米国総領事館において一部査証(ビザ)業務を再開。 ?ルワンダ(7月31日更新) PCR検査の陰性証明書、事前申請が必要。詳細はこちら。, ? ?トーゴ共和国(8月1日更新) 8月1日からの空路国境再開。入国時にPCR検査実施。要自主隔離。, ? 今回は入国制限が解除され、入国が可能になった国、 マルタ について! ================= 《目次》 ・①マルタ基本情報! ・②今までのwithコロナは? ・③現在のマルタ市内の様子は? ・④マルタ留学に関するセミナーのご案内 ・まとめ いつも楽しみに読ませていただいています。 私の身落しかもしれませんが、アイルランドは情報がないのでしょうか?, アイルランドに関してですが、依然として14日間の自主隔離が必要のようです。 詳細はこちらをご覧ください。https://www.gov.ie/en/publication/e885b2-covid-19-coronavirus-travel-advice/, […] NIHOMBASHI YUMEYA:新型コロナウイルス 各国の入国制限に関する一覧(2020年6月12日17:00時点)アジアの歩き方:タイ入国 7月に再開の動き!! (7月19日現在)8月21日までアメリカからの入国制限を延長。 (7月3日現在)アメリカからの入国制限を7月31日まで、アメリカ以外の国からの入国制限を7月21日まで延長。 (6月17日現在)アメリカとの国境閉鎖を7月21日まで延長。 カリフォルニア、いいですね? こんにちは、行政書士法人imsの桑原です。 10月1日以降、中長期滞在者の方、ビジネス関連で入国される新規来日者の方の入国制限が緩和されました。ただし、観光目的の短期滞在者の方の入国はまだ解除されていません。 世界159か国からの上陸拒否措置について、解除されたわけではなく、あくまで特段の事情があるものとして、入国が認められます。 原則として、全ての国・地域からの入国が可能となりますが、観光での来日はまだ先のこととなりそうです。 4.現在も制限されていて、解除の見通しは立っていない。 ー中国 ー香港・マカオ 新規入国者:Conditions for foreign nationals newly coming into the territory of the Czech Republic (from May 27th, 2020, 0:00), thus for those who previously did not reside in the Czech territory 再入国者:Conditions for entry (return) of persons already residing in the territory of the Czech Republic (from May 27th, 2020, 0:00) 日本の入国制限(アメリカ等からの外国人の入国拒否)と帰国後の2週間の隔離要請が解除されるのはいつ頃 ベストアンサー:全ての国から、目的に関係なしの入国制限解除などずっと先の話です。 3.制限が解除されているが『入国後〇日間の隔離措置』などの条件がある。 ーギリシャ. 新型コロナウイルス(covid-19)感染拡大に伴い、現在様々な国で入国時の検疫の強化(健康申告書等の提出、隔離措置)や入国、ビザ発給の制限を行っています。渡航先、経由先の国がビザ発給や入国の制限をしていないか必ずご確認ください。 早速、最新のグアム入国事情を解説します。 スポンサーリンク 一部地域からの入国者は「入国制限解除」 2020年7月24日からの、新たな・・そして海外旅行解禁に向けたかなり大きな動き。 それが、上記の通り7月24日からの入国制限の緩和措置でした。 2.1 航空会社の経営難、資金繰りの悪化など; 2.2 観光客(インバウンド事業)需要の消失; 3 海外旅行はいつから行ける?入国制限解除が早そうな国、遅そうな国. 7月3日:eu・シェンゲン域外国居住者へのスペイン入国制限の一部解除等について 6月22日:【新型コロナウイルス】警戒事態宣言解除後の国境制限について 6月19日:【新型コロナウイルス】6月21日0時の警戒事態宣言解除等について 2.制限が解除されていて、隔離措置などの条件はない。 ーメキシコ ーアメリカ. 帰国した場合、解除されるまで. こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。, こちらのページでは、新型コロナウィルス(COVID-19)により国境を閉鎖していた国の入国制限緩和・解除の予定を随時更新しています。, フルタイムトラベラー。海外デジタルノマド6年目。 世界各地のAirbnbで家を借りながら暮らす旅人。ライター。翻訳家。LINE トラベルjpナビゲーター。, *当サイトのコンテンツは全て私個人の体験・意見です *当サイトの画像・文章・コンテンツ内容の無断使用・改変・転載・出版を禁じます(法的措置対応), モルディブ(9月4日更新) 12月4日より空港、リゾート島を含む公共の場でのマスク着用が義務化。 (9月4日現在)9月10日より要PCR検査陰性証明書。(8月10日現在)9月6日まで緊急事態宣言を延長。(6月29日現在)7月15日よりアライバルビザの発給を再開。観光客の受け入れも開始予定。旅行に関する規定・詳細はこちら。(6月8日現在)7月再開に向け準備中。, ミャンマー(12月1日更新) 12月31日まで国際旅客便着陸禁止を延長。(9月26日現在)10月31日まで入国制限を延長。(8月27日現在)9月30日まで入国制限を延長。(8月16日現在)8月31日まで入国制限を延長。(7月15日現在)7月31日まで入国制限を延長。, 中国(11月28日更新) 下記必要書類に加え、「健康コード」が必要に。詳細はこちら。 (11月3日現在)日本から中国に渡航する際、PCR検査陰性証明書と血清IgM抗体検査陰性証明書が必要。詳細はこちら。(9月24日更新)9月28日より中国の商務、家族訪問などの有効な居留許可を有する外国人の入境を許可。要PCR検査陰性証明書。詳細はこちら。, トルコ(11月22日更新) 外出制限発令中だが、外国人観光客は対象外となる。(6月18日更新)外国人に対する入国制限を解除。14日間の隔離は義務でなく推奨に。ただし、日本政府は「レベル3:渡航は止めてください」としています。, カンボジア(11月19日更新) 支払保証書を受けて入国することができる外国人の条件を発表。詳細はこちら。(8月13日更新)外国人投資家、企業関係者はデポジットと保険の購入は免除される。それ以外の外国人の入国には、$90USD(20日間有効)のCOVID-19健康保険をFORTE insurance Companyから購入、または、5万ドル以上の保険証書の提示が必要。