【浅越ゴエ】 このコラムからの推奨馬は、ダイワキャグニー、サリオス、ザダルの3頭を挙げておきます。 <まとめ> △⑪ダノンプレミアム ◎①ブラストワンピース △⑥フィエールマン カデナの調教タイムです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 完全な外差し競馬となった中京記念で絶好の外枠からの差しを選択したまでは良かったが、福永騎手にしては珍しく早仕掛けで末脚を失ってしまった。同騎手自身もミスを認める騎乗で、それで5着なら上々と言って良い。乗り難しいタイプではあるが、差しが届く馬場&展開になれば改めて重賞で出番があるはず。岩田騎手の溜めるスタイルもフィットしそうだ。 【船山陽司】 ○480kg以上 [4-4-3-32](3着内率25.6%) ◎④ダノンキングリー ◆川田騎手(ダノンプレミアム4着)「とても具合がよく、いい雰囲気で競馬に向かえました。最後まで集中し、今できる全力の走りを見せてくれました」 ◆武豊騎手(キセキ5着)「きょうはゲートを(五分に)出そうな雰囲気だった。4コーナーでは一瞬“奇跡が起こるかな”と思ったけどね。道悪でスタミナ勝負の方がいい」 ◆内田騎手(ダイワキャグニー6着)「このメンバーで58キロを背負って、ここまで頑張ってくれたからね。この馬の今後にプラスになると思う」 ◆M・デムーロ騎手(ジナンボー7着)「アーモンドアイの後ろで一番いい位置につけられた。直線はジリジリとした伸びだったが、頑張っています」 ◆田辺騎手(カデナ8着)「忙しいね。全体時計が速くて上がりも速い。脚がたまらなかった」 ◆高橋亮師(スカーレットカラー9着)「自分のスタイルのレースはできた。直線もいい感じだったが、メンバーが強かった。それに距離も少しあるのかもしれない」 ◆松岡騎手(ウインブライト10着)「まだトモ(後肢)が緩いぶん、ゲートの出も鈍かった。でも、次に向かっていい競馬はできたよ」 ◆池添騎手(ブラストワンピース11着)「何とか復活をと思っていましたが、4コーナー手前で仕掛けても反応がひと息。前ではなく、上へ上へ行くような感じだった」 ◆戸崎騎手(ダノンキングリー12着)「道中から少し力んでリラックスできなかった。最後は脚取りがバラバラになってしまった。敗因は分からない」★1日東京11R「天皇賞・秋」の着順&払戻金はこちら, ※当欄では天皇賞(秋)について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。 毎日王冠、京都大賞典というと、レース名を聞くだけで秋のG1レースに向けて「さあこれから! ダイワキャグニー(A)4ヶ月 ⑦→⑨→③④⑥⑧⑩⑪ ⑫ 「京都2歳ステークス 2016」の動画・結果です。京都2歳ステークスの結果は1着:カデナ、2着:ヴァナヘイム、3着:ベストアプローチ。「カデナ」が勝利した京都2歳sの詳しい結果、動画をご覧ください。 △⑩スカーレットカラー ○⑦クロノジェネシス ※天皇賞(秋)出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。 2着の⑥フィエールマンについて 道中はフィエールマンの前にいて ④ダノンキングリー 今週も過去10年の『新潟記念』から複勝率10%未満の「凡走データ」を5つピックアップ。馬券対象から、1頭でも多く“消去”して週末の予想に臨みたい。今年の『新潟記念』ではどの馬が凡走する確率が高いのが『休み明け2戦目』×『前走4着以上』などである。 3連複2頭軸流し カデナ(D)中4週 1週前追い切りでは3頭併せの外に併せて先着を果たすも、馬なりの内2頭に終いやっと先着した感じでやや重たい感じが残る走り。 これまた、勝ち馬は全てノーザンファームの生産馬 では, 1着:⑨アーモンドアイ ◎⑨アーモンドアイ アーモンドアイ, <美浦トレセン> ダイワキャグニーは2000メートル開催になった1984年以降、2009年カンパニーの1勝しかない〔3〕枠(3)番。「いい枠が引けたと思うし、出たなりで行っても、控えても、どんな競馬でもできそう。東京コースは得意だしね」と郷原助手。 中山記念7着以来のウインブライトは85年のギャロップダイナ以来勝ちがない〔5〕枠(5)番。「頭数が少ないので枠順は気にしていないけど、ポジション取りを考えると真ん中より内がいい」と畠山調教師。 天皇賞春秋連覇を狙うフィエールマンは〔5〕枠(6)番。98年のオフサイドトラップ以来勝ち馬が出ていないが「ゲートは問題ないし、真ん中でちょうどいい。(産経賞オールカマーを)発熱で取り消した影響は全くないし、休み明けでも走るタイプ」と矢嶋助手は好感触。 ダノンキングリーは84年以降最多タイの4勝を誇る〔4〕枠(4)番。過去10年では2勝で、「追い切り後も特に変わりはありません。枠順はこちらで選択できるものではないので、その枠で対応していきます」と萩原調教師。 ジナンボーは大外の〔8〕枠(12)番。「決まったところで調教師とジョッキーが作戦を相談します」と森助手。 <栗東トレセン> クロノジェネシスは〔6〕枠(7)番。過去10年で2勝2着2回で、4連対は最多だ。斉藤崇調教師は「ラッキーですね。外過ぎず、真ん中ぐらいでいいんじゃないですか」と笑顔を見せた。 昨年2着のダノンプレミアムは84年以降、唯一連対がない〔8〕枠(11)番。データ的には劣勢だが「与えられた枠でやるだけです」と猿橋助手。 キセキは〔6〕枠(8)番。84年以降最多タイの4勝を挙げる好枠に、清山助手は「両隣の有力馬を見ながら行けるので、いい枠だと思います。偶数枠もありがたい」とうなずいた。 スカーレットカラーは外めの〔7〕枠(10)番。高橋亮調教師は「外が不利なので、内の方がいいかなとは思っていたけど、頭数も12頭だしね。ジョッキーもじっくり行くだろうし、どこでもいいよ」と前を向いた。 カデナは〔2〕枠(2)番。昨年はアーモンドアイが勝った馬番に、柴田助手は「いいところに入った。12頭立てだし、そんなに気にしていなかったけど、偶数の内枠で良かった。気が入って、馬もいい感じ」と笑顔だった。★天皇賞・秋の出馬表はこちら 調教タイムも掲載, 菊花賞。無敗三冠馬コントレイルの誕生は、アリストテレスに思ったより食い下がられましたが、予想通りでもありました。ただ、ヒモに関しては、妙味がないとみたサトノフラッグ(数百円しか持っていない)が3着、ディープボンド(こちらを厚く持っていた)が4着となって大儲けとはならず。ただ、最終オッズをみると3着4着の順が逆でも意外にも配当の差があまりなく、これにはショックでした。良血サトノをわざわざ軽視して、穴馬ディープボンド捻りだしたつもりだったのですが(笑) ⑦クロノジェネシス サトノインプレッサ(C)4ヶ月半 4位 ダーレー・ジャパン・ファーム 61勝 18 【3個セット♡】hermes♡プティアッシュ. 7番人気想定 ブラストワンピース:一昨年の有馬記念馬だが、不器用すぎて買いどころが難しい馬。東京2000mのスピード勝負は、正直向いていないとの印象。 ⑧キセキ【B】 △⑩スカーレットカラー 【大島麻衣】 ◎⑨アーモンドアイ △⑥フィエールマン ヴァルナ9着、トウカイデュエル4着、インザムード8着、ジャストナウ5着 ○⑨アーモンドアイ 体脂肪計 ; その他; その他 ... 新品★hermes エルメス ロデオ チャーム 馬 レア . 