詳細はこちら。(6月30日現在)要PCR検査陰性証明書。簡易検査の陰性証明書で入国拒否されたとの事例あり。(6月12日現在)事前申請のビザの他に、COVID-19陰性証明書、最低50,000USドルの補償がある保険証の提示が必要。さらに、カンボジア到着時に指定の銀行にCOVID-19発症時のデポジットとして3,000USドルを現金またはデビットカードで払う必要がある。詳細はこちら。, ラオス(11月3日更新) 12月31日まで感染拡大防止対策を継続。(10月2日現在)10月31日まで引き続き感染拡大防止対策を継続。但し、市中感染がない国からの団体旅行を再開し、チャーター便等は原則許可される。 (9月2日現在)引き続き観光目的の入国は不可。(7月31日現在)8月31日まで感染拡大防止対策を継続。(7月1日現在)観光などの目的での入国は引き続き禁止。, モンゴル(11月3日更新) 12月31日まで外国人の入国を原則禁止。(10月9日現在)10月8日より外交、公用、商用の短期ビザの申請発給を再開。(9月16日現在)10月30日まで外国人の入国は原則禁止。(7月30日現在)8月31日まで全航空便の停止を延長。(6月30日現在)7月15日まで全航空便・外国人の入国を停止。, 日本(10月31日更新) 日本への帰国者・入国者への水際対策が変更に。帰国・再入国時の流れ・詳細は下記の外務省サイトを参照。, フィリピン(10月25日更新) 11月1日よりビジネス関係者・投資家の入国を許可。詳細はこちら。(7月22日現在)8月1日より長期滞在ビザを所持する外国人の入国を許可。詳細はこちら。(7月17日現在)7月20日よりダバオ国際空港到着客は、逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)検査結果の事前提出が義務付けられる。, タイ(10月16日更新) 特別観光ビザの申請受付開始。詳細はこちら。 (7月2日更新)入国規制を緩和。PCR検査陰性証明書、10万ドル以上の保険加入証明書、滞在計画書などが必要。詳細はこちら。(6月8日現在)7月1日より段階的に再開?, シンガポール(10月15日更新) 日本からの入国はビジネストラックのみ可能。詳細はこちら。(8月24日更新)引き続き日本から観光目的での入国は不可。一方、低リスク国からの入国の自己隔離を14日間から7日間に短縮。詳細はこちら。(7月19日現在)7月20日より、過去14日以内に日本を含む対象国からシンガポールに入国する場合、SHN施設での隔離が義務付けられる。詳細はこちら。, インドネシア(10月12日更新) ビジネス目的、有効なビザ保持者の入国が可能に。 (8月26日現在)外国人観光客の受け入れ再開は2021年となる見込み。(7月14日現在)入国管理事務所の業務が再開。ビザの延長等を行う。新規観光客受け入れについて、現時点では発表なし。最新情報はこちら。(5月26日現在)10月よりバリなど一部の地域で観光客を受け入れ再開予定。, マレーシア(10月9日更新) 出入国手続の一部をMyTravelPassで行えるように。詳細はこちら。 (10月7日現在)MM2H保有者の再入国ガイドラインが更新。詳細はこちら。 (9月18日現在)駐在者等の入国手続の詳細が公開。 (9月3日現在)9月8日より日本とマレーシアとの間で「レジデンストラック」が開始。 (8月29日現在)条件付き活動制限令を12月31日まで延長。外国人旅行者の入国も不可。(8月4日現在)8月17日よりシンガポール・マレーシア間の往来が可能になる予定。詳細はこちら。未だ観光での入国はできません。(7月12日現在)マレーシア航空に搭乗する際、PCR陰性証明書がないために搭乗拒否となった方がいるとの情報あり。有効なVISAを保持者が入国する場合の詳細はこちら。(5月26日現在)6月1日以降、マレーシア到着後に14日間強制隔離する際の宿泊費用の支払いに関する約定書を、出発の3日前までに提出。, 韓国(10月7日更新) 10月8日より日本と韓国の間で「レジデンストラック」「ビジネストラック」が開始。詳細はこちら。(6月13日現在)海外から入国する全ての人は3日以内に診断検査が必要。詳細はこちら。, パキスタン(9月30日更新) 10月5日より、日本から入国する際は陰性証明書は不要。(見直される可能性あり) Pass Trackへの登録が必要。詳細はこちら。, ネパール(8月11日更新) 国際線の運行再開を8月末まで延期。(7月22日更新)8月17日より国際線の運行を再開予定。(6月30日現在)7月22日まで国内線・国際線の運行停止を延長。(6月17日現在)ビザ申請受付を再開。, 台湾(8月6日更新) 日本の感染状況が急速に悪化したため、ビジネス目的の短期滞在が許可される「中低感染リスク国」から除外された。(6月26日現在)6月29日より観光以外の目的(ビジネス、研修、国際会議や展覧会への出席、ボランティア、ワーキングホリデー等)での入国規制を緩和。(6月18日現在)日本を含む一部の国からのビジネス目的での入国を許可。陰性証明書、滞在先等を提出する必要あり。, バングラデシュ(6月22日更新) 有効なビザを持つ外国人は入国が可能に。要PCR検査陰性証明書。, ベトナム(6月8日更新) 7月1日より日本を含む80ヶ国の電子ビザを承認する予定。, イタリア (12月4日更新) 11月21日から2021年1月6日まで州を超えての移動禁止。日本からの入国は可能だが14日間の自己隔離が必要。 (11月6日更新)11月6日から12月3日まで感染防止措置を実施。詳細はこちら。 (10月9日現在)EU対象国からイタリアに入国する際、スワブ検体検査が必要に。詳細はこちら。 (9月10日現在)日本からの入国は引き続き14日間の自己隔離が必要。(8月10日現在)日本からの入国は引き続き14日間の自己隔離が必要。9月7日まで。延長の可能性あり。 (7月16日現在)日本から入国する際は、引き続き14日間の自己隔離が必要。 (7月2日現在)EU入国規制緩和に準ずるが、シェンゲン域外からの入国者は自己隔離と健康観察が必要。 (5月26日現在)6月3日よりEU市民に限り検疫なしで他国からの移動を許可。, ドイツ(12月4日更新) 2021年1月10日まで部分的ロックダウンを延長。 (11月27日現在)12月20日まで各種制限措置を延長。 (11月10日現在)11月8日よりリスク地域からの入国はデジタル入国登録が必要。日本はリスク地域に含まれていないため現時点では不要だが、観光目的での入国は引き続き制限中。 (10月30日現在)10月30日から11月30日まで外出制限、12月31日まで集会制限。(8月7日現在)リスク国から入国する場合、PCR検査が義務に。 (7月2日現在)7月2日以降、 オーストラリア、ジョージア、カナダ、モンテネグロ、ニュージーランド、タイ、チュニジア、ウルグアイからの入国が可能になる。詳細はこちら (6月17日現在)入国前14日以内にリスク地域に滞在した場合、14日間の自宅隔離が義務。詳細は各州政府の情報を確認すること。 (5月26日現在)6月16日よりフランス、スイス、オーストリアからの陸路国境をオープン予定。本格的な観光客の受け入れは夏の終わり頃までに再開予定。, アイルランド (12月4日更新) 欧州対象地域及び日本から入国する場合、入国5日目以降のPCR検査が陰性の場合、行動制限は不要に。(9月17日現在)日本からの入国は、引き続き行動制限あり。(7月19日現在)7月20日に発表されるグリーン・リスト掲載国からの入国者には行動制限の対象外に。アイルランドへの入国する場合、14日間の行動制限、滞在先申告、旅客位置情報を提出が必要。, ラトビア (12月4日更新) 2021年1月11日まで非常事態宣言を延長。 (11月7日現在)11月9日から12月6日まで非常事態宣言の再発令。(10月8日現在)入国48時間前にCOVIDpassへの登録が必要。(7月3日現在)EUの入国制限緩和により、日本からの入国が可能に。, クロアチア(12月2日更新) 12月1日より日本からの観光目的での入国は制限中。(9月1日現在)入国制限は延長されたが、PCR検査陰性証明書があれば日本からの入国は可能。(8月1日現在)日本から入国する際、PCR検査の陰性証明書があれば14日間の自己隔離が免除される。(7月2日現在)日本からの入国も可能に。詳細はこちら。(6月17日現在)EU以外からの入国禁止、6月30日まで延長。, ギリシャ(12月1日更新) ギリシャ全土の外出制限を12月14日まで延長。 (11月22日現在)陸路で入国する者は、PCR検査の陰性証明書、申請フォームの提出に加え、入国ゲートにてPCR検査を受けることが義務化された。 (11月6日現在)ギリシャ全土で11月7日から30日まで外出制限を行う。(10月2日現在)引き続き日本からの入国は可能。電子申請フォームの提出が必要。詳細はこちら。(8月12日現在)スウェーデン、チェコ、ベルギー、オランダから入国する場合、PCR検査の陰性証明書、申請フォームの提出が必要。(8月9日現在)アラブ首長国連邦・マルタから入国する場合、PCR検査の陰性証明書、申請フォームの提出が必要。(7月8日現在)7月15日よりUKからの直行便再開。要PCR検査。(7月2日現在)7月15日までUK、スウェーデン、トルコからの直行便を禁止。(6月29日現在)7月1日より日本からの入国が可能に。電子申請フォームの提出が必要。違反者は€500の罰金。14日間の隔離対象者が違反をした場合€5,000の罰金。(6月17日現在)方針を変更。EU及び近隣国以外からの観光客は6月30日までは受け入れない。詳細:Hellenic Republic – Ministry of Foreign Affairs(5月31日現在)6月15日より、日本を含む29ヶ国からの観光客受け入れを開始。詳細:Hellenic Republic – Ministry of Foreign Affairs(5月26日現在)6月15日より、近隣国20ヶ国からの観光客の入国を許可する予定。国際線はアテネ空港のみ再開。7月1日より、アテネ以外の国際空港再開予定。, ブルガリア (12月1日更新) 現時点でも日本から入国する場合、陰性証明書の提出は不要。 (8月1日現在)日本から入国する場合、陰性証明書の提出が不要に。(7月16日現在)日本からの入国制限を緩和。PCR検査の陰性証明書を提出すれば入国可能に。詳細はこちら。(7月2日現在)7月15日まで日本人を含むすべてのEU加盟国等以外からの入国を原則禁止。(6月15日現在)ギリシャへとの国境を再開。, ポルトガル(11月10日更新) 非常事態宣言を12月8日まで延長。(10月17日更新)引き続き日本からの入国は可能。(9月2日更新)引き続き日本からの入国は可能。入国に際しPCR検査陰性証明書も不要だが、航空会社に提示を求められる場合もある。(8月18日現在)日本からの観光目的の入国が可能に。(6月10日現在)6月14日までだったスペインとの移動制限措置を6月末まで延長。更なる延長の可能性もあり。(5月26日現在)6月再開に向けて準備中。, チェコ (11月22日更新) 緊急事態宣言を12月12日まで延長。 (11月7日更新)現時点でも日本からの入国は可能だが、「人の移動の自由」が制限されているため観光目的は不可。(11月3日更新)緊急事態宣言を11月20日まで延長。(10月27日現在)11月3日まで特例を除き観光客への宿泊施設のサービス提供を禁止。詳細はこちら。(7月14日現在)過去14日の間に低感染危険国から渡航する場合、ビザなしでも入国が可能に。PCR検査・自己隔離も不要。詳細はこちら。(7月2日現在)滞在許可を持つ日本人の入国が可能に。 (6月9日現在)6月5日より、スロバキア、オーストリア、ハンガリー、ドイツからの入国が可能に。, スペイン (11月19日更新) 11月23日より感染レベルの高い国から入国する際、PCR検査陰性証明書の提示が必要に。 (11月7日更新)警戒事態宣言を2021年5月9日まで延長。詳細はこちら。また、州により移動制限、夜間外出制限等も。(7月4日更新)日本を含む15ヶ国からの入国規制を緩和。 (7月1日現在)EUシェンゲンからの入国制限緩和を近日中に行う予定。日本からの観光・出張目的の入国は現時点では不可。(6月23日現在)6月21日よりポルトガル以外のEUシェンゲン協定加盟国からの入国を許可。EU以外からの入国は7月1日以降で段階的に緩和予定。入国には、申請書、体温チェック、目視チェックが行われ、問題があり得るとされた場合は医師のチェックを受ける。 (5月26日現在)7月1日から再開予定。観光客を受け入れるために、ホテルや観光施設と準備中。, スロバキア (11月15日更新) 検疫免除国が10ヶ国に制限。日本は免除国だが、経由国が対象外の場合はPCR検査陰性証明書や自己隔離が必要。詳細はこちら。(10月1日更新)日本を含む31ヶ国から入国する場合、検疫免除。(8月29日現在)検疫免除対象国が26ヶ国に。出発国によりPCR検査や自己隔離が必要。(7月4日現在)日本を含む32ヶ国からの入国規制を緩和。, モロッコ (11月13日更新) 外国人観光客はPCR検査陰性証明書に加え、ホテル予約確認書も必要。(10月2日現在)入国に必要だった抗体検査証明書が不要に。PCR検査陰性証明書は引き続き必要。(9月8日現在)9月6日より外国人観光客の入国が可能に。要PCR検査陰性証明書、抗体検査証明書。(7月14日現在)観光客の受け入れ停止中。, マルタ(11月13日更新) EU17ヶ国から入国する場合、要PCR陰性証明書。