【リリー(見取り図)】 ×なし [0-1-1-40](3着内率4.8%) △④ダノンキングリー 【前走の条件が“国内のレース”だった馬の、前走の馬体重別成績(2016年以降)】 ▲⑨アーモンドアイ ○アーモンドアイ ◎⑨アーモンドアイ 11月1日(日)東京11R 第162回天皇賞(秋)(3歳以上G1・芝2000m) ◎⑦クロノジェネシス 【高見奈央】 グラティトゥー → 紫菊賞1勝クラス2着馬 ④⑦⑧⑨ <次週の特選重賞> ダイワキャグニー (動きB 時計C)中2週 ▲ダノンプレミアム ☆⑧キセキ 3連単ボックス 中距離でも通用するところを示したと思います。 もともと調教ではデビュー前から好時計の出る馬で、この中間も2週前、1週前と好時計が出ていて状態は良さそう。乗り込み量も豊富。1週前追い切りでは、直線一気の伸びを披露していて、出来は前走以上と言ってもよさそう。 スタートは、五分に出ました。 ▲⑧キセキ 【天皇賞秋. 5日、阪神競馬場で行われた大阪杯(g1)は、2番人気のラッキーライラックが優勝。鞍上のm.デムーロ騎手は昨年のオークス以来のg1制覇となった。 休み明けも、この中間は好時計を数多くマーク。1週前追い切りの動きからも、昨年2着時のモタモタした走りと比較し、今年は手応えも抜群で出来はかなり良さそう。 △①ブラストワンピース ◎⑨アーモンドアイ △④ダノンキングリー ○⑨アーモンドアイ 美浦・国枝栄厩舎 牝5 10月21 ○⑦クロノジェネシス ☆④ダノンキングリー ダービーから休み明けでここを迎える、矢作厩舎にしてはトレセンでの追い切り本数が多いタイプの馬。1週前追い切りでは時計こそ出ているものの鞍上の手が動いていて、まだダービー前のような余裕の手応えといった感じではない。 【昨年のラジオNIKKEI杯京都2歳S JRA HP出走馬情報と結果】 【ビタミンS お兄ちゃん】 ・アンドラステ 意表ついて逃げかもしれませんが 前を追うも2着まででした。 ◎⑦クロノジェネシス ⑫→④⑥⑦⑧⑨⑪ 勝負所でも持ったまま加速して直線へ。 【ギャロップ林】 上位人気馬以外で注目したいのがアルアイン、ユーキャンスマイル、ウインブライト、カデナ、ゴーフォザサミットの5頭。アルアインは大阪杯のパドックが気配抜群、集中してリズムよく周回できていた。当日も落ち着いていれば。 Ⓒ明石智子 5番人気想定 キセキ:差せるようになってきて宝塚記念2着、京都大賞典2着と復活してきた。ただスピード勝負の東京2000mが向いているかというと微妙。 ◎④ダノンキングリー 2週前、1週前と強めに追われて先着と、前走(安田記念)時とは別馬のようなこの中間。今回は調教内容、動きともに良い。 ⑩スカーレットカラー 〒904-0304 沖縄県中頭郡読谷村楚辺1512 tel:098-956-2363 fax:098-956-9440 営業時間:平日9:00~19:00 土曜日9:00~18:00  コース適性が最大のポイント。2013年以降は、前年か同年に東京、かつ1800m前後、かつ上級条件のレースで連対を果たしていた馬が上位馬の大半を占めています。他場のレースを主戦場としてきた馬は強調できません。 ▲⑪ダノンプレミアム 10月29日(日曜日)】 【第156回.天皇賞秋.G1】 【3歳上.定量. この馬も牧場で仕上げてくる馬だが、この中間は時計も平凡で、1週前追い切りの動きを見ても今ひとつ。併走馬の楽な手応えと比べると、鞍上の手が激しく動いて伸びきれなかった。 ▲⑪ダノンプレミアム ⑨→⑦→① ○⑨アーモンドアイ 【岡野陽一】 ⇒http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321 【井森美幸】 【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】 △⑧キセキ 【渡辺舞】 【向かい風データ】 9月6日(日)に行われるgiii・新潟記念(3歳上・新潟芝2000m)。 25日時点では、今年の小倉大賞典など重賞3勝のカデナ、昨年の中日新聞杯覇者で前走は小倉記念2着のサトノガーネット、弥生賞2着の3歳馬ワーケア、2年連続目黒記念2着のアイスバブルなど、19頭が登録を予定している(フルゲートは18頭)。 ◎⑦クロノジェネシス Works - 最近のお仕事 -. 【恒例のJRA HP出走馬情報とひと言】 酒井は?あの馬質を考えれば最低でもbはあると思うが。 35: ... ロシアの10代ロリータの体 エ すぎwwwwwまるで2次元のカワイさwww 2020.12.5 【無修正流出】この可愛さ芸能人レベル!シロウトtv史上、最高の美女「ミホ 25歳 ol」の動画が流出! 2020.12.5; 加治ひとみ、美乳お ぱい!お尻のワレメ丸 … ⑦→⑧→⑨ 3着:⑦クロノジェネシス 【追い風データ】 クロノジェネシスの追い出し遅らせることできるか (日記ではワイドでしたが配当面から馬連に変更しました) △⑧キセキ 【守永真彩】 ☆⑩スカーレットカラー カデナの血統表の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 栗東CW併走。行きっぷり良く追走先着を果たした。やや一本調子の走りではあるが、前後のバランスはとれており、この馬のパフォーマンスは示している印象。あとはレースで最後まで集中力を維持できるかどうか。その1点に尽きよう。 美浦坂路併走。やや右に張る仕草を出したが、それは前回も同様。折り合いはついているし、鞍上のゴーサインに対する反応も悪くなかった。間隔は詰まるが、デキ落ちや疲れは感じられない。好調維持とみてよさそうだ。 2019.10.27 天皇賞・秋東京芝2000 16頭週中に雨が降ったが土曜時点でかなり回復して本番は良馬場想定。ただパンパンという事はなくてややタフな条件で外差しも決まる想定。 【個別分析】 カデナ(ディープインパクト×French Deputy) SL LS鮮度はとっくに使い切っていて今は本質での競馬でリズム良く … 【盛山晋太郎(見取り図)】 △⑦クロノジェネシス ◎クロノジェネシス ◎⑨アーモンドアイ もう敢えて書かないけれど、過去5頭の勝ち馬がノーザンファームの生産馬 1週前の坂路を見ると、動きは良いものの力みが感じられる走り。そういったタイプなので、コーナー2つのコースよりはコーナ4つのコースのほうが向いているように思う。 カデナの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 ○④ダノンキングリー ☆⑪ダノンプレミアム 2017】 【注目馬/関西馬】 【追い切り後・調教師コメント】 【4回東京.9日目】 【2017年. 【神部美咲】 【神谷由香】 キセキ (動きB 時計B)中2週 ▲11ダノンプレミアム デイリー杯2歳S レッドベルオーブ 【細江純子(元JRA騎手)】 間隔が詰まっているので、1週前追い切りは馬なりで控えめな内容。それでも、走りに柔らかさがあり、動きは悪くなく見えた。ただ、前走得意の東京でサリオスに突き放されていて、トップクラスとの壁があるように感じた。 ◎②カデナ △③ダイワキャグニー  まずはに⑨アーモンドアイに関して。 ② ☆⑪ダノンプレミアム 3番人気想定 フィエールマン:菊花賞と、春の天皇賞連覇で、すっかり実績としてはステイヤーなのだが、福島でのラジオNIKKEI賞で鋭く差してきたように本質的には中距離のほうが良いと個人的には思っている馬。体調が整えばトップレベルでやれるし、種牡馬としてもディープインパクトの正統派後継としてやれる馬。牝馬の強い時代に一発風穴を開けるとしたらこの馬では。 !」と胸が高鳴る思いや、期待が膨らむという方も少なくないと思います。近年は育成牧場での調整が主流となり、前哨戦を使わずいきなり本番というスタイルも多くみられ、本番前のひと叩きのシーンも少なくなってきたように思います。