(6月20日現在)7月1日よりEU及び近隣国22ヶ国からの入国を許可。その他の国は7月15日解除予定。(6月8日現在)7月1日より18ヶ国に対し入国を許可する予定。, フランス (11月11日更新) 外出制限中につき、フランス国内の旅行・移動も罰金対象。 (11月7日現在)「引き続き、日本からフランスへの渡航者については、搭乗72時間前の陰性証明書及びフランス入国時の新型コロナウィルス検査義務の対象外」とのこと。←11/3時点の情報と違うような・・?ソースはいずれも在フランス日本大使館。最新情報は各自要確認。 (11月3日現在)ロックダウン中も日本からの入国は可能だが、陰性証明書が無い場合、フランス到着時の空港でPCR検査が義務づけられる予定。 (10月30日現在)10月30日から12月1日までフランス全土で外出制限。(7月14日現在)日本を含む13ヶ国から入国する場合、14日間の自主隔離が不要に。(7月4日現在)日本を含む13ヶ国からの入国規制を緩和。 (6月15日現在)6月15日からEU内の移動が可能に。7月1日から欧州外への移動が一部可能になる予定。, スイス(11月6日更新) 11月30日まで、一部の州で感染症防止策の追加措置を実施。(8月29日現在)第三国国籍者が出国する国が高リスク国の場合、入国を拒否。トランジットで低リスク国を経由し入国を試みる人を排除する目的。(7月23日現在)感染リスクの高い国リスト以外からの入国は10日間の自己隔離が免除される。 (7月2日現在)7月20日より、日本を含む13ヶ国とシェンゲン圏外のEU加盟国も入国が可能に。, ハンガリー(11月6日更新) 非常事態を再宣言。 (8月29日現在)9月1日より、合理的な理由がない外国人の入国が不可に。(7月13日現在)日本を含む黄色カテゴリの国から入国が可能に。ただし有効な滞在許可証を所持する人で、入国時に健康診断を受ける必要がある。詳細はこちら。(7月3日現在)引き続きEU以外からの入国は禁止。, ポーランド (11月6日更新) 11月7日から29日までホテルはビジネス目的以外は禁止に。(7月7日更新)日本を含む7ヶ国からの直行便でポーランドに到着した乗客に対し入国規制緩和。(6月13日現在)ポーランド及びEU国民は、リトアニア、ドイツ、チェコ、スロバキア、ロシア、ベラルーシ、ウクライナからの入国が可能。, スロベニア (11月6日更新) 日本から入国する際、PCR陰性証明書と自主隔離が不要に。(9月29日更新)入国制限リスト更新。詳細はこちら。(6月9日現在)6月8日より、クロアチア、ハンガリー、オーストリア、ブルガリア、キプロス、チェコ、エストニア、フィンランド、ドイツ、ギリシャ、アイスランド、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スロバキア、スイス国民は入国が可能に。, オランダ(11月4日更新) 11月18日まで部分的ロックダウンに加え、新たな措置を発表。オランダ政府は1月中旬まで海外旅行はしないよう要請。詳細はこちら。(9月8日現在)9月4日時点で、日本は入国制限緩和リストに入っているため入国可能。詳細はこちら。(6月17日現在)EU以外からの入国禁止、6月30日まで延長。, イギリス (11月3日更新) 11月5日より12月2日までイングランドでロックダウン。(7月5日現在)7月10日より日本からイングランドに入国する際、14日間の自主隔離は不要に。但し、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドはそれぞれの地域ルールに従う。, アゼルバイジャン(10月30日更新) 12月1日まで国境封鎖を延長。(9月30日現在)11月2日まで国境封鎖を延長。(8月30日現在)9月30日まで国境封鎖を延長。(7月19日現在)8月31日まで国境封鎖を延長。, ノルウェー (10月23日更新) 第三国からの入国規制を一部緩和。ノルウェー在住者の家族や恋人が対象。詳細はこちら。(10月10日現在)引き続き日本からの入国できるのは滞在許可を持つ人のみ。ノルウェー政府は他国地域への不要不急の渡航を2021年1月15日まで延長。(8月13日現在)引き続き日本を含むシェンゲン・EEA域以外からの入国を制限中。(6月26日現在)7月15日からシェンゲン・EEA地域内在住者の入国規制緩和を調整中。(6月13日現在)6月15日から北欧諸国との間の観光客往来を再開。, スウェーデン (10月23日更新) 入国禁止を12月22日まで再延長。日本在住者は対象外。(8月28日現在)入国禁止を10月30日まで再延長。日本在住者は対象外。詳細はこちら。(7月3日現在)入国禁止を8月31日まで再延長。但し、日本を含む14ヶ国は対象外。(6月26日現在)7月7日まで入国禁止を延長。(6月13日現在)6月30日まで入国禁止を延長。, ロシア(10月16日更新) 日本から直行便での渡航制限解除。要PCR陰性証明書。, アイスランド(10月8日更新) 入国制限を12月1日まで延長。全入国者に対し、入国時のPCR検査と6日間の自己検疫、2回目のPCR検査受診が必要。(5月26日現在)6月15日までに観光客受け入れ再開の準備をしている。, コソボ(10月2日更新) 高リスク国から入国する場合要PCR検査陰性証明書。(現時点で日本は高リスク国ではない。), キルギス(9月30日更新) 日本からの入国が可能に。要PCR検査陰性証明書。(8月22日現在)留学生やビザ保持者等の入国制限を解除。, ベルギー(9月29日更新) 日本からの渡航制限解除。渡航者追跡フォームの登録は必要。 (9月25日更新)日本はグリーン国に認定され、検疫・自己隔離が不要に。渡航者追跡フォームへの登録は引き続き必要。詳細はこちら。(8月1日現在)渡航者追跡フォームへの登録が必要。詳細はこちら。(7月3日現在)7月7日まで変更なし。EUの入国制限緩和については協議中。(6月8日現在)6月15日より、EU及びUKからの入国を再開予定。, リトアニア(9月17日更新) 日本から入国する際、自己隔離が不要に。国立社会保健センターへの登録は引き続き必要。詳細はこちら。(7月12日現在)日本からの入国が可能に。14日間の自己隔離、国立保健センターへの登録が必要。詳細はこちら。, フィンランド (9月16日更新) 9月19日より日本からの入国制限を再び解除。詳細はこちら。(8月22日現在)日本からの入国制限を再開。トランジットは可能。詳細はこちら。(7月28日現在)日本からの入国制限を解除。詳細はこちら。, ジョージア (9月16日更新) 10月31日まで国際線の発着制限を延長。自己隔離期間は12日間から8日間に。長期滞在予定(180日以上)のリモートワーカーはオンラインで申請後、渡航許可が降りた場合は入国が可能。詳細はこちら。 (8月18日現在)9月30日まで国際線の発着制限を延長。原則として外国人の入国は許可されず、ビジネス目的、EU圏永住権保持者等に限られる。自己隔離期間は14日間から12日間に。(8月11日現在)観光目的で入国する場合、PCR検査陰性証明書、14日間の隔離措置が必要。※ドイツから入国しようとした日本人が入国拒否された事例あり。(7月24日現在)8月31日まで国際線の発着制限を延長。(7月24日現在)ビジネスでの入国が可能に。StopCov.geへの必要事項入力、PCR検査が必要。(6月26日現在)7月末まで国際線の発着規制を延長。, ボスニア・ヘルツェゴビナ (9月13日更新) PCR検査陰性証明書があれば外国人の入国が可能に。, エストニア(9月5日更新) ハイリスク国から入国する場合、空港でPCR検査を実費(€80)で受けられるように。日本から入国する場合は原則自己隔離もPCR検査も現時点では不要。(7月8日現在)7月6日より観光目的の入国が可能に。, ウクライナ(8月28日更新) 9月28日まで外国人の入国を制限。(6月19日現在)外国人に対する入国制限を条件付きで解除。ただし、日本政府は「レベル3:渡航は止めてください」としています。, キプロス(8月20日更新) 8月20日より日本から入国する際は要PCR検査陰性証明書。 (7月12日現在)日本からの渡航制限が解除。Cyprus Flight Passへの必要事項入力・宣誓が必要。, アルメニア(8月13日更新) 外国人の空路による入国を許可。14日間の自己隔離が必要だが、PCR検査を受け陰性であれば自己隔離をしなくても良い。, ルーマニア (8月1日更新) 日本から入国することは可能だが、注意が必要。詳細はこちら。, ? 日本を含むコロナウィルス感染国からのアメリカ入国者に課せられていた14日間の自主隔離規制が、9月頃に撤回されたようです。CNNの報道によると、アメリカ疾病管理予防センターは、海外からの帰国者および入国者に求めていた14日間の自主隔離期間に関するガイドラインを更新し、事実上撤回しました。これにより、日本からアメリカへの入国者は、コロナウィルス感染拡大前と同じように通常通りにアメリカに入国できることになりました。, 実際に、筆者の大学生の娘も、先日11月8日に成田空港からバンクーバー経由でシアトルへ到着し、特に問題なく普通に入国できています。ただし、これも新型コロナウィルスの感染拡大前と同様、アメリカ入国前のESTA登録は必要です。, 一方、アメリカから日本へ帰国する際のPCR検査の実施と、帰国日から14日間の自主隔離の実施は依然求められています。PCR検査の結果は、自宅、ホテル、入国審査施設内の指定場所のいずれかで受けることになりますが、自宅へ戻る場合やホテルへ移動する場合には、鉄道、バス、タクシーなどの公共交通機関の利用はできません。なお、羽田空港と成田空港では、新型コロナウィルス感染対策を施した一部のハイヤーが利用可能となっています。, 一方、現時点のアメリカでは依然として新型コロナウィルスの感染拡大が続いています。本記事執筆時点のアメリカの新型コロナウィルス感染者数1136万7214人、死者数25万1901人となっています。全米50州の48州で過去最大の1日あたり新規感染者が発生し、本格的な冬を迎える今後感染者がさらに増加すると見込まれています。, 感染者は人口が多いテキサス州(109万4356人)、カリフォルニア州(103万3687人)、フロリダ州(88万5201人)、ニューヨーク州(59万7394人)、イリノイ州(57万3616人)などで特に増えてきており、医療システムの崩壊の危険性が高まっています。アメリカは新型コロナウィルスの感染拡大の収束の兆しすら見えておらず、現時点でのアメリカへの渡航は、特に感染者が増加している地域への渡航は、健康上の大きなリスクを伴います。個人的には、現時点でアメリカに通常通り入国できるものの、アメリカへの渡航は当面控えることをお勧めします。, 専門家の多くは、新型コロナウィルスのパンデミックの収束にはワクチンの普及が不可欠としています。先日、アメリカの大手製薬会社のファイザーが、新型コロナウィルスのワクチン開発に成功したという明るいニュースが報道されました。トランプ政権は、早ければ来年1月にも新型コロナウィルスのワクチン3億回分を確保し、国民への接種を開始したいとしています。, ワクチンの有効性などについては未知の部分がありますが、ある程度の有効性が確保できた場合、早ければ来年春ごろから一定の効果が期待できるかも知れません。来年が、新型コロナウィルスのパンデミック収束の始まりの年となりますよう、心から願う次第です。, 大学卒業と同時に渡米し、ロサンゼルスで外食ビジネスを立ち上げる。帰国後は複数のベンチャー企業のスタートアップ、経営に携わり、2001年に経営コンサルタントとして独立。事業再生、新規事業立上げ、アメリカ市場開拓などを中心に指導を行っている。アメリカ在住通算七年で、現在も現地の最新情報を取得し、各種メディアなどで発信している。米国でベストセラーとなった名著『インバウンドマーケティング』(すばる舎リンケージ)の翻訳者。明治学院大学経済学部経営学科博士課程修了、経営学修士。, ジェイシーズは、御社のアメリカでの事業展開をお手伝いしています。ご相談は無料ですので、お気軽にご相談下さい。. 日本からアメリカへの入国制限情報、自己隔離情報、現在のアメリカ・ニューヨークの状況についてまとめました。 2020年8月25日現在、 日本からの渡航者は、アメリカへの入国が許可されています が、ニューヨーク到着後は14日間の自己隔離の対象となります。 全くないのだけど、 身内に何かあったら?とか. 日本はこれまで159の国・地域からの入国を制限していましたが、政府は10月1日から全世界を対象とし入国制限を緩和しました。政府は国際的な往来再開に向けた段階的措置として、すでにタイ、台湾、シンガポールなど7か国・地域との間で相互の入国制限緩和を実施していました。 6月15日、欧州では域内の移動が再開、域外からの渡航規制解除を欧州委員会が提案している。日本政府が進めている入国規制緩和もまずは1日250名から始める予定であることが明らかになり、航空会社の動きも活発になってきている。 こんにちは、行政書士法人imsの桑原です。 10月1日以降、中長期滞在者の方、ビジネス関連で入国される新規来日者の方の入国制限が緩和されました。ただし、観光目的の短期滞在者の方の入国はまだ解除されていません。 アメリカ合衆国への入国が制限されている国はどこか? アメリカ合衆国の外交政策では、国家の公衆衛生や安全に対するリスクとなる国の人に対して、入国を拒否または制限しています。 現在、以下の国に対して入国制限を行なっています。 