個人的には、オグリキャップとイナリワンの壮絶な追い比べや、エルコンドルパサーとグラスワンダーに影をも踏ませないサイレンススズカの逃げ切りなど、記憶に残るレースが多いこの毎日王冠、京都大賞典には、本番でも人気になるようなトップホースに1頭でも出走してきてもらいたい――そんな風に毎年願いつつ出走馬を眺めてしまうレースでもあります。 【えなこ】 ◎⑨アーモンドアイ 的中された方々、おめでとうございます。, ◎7クロノジェネシス 美浦南W併走。前を行く2頭に急くことなくコーナーで追いつき、直線で手前を替えると瞬時に加速。弾力性に富んだ走りで、僚馬をあっさりと突き放した。最後は気を抜いて減速したが、許容範囲の類。優に合格点の仕上がりにある。 この馬の力は出したと思います。 ◎⑨アーモンドアイ トーラスジェミニ(D)中6週 △④ダノンキングリー 【登録頭数:12頭】(フルゲート:18頭) 追い出しを開始すると一気に加速し先頭に立ちそのままゴール。 G2 毎日王冠 2020年10月11日(日) 東京芝1800m ▲②カデナ それでは次回、菊花賞編(予定)でお会いしましょう。 もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。 ⑨→④⑥⑦⑧⑪ ⑨-⑪-①②③④⑤⑥⑦⑧⑩⑫ 差す競馬と思って コントラチェック(C)中9週 3連単1頭軸流しマルチ クロノジェネシス (動きB 時計B)4ヶ月 ▲⑪ダノンプレミアム ④⑨→④⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫→④⑨⑩ 中6週と間隔は空いてはいるものの、坂路での時計がこの馬としては終い掛かっている。夏場も休みなく使われていて、疲れが残っているかもしれない。 5日、阪神競馬場で行われた大阪杯(g1)は、2番人気のラッキーライラックが優勝。鞍上のm.デムーロ騎手は昨年のオークス以来のg1制覇となった。 追い風データ/向かい風データ> 【向かい風データ】 ×「馬齢が6歳以上」だった馬は2016年以降[0-0-0-18](3着内率0.0%) 主な該当馬→カデナ・キセキ・ダイワキャグニー ジャンポケ斎藤の天皇賞秋の予想 本命 2カデナ 単勝 2カデナ 大阪杯4着の走りは本当に強かった! 計10000円 キャプテン渡辺の天皇賞秋の予想 本命 7クロノジェネシス 馬単 5→9 3連複 7,8,9 3連単 7・ … ▲⑦クロノジェネシス ⑪ダノンプレミアム【B】 馬連流し ⑨→③→⑥ ジナンボー:ディープインパクト×アパパネという、絵にかいたような良血配合。オープンで好勝負できるようになってきただけで立派で、G1でどうこういうほどでない。 それにしても、この馬にこのレースをされたら他の馬は勝てないですね・ ~変則開催で小倉重賞の傾向は変わるか? 9番人気想定 スカーレットカラー:昨秋は府中牝馬Sを勝ったように勢いあったが、5歳秋の牝馬で昨年までの勢いがみられず。 競馬番組で最も早い2,000mの新馬戦勝ち馬だった。 私の◎にした⑨アーモンドアイは1着でした。 勝ち鞍の8戦すべてが東京競馬場で、芝1800mに関しても5勝と相性が良いようにも見えるが、24戦のうち16戦が東京競馬場でのレース。得意というよりは経験が多いと言ったほうが良いかもしれない馬。それでもこの中間は乗り込み量も多く、1週前追い切りの動きには力強さがあり、出来はかなり良さそうに見えた。 注目馬 △⑥フィエールマン ◎⑦クロノジェネシス この中間は乗り込み量が少なく、1週前の動きを見ると終い脚が上がりフラフラしているところが見られ、物足りなさが残る。 【やべきょうすけ】 ○⑨アーモンドアイ ◎⑨アーモンドアイ スカーレットカラー (動きA 時計B)3ヶ月 ダノンドリーマー → 秋の新潟2,000m未勝利戦勝ち ▲④ダノンキングリー ビップランバン → ノーザンファーム生産馬、夏の阪神2,000m新馬戦2着(1着ラーゴム) 長期休養明けでこの中間は乗り込み量豊富。休み前よりも好時計が出ていて、字面上は悪くない印象を受ける。ただ、休み前にはスプリント戦を走っていた馬で戸惑ってしまいそう。 美浦南W併走。3頭併せに映るが、そもそも併せるつもりはなかったようなので、実質的に単走追い。派手さはないが、身のこなしは軽く、背中の安定性も高い。気配は決して悪くなく、一応の態勢は整ったとみる。 4番人気想定 ダノンキングリー:昨年は皐月賞3着、ダービー2着、毎日王冠勝ちと活躍したが、今年は大阪杯で3着、安田記念で7着と安定していた馬が崩れだした。叩いたマイルCSが、今秋最大の勝負どころか。 ②-⑧ △③ダイワキャグニー 競馬の世界はというと、生産者ランキングを調べると… 美浦南W併走。鞍上が右手綱を引いて、外の僚馬に馬体を寄せるなど、ラストまで圧を与える調整を施した。見た目は地味だが、折り合い面に不安がある馬とすれば我慢が利いているし、集中力も維持できている。この馬なりに順調だろう。 バスラットレオン → 札幌2歳S 3着馬 ○あり [7-6-6-25](3着内率43.2%) ◎⑪ダノンプレミアム ◎⑨アーモンドアイ こちらも、ブッチ切りの一方的な強さ 【中澤佑二(元サッカー日本代表)】 ②カデナ 注目馬  近年の天皇賞(秋)は馬格のない馬が不振。2016年以降の3着以内馬12頭中11頭は、前走の馬体重が480kg以上でした。今年はこの条件に引っ掛かる馬が人気を集めそうなメンバー構成。扱いに注意しましょう。 美浦南W併走。道中で掛かり気味なのはいつものこと。それはいいとしても、手前を替えてからは集中力が途切れ気味。そのぶん、しまいの伸びを欠いてしまった。現状維持の範囲内という感が強く、大望まではどうか。 ◎⑨アーモンドアイ 2番人気想定 クロノジェネシス:渋った宝塚記念を圧勝したため「重馬場の馬」みたいに言われていて、競馬雑誌とかでは「アーモンドアイとは適性真逆で一緒には来ない」というような論調が多いが、そんなことは無く、良馬場でも鋭く差し込んでこれるはず。それより、掛かったり出遅れたりのほうが心配な我の強い馬。 <他にも気になる! ×480kg未満 [0-0-1-15](3着内率6.3%) ○⑦クロノジェネシス さて、今週からはようやく夏の小倉開催が始まる。例年ならば札幌&新潟と同時にスタートする夏の小倉だが、今年は変則日程で、今週末から4週間限定となる。そのため、重賞の日程もいつもとは異なる。毎年Aコース2週目となる小倉記念が開幕週に、Aコース4週目となる北九州記念が同2週目の開催となっている。 ○⑨アーモンドアイ ¥17,300. もちろん我々馬券を買うファンは、だからこそ「迷ったら前」という意識は忘れないでおきたいし、買う場合は前に行ってくれる騎手かどうかを判断する必要もある。特に夏のローカルは馬場さえよければ前が強い。先行できる馬、前で勝負してくれる騎手が特に重宝する時期だ。 △⑧キセキ 【土井よしお(ワンダラーズ)】 ○⑨アーモンドアイ あのミュージシャンとあのミュージシャンが共演したらどんなメロディーを奏でるだろうか。あのコメディアンとあのコメディアンが組んだらどんな笑いを届けてくれるだろうか。あの俳優とあの俳優がコラボレーションしたらどんな素晴らしい作品が完成するだろうか。 ▲⑦クロノジェネシス ⑦クロノジェネシス【B】 カデナ中竹調教師 「馬場が重かったけど、しっかりと走ってくれた。充実しているし、条件さえかみ合えば、この馬らしい走りを見せられるのではないかと思う」 キセキ小滝助手 「前走からの上積みを感じる。