年末までアメリカを出る予定は. <日本からの入国制限および入国後の行動制限> ・日本を含む16の国・地域を「危険国」としてリストアップし,過去14日以内にこれらの国・地域へ渡航したことのある者に対して,ジブラルタルに入る際にその事実を申告することを義務づける。 入国後の14日間待機 短期出張や日本居住外国人 条件付きで免除. 撤回された14日間の自主隔離規制 日本を含むコロナウィルス感染国からのアメリカ入国者に課せられていた14日間の自主隔離規制が、9月頃に撤回されたようです。cnnの報道によると、アメリカ疾病管理予防センターは、海外からの帰国者および入国者に求めていた14日間の自主隔離期間に関す … 全くないのだけど、 身内に何かあったら?とか. ?オーストリア (7月2日更新) 引き続きEU加盟国等以外からの入国を原則禁止。, ??エストニア、??ラトビア、? カリフォルニアは米国の中では比較的COVID対策をしている人が多いと聞きます。 気をつけて楽しんで来てください? 今回は入国制限が解除され、入国が可能になった国、 マルタ について! ================= 《目次》 ・①マルタ基本情報! ・②今までのwithコロナは? ・③現在のマルタ市内の様子は? ・④マルタ留学に関するセミナーのご案内 ・まとめ 3.1 入国制限解除が早そうな国; 3.2 入国制限解除に慎重な国 20日、カンボジア政府は3月下旬から新型コロナウイルス対策として入国を禁止にしていた6か国の入国制限の解除を発表した。クメール・タイムズ(電子版)などが報じた。 6月15日、欧州では域内の移動が再開、域外からの渡航規制解除を欧州委員会が提案している。日本政府が進めている入国規制緩和もまずは1日250名から始める予定であることが明らかになり、航空会社の動きも活発になってきている。 日本政府は4月1日の国家安全保障会議で、外国人の入国拒否の対象を大幅に拡大することを決めた。 水際対策強化のため、これまでは一部地域からのみ入国を禁じていた中国と韓国の全土が対象となり、新たにアメリカ、台湾、イギリスなど… ?ガボン(7月1日更新) 国際線が再開。要PCR検査陰性証明書。海陸の国境は閉鎖を継続。, ✈️カンタス航空・ジェットスター(10月9日更新) 11月末まで、ニュージーランド以外の全ての国際線の運行停止。(6月19日現在)10月末まで、ニュージーランド以外の全ての国際線の運行停止を決定。(6月9日現在)7月末までUK(ロンドン)、アメリカ(LA)、ニュージーランド以外全ての国際線の運行停止を決定。, ✈️ニュージーランド航空(9月16日現在)引き続き2021年3月27日まで週1便のまま。, (6月16日現在)6月25日より週1便のオークランド-成田間の運航を再開。ただし、ニュージーランドへ入国できるのは、ニュージーランド国民及び居住者のみ。, ✈️ルフトハンザ(8月4日更新) 8月1日から10月24日までのスケジュールを更新。, ✈️トルコ航空(6月23日更新) 7月4日から週2便、イスタンブールー東京(羽田)直行便を再開。, 海外の入国制限情報ありがたく拝見して将来の渡航の目安にさせていただいております。 その中でドイツの入国が可能なように書かれているのですが、現在も日本からの入国は制限されているようです。できないようです。 またイタリアは14日間の自己隔離が必要とのことは外務省のホームページにも記載されておりますが9月4日ミラノリナーテ空港から入国した日本人の方はノーチェックだったとのことです。, ドイツに関して。 8/7更新の「リスク国から入国する場合、PCR検査が義務に。日本から渡航する場合は不要。」の部分でしょうか? 誤解を与える表現になっていたようで失礼しました! 日本から入国が可能になった国に関しては「日本から観光での入国が可能に」等と記載するようにしていますが、ドイツは制限中なので記載しておりません。 今後は誤解を与えないような表現にします。また何かあればご指摘くださいませ。, イタリアに関して。 ノーチェック=「自己隔離不要」ということではないと思いますが、情報を共有していただきありがとうございます。, World nomads のページにコメント欄が見当たらなかったので、コロナ関連情報ということでこちらにコメントいたしますね。今年9月~10月にカリフォルニアに滞在予定です。World nomadsに質問したところ、コロナ関連の事項はカバーしないけれど、新しく加入することは(少なくとも7月時点で)可能なようです。日本出国した後に入れる海外保険ということで比較に上がるグローブパートナーでは、私の居住地からの加入ができない条件なので、World Nomadsに加入して、コロナだけは気を付けていこうと思っています。FYIです。, はじめまして! World Nomadsの件に関して、最新情報を教えていただきありがとうございます!? 3.制限が解除されているが『入国後〇日間の隔離措置』などの条件がある。 ーギリシャ 4.現在も制限されていて、解除の見通しは立っていない。 アメリカ合衆国国務省 . 12/1更新|日本からの入国禁止は76ヶ国、入国後に行動制限措置は105ヶ国|コロナによる世界各国の入国規制や入国後の行動制限について。日本国外務省発表。感染確認国に在住の方も渡航先の情報収集に役立ちます。 ?Megu In The World:【海外旅行いつから?】入国制限緩和・解除予定の国まとめ6月13日更新オブたび!:海外旅行はいつから行ける?【年内に行ける可能性のある国】KAZUBLOG:海外旅行はいつから再開できそう?【色々ググってみた】JIJI.COM:外国人観光客、来月から ギリシャ、日本含め29カ国受け入れ […], 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 日本からハワイにいつ行ける?14日間の自己隔離免除の情報など。バリ島についても回答しました。, 新型コロナウイルスの影響に伴う国際線 路線・便数計画の一部変更について(追加分51)|プレスリリース|ANAグループ企業情報, https://aeromexico.com/en-us/notifications-for-passengers, オークランド-成田路線は、2021年3月27日まで引き続き週1便の運航となります。, https://www.jal.co.jp/jp/ja/inter/news-seeall/, COVID-19の影響による日本米国間の減便について、運休や運航本数の変更などの詳細情報を掲載。, https://www.turkishairlines.com/en-tr/announcements/coronavirus-outbreak/current-flight-plan/index.html, 海外に渡航・滞在される方々が自分自身で安全を確保していただくための参考情報を公開しております。, ホテルと民泊(Airbnb)が行っている新型コロナ感染予防対策を調べ、要点をまとめました。泊まるならどちらが安心?, 誰もが気軽に海外旅行する時代は終わる?国内旅行の需要は?「旅が日常」だった私が考える「これからの旅行」について。, 海外旅行が大好きで「旅行が生業」でもある私が、「しばらく海外には行かない」と決断した6つの理由を書きました。, コロナの影響で海外旅行がキャンセルになってしまった人へ。「自粛」期間に無料で「旅」を楽しむ方法をシェアします。, 世界の友人達に聞いた自粛期間の過ごし方。私のオススメを交えながら7つご紹介します。, オレゴン州のポートランドに来ました!これから1ヶ月のAirbnb生活。まだ2日しか経っていないのに「ポートランド、大好きー!」になってしまった話。, エアチャイナの無料トランジットホテルの予約・利用方法、部屋の様子と利用してみた感想をレポート。微妙だった無料ラウンジの写真と感想も。, 6月下旬にリオデジャネイロのファベーラを訪問した。私が実際に見た『ファベーラ』は映画やテレビで見たファベーラとは全く違う世界だった。, ひとり旅でペルーとボリビアに行った時に「覚えておいて良かった」と思ったカンタンだけど使えるスペイン語15語のリスト。はじめてのスペイン語はとりあえずこれだけ覚えてから旅に出よう。, ポートランドといえばブードゥー・ドーナツ!なんですけど、ローカルに人気なのはブルースターやピップスのドーナツ!, Copyright © 2016-2020 Megumi Mitani | 三谷めぐみ All Rights Reserved. 新型コロナウイルス感染症の拡大により各国の入国条件の変更などの対応が実施されています。 jalパック、jmbツアー、jal海外ダイナミックパッケージの各商品をご利用のお客さまへ各国の入国条件についてご案内いたします。 入国出来ない って事なのかしら. 再入国許可による入国期限が満了する方が対象でしたが、 6か月後 までに延長されています。 その他の在留資格関係の特例も、 入国制限措置解除から 6ヶ月以内 、 または 2021年4月30日 までなので、 ハワイにおける新型コロナウイルスに関する最新情報や、ハワイ‐日本間のフライト運休状況、隔離状況、観光再開について、3月から今までの経緯などまとめてお伝え! 毎日更新しています! 帰国した場合、解除されるまで. 以前は、入国制限が解除された日から1か月後までに. シンガポール政府が、新型コロナウイルス対策の入国制限措置で打撃を受けた観光業の「再起動」に乗り出した。10月29日、シンガポール政府観光局は中国語の公式ミニブログを通じて、中国本土からの一般旅行客の入国制限を11月6日に解除すると発表した。 アメリカから帰国為る際14日間の隔離ですが隔離場所等詳しく調べるのは外務省のhpを確認為るのでしょうか?♯2です。[質問者からの補足コメント]を読みました。帰国時に、隔離されるというのは、日本到着時に、新型コロナウィルスに感染 日本政府は4月1日の国家安全保障会議で、外国人の入国拒否の対象を大幅に拡大することを決めた。 水際対策強化のため、これまでは一部地域からのみ入国を禁じていた中国と韓国の全土が対象となり、新たにアメリカ、台湾、イギリスなど… ビジネス限定!? 以前は、入国制限が解除された日から1か月後までに. 1 :2020/12/05(土) 11:02:40.90 ID:jphXX5FA0 .net アメリカのポンペイオ国務長官は、アメリカなどで中国政府に批判的な活動を行う人々を標的に 脅迫などに関わったとして、中国政府の当局者らに … 新型コロナウイルスの感染拡大による検疫体制の強化に伴い、米国政府は入国条件の変更や制限措置などを施行しております。 6月2日現在、米国疾病予防管理センター(CDC)は日本の感染症危険情報度合いをレベル3(渡航中止勧告)としています。そのため、日本から米国へ渡航する方は入国から14日間にわたり、ホテル等の宿泊施設や自宅等にて待機を命じられます。待機期間中は健康状態を観察し、周囲の者と距離を置くことを求められます。 欧州での新型コロナウイルスの感染が急速に拡大している状況 … アメリカ 外出制限の緩和や解除 異なる州の対応 nhk_news. 「入国制限」は英語で「immigration restrictions」と言います。「入国する」は「enter a country」と言いますが「immigration」は単語1個だけでその意味が伝わっています。 その国には感染症の拡大を防ぐために日本からの渡航者の入国制限が実施されています。 1.新型コロナウイルス感染、ハワイの最新情報 ハワイ州の感染者数:12月4日(金) 18,290人 (前日比 +106 。 うち死者 256人 +10 ). アフターコロナの観光旅行は10月に解禁が濃厚! ?リトアニア(5月26日更新) 5月15日より、検疫なしで国同士を移動できる「Travel Bubble」を開始。三国間の移動が可能に。 他国からの入国は14日間の自己隔離が必要。, カナダ(12月6日更新) 2021年1月21日まで他国からの入国制限を延長、アメリカとの通行制限は12月21日まで延長。 (10月23日現在)11月21日までアメリカとの往来制限を延長。基本的に外国人の入国は制限中だが、カナダ人や永住者の家族や近親者に対して制限を緩和。詳細はこちら。(9月25日現在)10月21日までアメリカとの往来制限を延長。引き続き観光目的の入国は不可。(7月19日現在)8月21日までアメリカからの入国制限を延長。(7月3日現在)アメリカからの入国制限を7月31日まで、アメリカ以外の国からの入国制限を7月21日まで延長。(6月17日現在)アメリカとの国境閉鎖を7月21日まで延長。, ペルー(12月1日更新) 12月31日まで国家緊急事態令を延長。 (10月10日現在)10月5日より国際線一部再開。入国にはPCR検査陰性証明書、誓約書の登録が必要。(9月27日現在)10月末まで国境閉鎖を延長。(8月1日現在)8月末まで国境閉鎖を延長。(6月29日現在)7月末まで国境閉鎖を延長。, ドミニカ共和国(11月28日更新) 11月29日より入国申請がオンラインに変更。詳細はこちら。 (9月13日現在)PCR検査陰性証明書が不要に。(7月30日現在)要PCR検査陰性証明書。 (7月2日現在)7月1日より観光客受け入れ再開。, アメリカ(11月25日更新) 11月25日より米国外または州外からカリフォルニア州へ移動する際、オンラインフォームの提出が必要。提出しなかった場合500ドルの罰金。 (11月14日更新)ワシントン州、オレゴン州、イリノイ州、インディアナ州 (11月6日更新)ニューヨーク州へ移動する際、トラベラー・ヘルス・フォームの登録、14日間の自主隔離が必要。但し、指定の医療機関発行の陰性証明書があれば14日間の自主隔離が不要に。 (10月28日更新)11月6日より日本からハワイへ渡航する際に、指定の医療機関発行の陰性証明書提示で14日間の自主隔離が不要に。, (9月29日現在)日本からニューヨーク州経由で入国する場合、14日間の自主隔離とフォームへの入力が義務化。 (9月3日現在)CDCは「日本から渡米する人に対し14日間の自宅隔離を推奨しているが義務ではない」としています。ただし、州によって異なるので要確認。(6月23日現在)ESTAで渡航する旅行者には関係ないですが、一応記載します。6月24日より12月31日まで、非移民ビザ(H-1B、H-2B、Jビザ、Lビザ)に対する米国への入国を制限。詳細はこちら, キューバ(11月22日更新) 全ての外国人旅行者は到着時にPCR検査陰性(実費30USドル)を受ける必要がある。結果が出るまでの48時間は外出を控え、陰性であればその後移動して良い。, チリ(11月18日更新) 11月23日からサンティアゴ国際空港のみ国境再開。外国人旅行者はPasaporte Sanitarioへの登録、PCR検査陰性証明書、COVID-19をカバーする保険加入証明書、入国後14日間の行程の提出が必要。(10月15日更新)10月29日まで国境閉鎖を延長。(9月29日現在)10月13日まで国境閉鎖を延長。 (9月13日現在)9月末まで国境閉鎖を延長。 (8月29日現在)9月13日まで国境閉鎖を延長。 (8月18日現在)8月29日まで国境閉鎖を延長。 (7月10日現在)7月15日まで国境閉鎖を延長。 (7月3日現在)7月8日まで国境閉鎖を延長。 (6月19日現在)6月24日まで国境閉鎖を延長。更なる延長の可能性あり。, パラグアイ(11月18日更新) PCR検査の陰性証明書があれば隔離が免除に。入国に際し、健康状態の登録、外国人旅行者は国際医療保険の加入証明書が必要。(10月10日更新)10月21日より空港再開。陰性証明書がある場合、自己隔離期間が14日間から7日間に短縮される。, ベネズエラ(11月13日更新) 2021年2月11日まで国際線空港閉鎖。(10月15日現在)11月12日まで商用便運航停止。(9月16日現在)10月12日まで商用便運航停止。, コロンビア(11月6日更新) PCR検査陰性証明書は不要になったが、渡航前にCheck-Migへの登録が必要。, コスタリカ(11月6日更新) 外国人観光客の入国は空路または海路(ヨット)は可能だが、陸路は不可。入国するには、事前に検疫申告書の提出、保険(コロナに感染した際の治療費・隔離期間の宿泊費を補償できるもの)への加入が必要。(8月19日現在)日本からの入国が可能に。(7月24日現在)8月1日より、フランクフルト、マドリッドからの運航を再開。旅行者は、PCR検査の陰性証明書、検疫申告書、旅行保険の加入が義務付けられる。(7月1日現在)8月1日まで外国人の入国禁止措置を延長。(6月27日現在)8月1日より国際線発着が可能になる予定。, パナマ(10月28日更新) 10月12日より外国人の入国が可能に。ホテル等の観光業も再開。要PCR検査陰性証明書。(8月22日現在)国際線発着停止を30日延長。(7月19日現在)国際線発着停止を1ヶ月延長。(6月19日現在)7月21日まで国際線発着停止を延長。, ホンジュラス(10月27日更新) 外出禁止令を延長。 (10月20日現在)国境再開。要PCR検査陰性証明書。(9月22日現在)10月4日まで外出禁止令を延長。(8月26日現在)観光業の一部を再開。(8月14日現在)9月6日まで外出禁止令を延長。(8月14日現在)8月17日から国際線の一部を再開。入国にはPCR検査陰性証明書、事前申請が必要。, ジャマイカ(10月15日更新) 10月31日までの入国手続きに関する情報を更新。(9月30日現在)10月6日までの入国手続きに関する情報を更新。(9月18日現在)在ジャマイカ日本大使館が入国手続きに関する情報を更新。(8月5日現在)観光での入国が可能に。ハイリスク地域以外から入国する場合、PCR検査も不要。, バハマ(10月6日更新) 11月1日からの入国手続きに関する詳細を発表。(8月19日現在)ロックダウンを延長。(8月5日現在)8月4日22時より、バハマ全土で最低2週間のロックダウンを行う。詳細はこちら。(7月30日現在)PCR検査の陰性証明書、バハマヘルスビザの申請、14日間の自己隔離が必要。, グアテマラ(9月30日更新) 抗原検査の陰性証明でも入国が可能に。日本人はビザ不要で90日間滞在できるが、感染者・死者数共に増加している状況。 (9月19日更新)要PCR検査陰性証明書。, アルゼンチン(9月19日更新) 10月20日まで入国禁止を継続。(8月29日現在)9月20日まで入国禁止を継続。(8月15日現在)8月30日まで入国禁止を継続。(8月2日現在)8月16日まで入国禁止を継続。(7月19日現在)8月2日まで入国禁止を継続。(7月10日現在)7月17日まで入国禁止を継続。, ボリビア(9月2日更新) 国際線(商用便)一部再開。要PCR検査陰性証明書。(8月29日現在)9月末まで国境閉鎖を延長。(8月2日現在)8月末まで国境閉鎖を延長。(6月29日現在)7月末まで国境閉鎖を延長。, ブラジル(8月27日更新) 入国制限措置の内容が一部変更に。外国人は空路での入国のみが可能。最低30,000レアルの医療補償を受けれられる保険(ポルトガル語または英語)に加入すること。 (8月9日更新)日本人は90日間の短期訪問が可能に。VISA(VISTO DE VISITA)も免除される。ただし、旅行期間をカバーするブラジル国内で有効な医療保険の加入証明書が必要。(7月31日現在)外国人の入国制限を7月29日より30日間延長。一方で、在ブラジル日本大使館によると政令第1号6条により日本人は観光での入国が可能になったとの情報も。(7月3日現在)外国人の入国制限を6月30日より30日間延長。ビジネス、芸術、スポーツ目的など一部対象者の入国は可能だが、観光目的での入国は不可。(6月21日現在)外国人の入国制限を6月20日より15日間延長。, エクアドル(8月17日更新) 9月12日まで非常事態宣言延長。8月15日より、PCR検査陰性証明書または現地でのPCR検査と自己隔離(全て自己負担)が必要。陰性の場合、隔離義務はなし。(7月28日現在)8月15日まで非常事態宣言を継続中。(7月2日現在)PCR検査の陰性証明書または現地でのPCR検査(自己負担)が必要。入国日より14日間の予防隔離が義務。(6月27日現在)国際商業定期便は一部運行中。入国日より14日間の隔離が義務。, ?