東京にも実績があるし、この馬のリズムでポジションにこだわらない競馬ができれ ▲⑩スカーレットカラー ◎⑩スカーレットカラー 小倉大賞典2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の小倉大賞典の着順は1着:カデナ、2着:ドゥオーモ、3着:ジナンボーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。 ファンタジーS メイケイエール 【大久保洋吉(元JRA調教師)】 ⑧-⑨ △⑪ダノンプレミアム 【吉沢宗一(元JRA騎手)】 カデナの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 ⑫ジナンボー【C】 ⑦-⑧-⑨ カイザーメランジェ(D)1年1ヶ月 ④-①③⑥⑦⑧⑨⑩⑪ ワンダープチュック(B)中4週 ▲④ダノンキングリー △1ブラストワンピース ◎⑦クロノジェネシス 主な「×」該当馬→カデナ・クロノジェネシス・ダノンキングリー <他にも気になる! ⑨-⑩ ポイントは展開だろうか。今回多くの出走馬がステップにしてくる前走中京記念組だが、中京記念はかなりのハイペースに加えて、最終週の馬場で完全な外差し競馬。メイケイダイハード以下、上位勢は外枠の差し勢が独占した。逆にアンドラステ、サトノアーサーのステップとなるエプソムカップは、逃げたトーラスジェミニが内枠のダイワキャグニー、ソーグリッタリングを連れてきた、完全な先行レース。そこで差して来たアンドラステ、サトノアーサーは見直す手がある。 ◎④ダノンキングリー △①ブラストワンピース 馬単 この馬もこれだけ切れる脚が使えるのかとビックリしました。 いつもより一列前の位置取りになりましたね。 3連複2頭軸流し そして、あの馬とあの馬とあの馬が対戦することになったら競馬ファンはどれだけドキドキ、わくわくしながら毎日を過ごせるだろうか。この天皇賞(秋)組からも、ジャパンカップ、有馬記念と、無敗の3冠馬2頭を迎え撃つ古馬勢の多くの参戦を期待したいと思っています。“あの馬”が多ければ多いほど夢は大きく膨らんで、この暗い世の中に希望を与えてくれるかもしれません。 名前は京都2歳でも、阪神開催、ノーザンFでラーゴム でしょうか? ◎⑨アーモンドアイ 3連単フォーメーション ~関屋記念展望 【東信二(元JRA騎手)】 ◎⑨アーモンドアイ 日付 開催 レース名 頭 数 馬 番 人 気 着 順 騎手 斤量 コース 状 態 タイム 通過順位 上3f 体重 新指数x 旧指数x; 2020/11/1: 東京11r やはりGⅠ8勝目のプレッシャーがそうしたのか △③ダイワキャグニー ⑨→④⑩⑪→⑦ <全頭診断> ◎⑩スカーレットカラー 馬連流し ※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。 でしたので、予想は、的中しました。(´▽`) ホッ 【田中将大(マー君・メジャーリーグ投手)】 ・ミッキーブリランテ △③ダイワキャグニー ⑧→①④⑥⑦⑨ カデナだけノースヒルズだけれど、2着ヴァナヘイムは、ノーザンファームの生産馬 【小木茂光】 大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』 ◎⑨アーモンドアイ 【登録頭数:11頭】(フルゲート:18頭) 6. nq3 エルメス カルメンチータ バッグチャーム ブックマーク シルバー金具. ✳️カデナ ×「馬齢が6歳以上」だった馬は2016年以降[0-0-0-18](3着内率0.0%) ▲⑦クロノジェネシス ◎⑨アーモンドアイ 明日の天皇賞でカデナは3着までに来ますか?今日はカツジ、ソダシと3文字馬名が大活躍でしたが。 絶対は無いですが、かなり厳しいと思う・・・・・・オラの馬券と同じくらい!(* ̄∇ ̄)ノ △⑧キセキ ①ブラストワンピース【B】 △⑪ダノンプレミアム ⑨アーモンドアイ【A】 5位 ノースヒルズ 60勝 1着マイラプソディは、ノーザンファームの生産だけでなく、 ○⑨アーモンドアイ そして今年の秋の2歳戦 この変化がなぜ重要かというと、上記の2レースはともに毎年ローカル小倉の割に差し追い込みが届いていたレースだからである。昨年の小倉記念はメールドグラースが外から差し切り、2着には追い込みのカデナ、北九州記念はダイメイプリンセスが外差しをズバッと決めて9番人気で勝利と、いずれのレースでも差し馬が活躍している。 【調教予想からの注目馬】 △⑧キセキ ¥138,500. 前走時と比べると多少は良くなった感じはするが、それでもまだ全体的に物足りないところが多い。 マイラプソディ1着、ロールオブサンダー3着、ミヤマザクラ2着、ヒシタイザン6着 3位 社台コーポレーション白老ファーム 87勝 タイヤショップ・ロータリーカデナ. ⑦→⑨アーモンドアイ ○TARO プロフィール ⑨アーモンドアイ ④ダノンキングリー ⑩スカーレットカラー【B】 ダノンキングリー (動きA 時計A)5ヶ月 ジナンボー (動きC 時計B)中7週 ◎⑨アーモンドアイ △②カデナ 外枠は微妙ですがかえっていいかも ②カデナ【C】 今夜の日本シリーズもソフトバンクが圧勝するんですかねぇ? △④ダノンキングリー △⑥フィエールマン ⑨→⑦クロノジェネシス ○⑨アーモンドアイ △①ブラストワンピース ◎⑨アーモンドアイ 【谷中公一(元JRA調教助手)】 しかし、今年に関していえばまだ馬場の良い時期に行われるため、傾向が大きく変わる可能性がある。特に今週末の小倉記念は逃げ先行馬があまり多くない上に、メンバーもかなり手薄。何でもありの状況なので、今年の夏の重賞のトレンド通り、思い切って穴をねらっても面白い、波乱含みの一戦とみている。 着差以上に余裕があったように思いました。 勝負所でペースを上げて直線へ。 2020年11月1日 東京11r 天皇賞(秋)(g1)の競馬新聞です。jra開催レースの出馬表や最新オッズ、レース結果速報、払戻情報をはじめ、競馬予想やデータ分析など予想に役立つ情報も満載です。 一方、残念だったのはタイガーインディの鮫島駿騎手。スッとスタートを決めて難なくハナ…かと思いきや、そこで引いてしまった。明らかに逃げたくなかったようなのだが、新潟のダートの状況や展開を考えれば逃げ先行有利は明白だっただけに、千載一遇のチャンスを逃した印象が強い。未だに陣営コメントでよく目にする「逃げなくても競馬はできるよ」というのを見るたびに、逃げが悪いことではないのに…という気持ちになる。何はともあれ、とても残念な騎乗だった。 ▲⑥フィエールマン 3連単 直線へ向いてから外に持ち出し追い出し開始。 【熊崎晴香(SKE48)】 こっちの方がありそうな ⑦クロノジェネシス 主な「○」該当馬→アイスストーム・サリオス・ダイワキャグニー 追い風データ/向かい風データ> 【新潟記念予想】カデナほか有力馬の馬体をチェック! 2020年08月31日(月) 18:01 競馬専門紙「馬サブロー」が誇るパドックの達人・加藤剛史トラックマンに新潟記念出走予定馬の中から5頭の馬体診断を行っていただきました。 △⑫ジナンボー ○⑨アーモンドアイ カデナはこれまで2度、天皇賞・秋に出走している。17年16着、昨年13着。東京コースでは2着が最高成績だが、中竹師は「全部、理由があってのこと。 【田中裕二(爆笑問題)】 ◎⑨アーモンドアイ 1着 カデナ(鮫島克駿騎手) 「いい脚を使って勝ち切ってくれました。今週は馬場が乾いて内が有利になっていて、この内枠を生かした競馬をしようと思っていました。元々力のある馬で、今日はこの馬の力を出し切れたと思います。 複勝 複勝 ⑨→⑦→④⑩⑪ カデナの詳細情報です。競馬楽しむならdメニュースポーツ!国内g1レースや海外競馬の直前情報、レース結果など最新ニュースを無料でご覧頂けます。 ▲⑧キセキ 直線に入ってもほぼ持ったまま、残り200m辺りで スタートはまずまずだったと思います。 6番人気想定 ダノンプレミアム;昨秋は秋の天皇賞2着、マイルCS2着と活躍したが、安田記念で13着と期待を大きく裏切った。スピードを生かせるここは向く舞台なのだろうが、尻すぼみになっていく中内田厩舎だけに……。 098-956-2684. 上がり三ハロン最速の32.7秒の脚を持っていたとは驚きました。 △③ダイワキャグニー 包まれて脚を余すことがないように安全策を取ったとも言えますが・・。 日曜日に行われる天皇賞(秋)の出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。 ⑨→⑥⑧⑦ アーモンドアイ (動きB 時計A)5ヶ月 △⑧キセキ この中間は中4週での出走になるが、2週前、1週前と坂路で好時計が出ていて追い切りの内容は前走時よりも良い。道悪が向かない馬なので、良馬場なら好走が期待できるかもしれない。 2020】 【出走予定/注目馬】 【追い切り後/調教師コメント】 【4回東京.8日目】 【2020年/11月1日(日曜日)】 【第162回.天皇賞秋/ G1】 【3歳上/定量/芝2000m】 『天皇賞秋. タイヤショップ・ロータリーカデナの車パーツ(82件)を見る 【クロスロード】は、より正確な情報の提供を心がけておりますが、物件情報に誤りがある際、こちらからご連絡をお願い致します。 お気削除 お気に入り . 休み明けで、この中間も乗り込みは豊富。1週前追い切りでは、前走時の手応えと比べると物足りない印象を受けたが、併走相手に合わせるような走りで仕上りは悪くなさそう。 △⑩スカーレットカラー 1位 ノーザンファーム 562勝 ◎⑨アーモンドアイ ◎⑨アーモンドアイ G1 天皇賞(秋) 2020年11月01日(日) 東京芝2000m 主な「×」該当馬→カデナ・コントラチェック・サトノインプレッサ 【徳光和夫】 3連単ボックス ②-⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫ ▲⑥フィエールマン 道中も後方を追走。 ④-⑨ 【木梨ノリゾー(木梨憲武)】 ▲⑥フィエールマン グランプリといえば、このジョッキーを忘れてはいけない。「グランプリ男」の池添謙一騎手だ。 有馬記念(g1)4勝に加え、この宝塚記念も3勝。 <ピックアップデータ> マカオンドール → ノーザンファーム生産馬、 紫菊賞1勝クラス3着馬 ◇今回は天皇賞(秋)編でした。 ▲⑦クロノジェネシス 熱発でオールカマーを回避しての出走。もともと休み明けから走る馬だが、逆に今回はなぜ前哨戦を使おうとしたのかが気になるところ。結果的に休み明けでの出走となるが、1週前追い切りは、終いの伸び脚は良かったもののエンジンがかかるまでに時間がかかっているような走りだった。 進路が空いてからは切れる脚を使いました。 △⑥フィエールマン 登録済みの方はこちらからログイン, こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。 ☆①ブラストワンピース 【天童なこ】 美浦南W併走。体勢有利でゴールしたものの、推進力が上に逃げる完歩が多く、そのぶんバタバタした走りに映る。懸命に前へ出ようとする勝負根性は評価できるが、物足りなさを感じるのも確か。今回は割引が必要かもしれない。 【安田和博(デンジャラス)】 ※毎日王冠出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。 【中村均(元JRA調教師)】 ○⑪ダノンプレミアム 2位 社台ファーム   267勝 2020】 【出走予定/注目馬】 【追い切り後/調教師コメント】 【4回東京.8日目】 【2020年/11月1日(日曜日)】 【第162回.天皇賞秋/ G1】 【3歳上/定量/芝2000m】 『天皇賞秋. 直線に入ってから、外にカデナが隣にいて、スムーズに出せなかったですが ウマニティ重賞攻略チーム, ◆状態文句なし〔1〕ブラストワンピース 復活に向け、ダートの美浦南Aコースを軽く2周半して最終調整を終えた。クビをグッと下げて気合が入りながらも、我慢が利いていて、走る気を内に秘めた状態だ。岩藤助手は「気持ちがフレッシュで、いろいろとバランスがいいですね。今回は帰厩した当初からいつもより弾んでいる感じです。2000メートルという距離はベストに近いのでは」と状態の良さを伝えていた。◆速い流れ望む〔2〕カデナ 重賞3勝のディープインパクト産駒は午後3時38分に東京競馬場に到着。追い込み一手だが、4月の大阪杯で4着になったようにGIでもやれる力はある。中竹調教師は「いい馬場でやれそうだね。前半を自分のペースで行って、切れ味を生かせる展開なら」とハイペースを祈る。◆笑顔の菊沢師〔3〕ダイワキャグニー 全8勝を東京で挙げるコース巧者は美浦北の角馬場で軽めのキャンター調整。久々の毎日王冠で2着に好走したが、今回も力を出せる態勢は整った様子。菊沢調教師は「きょうも落ち着いていましたね。いつもと変わりなくきています」と順調ぶりに笑顔だった。◆変わらず順調〔4〕ダノンキングリー 東京で重賞2勝のディープインパクト産駒は、金曜に東京競馬場入り。決戦前日は厩舎地区で引き運動を行った。「順調ですし、特に変わった様子もありません。(レースに)いつもと変わりなく臨むだけです」と萩原調教師。◆上昇ムードも〔5〕ウインブライト 昨年の最優秀4歳以上牡馬はダートの美浦南Bコースで1周半のキャンター。馬体は太め感なく、約8カ月ぶりの実戦でも仕上がりは悪くない。「ひと追いごとに上昇して、先週から松岡騎手が乗って、すごくよくなりました。蹄も大丈夫。ただ叩いた方がいい馬なので、そこだけですね」と木塲迫助手。◆連覇に自信!!〔6〕フィエールマン 春秋天皇賞連覇に向けて、美浦坂路4ハロン69秒2から南Aコース(ダート)でのキャンターで息を整えた。適度な気合乗りで、馬体の張りも目を引くものだった。名畑助手は「(産経賞)オールカマーに向けて、一度仕上げていたので、いつもと勝手は違いましたが、いい状態になりました。最近の競馬をみると馬体は480キロぐらいの方が動けそうだし、それぐらいで出走できると思います。2000メートルも小回りだと心配ですが、東京なら大丈夫でしょう」と、自信を持って送り出す。◆女王に初挑戦〔7〕クロノジェネシス 上半期のグランプリの覇者は、関西馬の大トリを飾って午後4時15分に東京競馬場に到着。初めて女王アーモンドアイに挑む。「変わりなく順調です。輸送は何回も経験しているし、大丈夫。枠も内過ぎずいいと思うし、馬場も問わない」と斉藤崇調教師。◆鞍上に任せる〔8〕キセキ 2017年菊花賞以来の白星を目指し、午後3時53分に東京競馬場に到着した。「体を大きく見せていますし、久々を叩いて中身が詰まってきたのかなと思います。いい状態で送り出せますし、あとは発馬を決めて、武豊騎手がどう導いてくれるか期待しています」と小滝助手。◆時計かかれば〔10〕スカーレットカラー クイーンS3着以来となる追い込み馬は、午後3時29分に東京競馬場に到着した。高橋亮調教師は「乗り方はジョッキー(岩田康騎手)に任せるだけ。ただ(1分)56秒台の争いになるとどうかな。できれば少し時計がかかる方がいいね」と話した。◆昨年の雪辱を〔11〕ダノンプレミアム 2017年の2歳王者は午後3時52分に決戦の地に到着した。昨年はアーモンドアイの2着で、1年越しのリベンジに燃えている。「体調や馬の雰囲気はいいので、競馬で最後まで集中して走り切ることができれば、と期待しています」と猿橋助手。◆落ち着きあり〔12〕ジナンボー 3冠牝馬の息子は美浦の坂路を4ハロン70秒3で流してから南Aコース(ダート)で軽めのキャンター。落ち着きに重点を置き、気負いのない様子だった。「水曜に負荷をかけて、木金は軽め。最後は普通のメニューをこなせましたし、GIに向けて態勢は整いましたね。舞台は合っているし、現時点での力は出せると思います」と森助手。★天皇賞・秋の出馬表はこちら 調教タイムも掲載, ◆巻き返し期待〔1〕ブラストワンピース 一昨年のグランプリホースは美浦南Aコースと坂路で軽めのキャンター調整を行った。ボリュームある馬体だが、動きは軽快で久々でも力を出せる雰囲気に。大竹調教師は「馬体重は550キロ台かな。東京は地下馬道でいれ込むことがあるので、ゲートに行くまでの過程が大事だけど、今回は帰厩直後から良さが伝わってくるので」と、巻き返しに期待していた。◆馬場を味方に〔2〕カデナ 重賞3勝の末脚自慢は栗東の角馬場のみで調整された。中竹調教師は「力を出せる状態だし、いい馬場でやれそうなのが何より。1コーナーまでのアプローチをスムーズにいって、切れ味を生かせる展開なら」とポイントを挙げた。◆「ゲート次第」〔3〕ダイワキャグニー 東京で8勝のコース巧者は美浦南でゲートを確認してポリトラックを1周。落ち着きがあって、走りも軽快だった。「もともと休み明けを叩いてよくなるタイプだけど、馬体に幅があって、前回よりパワーアップを感じますね。乗り方は(内田)騎手に任せますけど、ゲート次第でしょう」と菊沢調教師。◆疲労取れ順調〔4〕ダノンキングリー GI初制覇を狙うディープインパクト産駒は、美浦の角馬場で軽めの運動をこなして、関東馬ではひと足早く東京競馬場へ輸送。午後3時半ごろに到着した。「疲れが取れて順調にきています。大きく変わったという感じはしないですが、今回の方が落ち着いているので」と萩原調教師。◆少しずつ前進〔5〕ウインブライト 香港GI2勝馬はダートの美浦南Bコースで軽めのキャンターを行って息を整えた。「追い切り後も変わりなく順調ですね」と畠山調教師。約8カ月ぶりの実戦でも、「一番いいときと比べるとどうかですが、一歩一歩前進してよくなっています。休み明けでどこまでやってくれるか」と力を出してくれることを期待していた。◆「雰囲気よし」〔7〕クロノジェネシス 6馬身差で圧勝した宝塚記念以来の実戦に向けて、栗東の角馬場で入念に体をほぐした。斉藤崇調教師は「(土曜日に)輸送もあるので、軽く動かす程度で。雰囲気は良かったし、追い切り後も順調です。(木曜発表の馬体重は14キロ増の478キロで)輸送をして、少しプラスくらいで出られそう」と話した。◆周り見ながら〔8〕キセキ 復調気配が漂う2017年菊花賞馬は、力強いフットワークで栗東坂路を4ハロン62秒0-15秒1で駆け上がった。角居調教師は「変わりなくきていますね。((8)番枠には)豊さん(武豊騎手)に任せますが、有力馬が周りにいますし、見ながら行けるんじゃないでしょうか」とイメージした。◆「いつもどおり」国枝師自信〔9〕アーモンドアイ 史上初の芝GI8勝を目指して、美浦南Aコースで軽く体をほぐした。気負いもなく、普段通りの落ち着いた雰囲気で、精神的にも風格が出てきた印象だ。「何かあったら書こうと思っているんだろうけど、特に何もないよ」と冗談交じりに話す国枝調教師の口ぶりも余裕たっぷり。「ゲートも全然問題ないし、馬体は少し増えているけど何も支障はないね。この後は土曜日に輸送。これもいつもどおり」と、通常どおりの女王の姿で本番を見すえていた。◆食い込みたい〔10〕スカーレットカラー 切れ味勝負の5歳牝馬は栗東Eコースでの調整。喜多助手は「ここまで思い通りに来ている。体にボリューム感があって本当にいいし、充実していることを感じる。相手は強いけど、なんとか食い込めるようにやったつもり」と力を込めた。◆馬具で全集中〔11〕ダノンプレミアム 昨年2着の雪辱に向けて、軽快な脚取りで栗東CWコースを周回。猿橋助手は「中間の調教で試してみたブリンカーと、真っすぐにハミを取って走れる効果の見られたクロス鼻革を着ける予定です。体調や馬の雰囲気はいいので、最後まで集中して走り切ることができれば」と馬具を工夫して効果を期待する。◆「軽めの調整」〔12〕ジナンボー 3冠牝馬のアパパネの息子は、美浦坂路下の角馬場でダクを踏んで運動を終えた。「木曜と同様に軽めの調整です。少しカリカリしたところはありますが、変わらずに来ていると思います。馬体重はレースで480キロ台になるのでは」と森助手。★天皇賞・秋の出馬表はこちら 調教タイムも掲載, ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は天皇賞(秋)・調教予想(最終版)をお届けします! いつもより安心して見ていられました。 主な該当馬→カデナ・サリオス・ダイワキャグニー, 先週は札幌&新潟でダート重賞が行われた。 ⑨アーモンドアイ 自著 2020.10.27 『転職・再就職 1年目の働き方』 書籍 2020.06.26 『ハッキリものを言って嫌われる人、好かれる人の伝え方』 2020』の『最終/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。 ◎⑥フィエールマン △⑥フィエールマン 馬連 今年で7回目のラジオNIKKEI杯京都2歳S 京都大賞典からの中2週だが、しっかり時計を出してきており疲れはなさそう。あと、この中間は、坂路での追い切りにメニュー変更していて、この辺りは2000m戦を意識した調整か。 サンレイポケット(B)中4週 ▲⑦クロノジェネシス ウインブライト:中山が得意で、香港でも結果を出したように、東京の瞬発力勝負はあまり向かない。間隔が空き過ぎの騎手も馬もプラスではない。 △⑩スカーレットカラー ⑦-⑨-③⑧⑩ 【“前年以降、かつ東京、かつ1600~2000m、かつ2勝クラス以上のレース”において2着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】 【稲富菜穂】 ■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。 ○⑨アーモンドアイ 3着の⑦クロノジェネシスは△ このレース、ノーザンファームの生産馬に逆らうのは疑問ですかねぇ 前述通り展開が全く合わなかったエプソムカップでもよく差してきて4着確保。もともと1800mよりはマイル向きで、荒れ馬場も問題ないタイプ。条件好転のココは、重賞初制覇のチャンス到来だろう。もともと素質は早くから注目されていた馬で、今回のレースぶり次第では秋に向けて楽しみが広がりそうだ。 2着の⑥フィエールマンは〇 3連単 3連単 カデナ(Cadenas )は、日本の競走馬。 主な勝ち鞍は 2016年 の 京都2歳ステークス (GIII)、 2017年 の 弥生賞 (GII)、 2020年 の 小倉大賞典 (GIII)。 馬名の意味は フランス語 で「 南京錠 」 [2] 。 【目黒貴子】 栗東CW併走。体勢不利の形でゴールしたが、追い抜くことに重点を置いた調整ではないので、過度に不安視する必要はない。鞍上の手応え以上に競る気配は示しているし、脚取りもしっかりしている。及第点の仕上がりではないか。 ④-⑨ 栗東坂路単走。左手前の走りがしっくりこないのか、中盤で手前を右に戻すと最後までそのまま。それもあってか、鞍上のアクションの割にスピードの乗りが悪く、消化不良の感が強く残る。評価は上げづらい。 ザダル(B)中9週 ※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。, 次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! ¥2,099. 2着:⑥フィエールマン △⑧キセキ 東京スポーツ杯2歳S ダノンザキッド 買い目は カデナ(Cadenas[1])は、日本の競走馬。主な勝ち鞍は2016年の京都2歳ステークス(GIII)、2017年の弥生賞(GII)、2020年の小倉大賞典(GIII)。馬名の意味はフランス語で「南京錠」[2]。, 2014年3月30日、北海道新ひだか町のグランド牧場で誕生。同年のセレクトセール当歳馬史上においてノースヒルズによって3500万円(税抜)で落札される[3]。牧場時代のカデナについて、グランド牧場の伊藤社長は「物覚えの良い馬で、小ぶりでしたが馬体が柔らかかったので大きく成長させて行けば良い馬になると思っていました。父がディープインパクトということで期待も大きかったです」と回想している[4]。, 栗東・中竹和也厩舎に入厩。9月10日の新馬戦で武豊を背にデビューし、上がり3F33秒1の末脚を繰り出すも2着となる。2戦目の未勝利戦で勝ち上がると、福永祐一が初騎乗した百日草特別(500万下)では上がり3F33秒4の末脚でアドマイヤミヤビの2着に入った。続く京都2歳ステークスでは直線で大外を一気に突き抜け、2着ヴァナヘイムに1馬身1/4差をつけて重賞初制覇を果たした[5]。, 始動戦となった弥生賞では「調教の動きからはもう少しかな」と福永が述べるほどの状態ではあったが1番人気に推され、逃げるマイスタイルをゴール前で交わして重賞連勝を果たす[6]。クラシック初戦の皐月賞では牝馬のファンディーナ、共同通信杯勝ち馬スワーヴリチャードに次ぐ3番人気に推されたが、直線で伸びずに9着に沈んだ。福永は敗因として輸送による馬体減と荒れていながら乾いて硬い特殊な馬場状態を挙げた[7]。続く東京優駿(日本ダービー)では後方のまま見せ場なく11着と大敗を喫した[8]。, 弥生賞と同舞台で行われる中山金杯から始動したが、10着に敗れる。その後はマイル戦に活路を求めるなど試行錯誤がなされるもスランプからの脱却は叶わず、大敗が続いた[9]。, 休養明けの大阪城ステークスは14着に沈み、続く福島民報杯でも11番人気の評価に留まっていたが、1000m通過57秒4のハイペースで先行勢が総崩れとなる中、後方から追い込んで久々の馬券内となる3着に入った。続く巴賞でも後方から追い込んで2戦続けての3着に好走。5走ぶりの重賞出走となった小倉記念では直線序盤で進路が無くなる場面がありながらラストは鋭く追い込み、勝ち馬メールドグラースにクビ差の2着に食い込んで復調を示した[10]。次戦の新潟記念でも最後方追走から上がり3F最速タイの33秒6の末脚で追い込み、4戦連続馬券内となる3着に入った[11]。次走の天皇賞(秋)は13着に大敗し、この年を終える。, 前年の福島民報杯以来のコンビとなる鮫島克駿を鞍上に迎えて中山金杯から始動。ここは11着に敗れたものの、続く小倉大賞典では後方待機から直線で外に持ち出し後続に0.3秒差を付ける快勝を飾り、弥生賞以来約3年振りの勝利となった。また、鞍上の鮫島にとっては44回目の騎乗で初のJRA重賞制覇となった[12][13]。続く大阪杯は12頭立て11番人気での出走となったが、メンバー中最速の上がりで最内から伸びて4着に入る走りを見せた[14]。, 【小倉大賞典】カデナが復活V!直線突き抜け快勝 鮫島駿は念願の重賞初制覇 | 競馬ニュース, 【大阪杯】カデナと夢成就!鮫島駿G1初栄冠に闘志「先輩に食らいついて」 | 競馬ニュース, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=カデナ&oldid=80744082, 母フレンチリヴィエラは現役時代米国で走り、G3・1勝を含む6戦4勝の成績を残している. 8番人気想定 ダイワキャグニー:去勢して秋の初戦の毎日王冠では2着と好走した。ただ昔と違って、前哨戦をあまり使わなくなり、毎日王冠は勝ったサリオスから2着が3馬身ちぎられている。秋の天皇賞ではあまり要らないのでは。 ◎②カデナ 主な「×」該当馬→カデナ・クロノジェネシス・ダノンキングリー 【小原伊佐美(元JRA調教師)】 △⑪ダノンプレミアム ⑥フィエールマン【B】 本命: 2.カデナ 8着 「大阪杯4着の走りは本当に強かった!」 単勝: 2 10,000円 収支:-10,000円. ○④ダノンキングリー ③ダイワキャグニー【B】 ※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。, 次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! △①ブラストワンピース 【DAIGO】 カデナの競走成績の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 ◎⑥フィエールマン 夏競馬の2,000m戦って、各競馬場1レース程度しかない。 競走馬カデナの名鑑ページです。馬主や調教師、血統情報などの基本データから、条件別・競馬場別・距離別のレース戦績や次走情報など、スポーツナビ競馬では中央競馬の情報が満載! というわけで、ココでは2頭注目馬を挙げておきたい。 ワンダフルタウン → ノーザンファーム生産馬、萩S(L)3着 ブラストワンピース (動きE 時計D)4ヶ月 WIN5はまた4つ止まりで、スワーヴアラミス1点で失敗しました。年内に大きいのを当てたいものです。 1枠1番に魅力 2020』の『最終/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。 【キャプテン渡辺】 ⑨アーモンドアイ 美浦南W併走。頭が高く四肢主体の走りは相変わらずだが、脚さばきは力強く、制御もしっかり利いている。この馬にしては緩みが少なく、追うごとに良くなっている印象。動ける仕上がりとみたい。 ○9アーモンドアイ 唯一のA判定、⑨アーモンドアイが最上位評価となる。南W主体に調整を重ね、1週前の6ハロン追いでは抑え気味ながらも、上々のタイムをマークし、菊花賞でも好走した同厩馬のサトノフラッグほか1頭を手応えで圧倒。今週の追い切りでも、この馬らしい非凡な瞬発力を披露した。鋭い反応と弾力性に富んだフットワークは目を見張るものがある。好ムードで本番に臨めそうだ。 このコラムからの推奨馬はアーモンドアイ、ダノンプレミアム、ダノンキングリーの3頭をあげておきます。 【天皇賞秋. 道中は4番手の外を追走。 追い風データ/向かい風データ> 一発に期待, 会員登録(無料)するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。, マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ, 【有名人の予想に乗ろう!】天皇賞(秋)2020 徳光和夫さん、ジャンポケ・斉藤さんほかズラリ!競馬大好き芸能人・著名人がファイナルジャッジ!, 【ズバリ!調教診断(最終版)】天皇賞(秋)2020 アーモンドアイが堂々のトップ評価, 【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年10月25日号】特選重賞データ分析編(225)~2020年天皇賞(秋)~, 【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年10月04日号】特選重賞データ分析編(222)~2020年毎日王冠~, 【プレゼント】伊吹雅也プロ監修『ウルトラ回収率 2021-2022』を抽選で3名様に!, http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321. スーッと好位につけました。 それでは次回、デイリー杯2歳S(予定)編でお会いしましょう。 △⑧キセキ キャプテン渡辺予想 本命: 7.クロノジェネシス 3着 「アーモンドアイを負かすとしたらこの馬」 馬単: 7 → 9 5,000円 3連複: 7-8-9 5,000円 3連単: 7 → 8 ⇔ 9 各5,000円 収支:-20,000円. △⑧キセキ △⑦クロノジェネシス ○「“同年、かつJRA、かつ1600~2200m、かつG1・G2のレース”において5着以内となった経験がある」馬は2013年以降[5-6-4-25](3着内率37.5%) △⑩スカーレットカラー 栗東CW併走。頭の位置がブレず、四肢の可動域も広い。無駄な力みはまったく見られないし、鞍上の指示に対しても従順だった。稽古映えする馬なので過度の評価はしづらいが、醸し出す雰囲気は上等の部類。力を出せる状態にある。 ⑪ダノンプレミアム ワイド ⑦→⑨→⑧ △⑨アーモンドアイ 【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】 3連単1着軸流し ④ダノンキングリー【B】 これからも楽しみですね。 馬ってどんな動物なんだろう?大きな体だけど、近付いても大丈夫かな?そんな疑問にお答えします!馬がどんな動物かを知れば、仲良くなるのは難しくないですよ! 【橋本マナミ】 診断馬はアーモンドアイ、カデナ、キセキ、クロノジェネシス、ジナンボー、スカーレットカラー、ダイワキャグニー、ダノンキングリー、ダノンプレミアム、フィエールマンの10頭です。 アーモンドアイ. 【じゃい(インスタントジョンソン)】 △8キセキ 3連単フォーメーション 追い出されると凄い伸び脚で次々と追い抜いて ◎⑩スカーレットカラー 電話する . 【ほのか】 栗東坂路併走。少し重心が高く映るが、この馬とすれば適度に力が抜けて安定した走り。急上昇とは言えないまでも、雰囲気は決して悪くない。あとは本番でテンションを維持できるかどうか。そのあたりが焦点になりそうだ。 アイスストーム(B)中4週 △①ブラストワンピース △⑫ジナンボー △⑦クロノジェネシス ⑦→③④⑥⑧⑩⑪→⑨ △⑥フィエールマン もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。 2020年2月23日 東京11r フェブラリーS(g1)の結果・払戻です。jra開催レースの出馬表や最新オッズ、レース結果速報、払戻情報をはじめ、競馬予想やデータ分析など予想に役立つ情報も満載です。 ◎⑧キセキ △⑦クロノジェネシス ラーゴム  → ノーザンファーム生産馬、夏の阪神2,000m新馬戦勝ち ◎⑨アーモンドアイ 【小宮有紗】 ⑩スカーレットカラー 事業内容一覧へ. 【大原優乃】 △⑥フィエールマン 【高田秋】 【黒澤ゆりか】 ワイド流し 毎日王冠2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の毎日王冠の着順は1着:サリオス、2着:ダイワキャグニー、3着:サンレイポケットとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。 【皐月賞(日曜=16日、中山芝内2000メートル)注目馬13日朝の表情:栗東】弥生賞馬カデナは厩舎周りの運動で体をほぐした。 △⑧キセキ △ブラストワンピース ✳️2カデナ △⑧キセキ 有力:フィエールマン、アーモンドアイ、クロノジェネシス 【嵐(横浜銀蝿)】 【こいで(シャンプーハット)】 ◎⑫ジナンボー ⇒http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321 【てつじ(シャンプーハット)】 ◇今回は毎日王冠編でした。 なかなか調教内容があてにならない馬だが、それでも乗り込み豊富、1週前には併走馬に抜かせずそのまま先着と好印象。良い出来を維持できている感じ。 ◎③ダイワキャグニー ダービー以来の休み明け。これまで1週前追い切りはすべて木曜日に追い切られてきていたが、今回は初めて水曜日に追ってきた。ルメール騎手の予定に合わせたのかもしれないが、前倒しで追い切れるくらいなので悪く捉える必要はないだろう。動きを見ても、前哨戦の1週前の動きとしては上々の内容。大型馬さながらの多少重い感じはあるが、終いはしっかりと伸び、先着している。 長く良い脚を使うにしても 今後が楽しいになりました。 ◎⑨アーモンドアイ 2017』に出走する、『関西馬・追い切り後・調教師コメント』をまとめています。 3連単フォーメーション △キセキ 【天皇賞秋. <次週の特選重賞> カデナ (動きD 時計E)中2週 ☆⑥フィエールマン 叩き2戦目の前走時は追い切りの時計も良化し、状態は良かった。この中間は引き続き坂路で同じような時計を出せており、大きな馬の叩き3戦目でさらに良くなってきそう。 勝負所でもまだ後方の位置取りで直線へ。 菊花賞当日予想コメントを読んでない方向けに再掲しますが、「育成や調整技術が進んで、力量最上位馬が故障したり、体調を崩さずにクラシック路線を完走できるようになってきました。余分な前哨戦を使わなくてもよくなった分、体調管理も逆にしやすくなった、ということではないでしょうか。来年以降も、案外ポンポンと三冠馬が出現するようになるのかもしれません(笑) 晩成血統が排除されてきた結果、秋になって上昇することも無い、早い時期からの力関係が、そのまま持続するのかもしれません。某大手グループ由来の血統とはいえ、牡牝ともに、違う牧場から活躍馬が出るのはいいことですよね」。 ▲⑦クロノジェネシス 主な「○」該当馬→キセキ・ジナンボー・ダイワキャグニー ダノンプレミアム (動きA 時計A)5ヶ月 ④-⑦ ◎⑩スカーレットカラー 小倉大賞典2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の小倉大賞典の着順は1着:カデナ、2着:ドゥオーモ、3着:ジナンボーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。 ◎⑨アーモンドアイ ◎⑧キセキ 【旭堂南鷹】 ⑤ウインブライト【C】 △④ダノンキングリー ○⑦クロノジェネシス さて、秋の天皇賞はアーモンドアイが出てくるからか、たった12頭の登録と、私が30年近く競馬をやってきて最少頭数の登録ではないかと思われます。 △⑪ダノンプレミアム スカーレットカラーにいきそうですが サウジアラビアRC ステラヴェローチェ 好走が続く近走は追い切りでも好時計が出ていた。この中間は、1週前に併せ馬で先着と引き続き良い状態をキープできている感じ。 ◎⑨アーモンドアイ カデナ、馬なり12秒4 藤岡康騎手も好感触「いい結果出したい」 (サンケイスポーツ) 2018-07-12 16:50:02 カデナ ウッドで上々の反応「力はある馬なので、いい面を引き出せれば」 ⑨→①→⑦ ⑨→⑦⑪→①③④⑥⑦⑪ 10月11日(日)東京11R 第71回毎日王冠(3歳以上G2・芝1800m) 10番人気以下想定 ○④ダノンキングリー ○⑨アーモンドアイ ■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。 今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。 中山記念以来の休み明け。乗り込み量は豊富も、1週前追い切りでは良い時のような沈み込むような走りがまだ見られない。