カナダの首都オタワって、どんな町? オタワ川に面した国会議事堂はオタワの代表的な風景 (C) Tourism Ontario カナダの首都オタワは英語圏のオンタリオ州にありますが、目の前を流れるオタワ川を挟んだ対岸は仏語圏のケベック州。 こんにちは、マフィ子です。私のブログへ来ていただいて、どうもありがとうございます。先日写真を整理していたら、カナダの首都オタワに住んでいた頃に秋の紅葉を観に行った写真がでてきました。今日はそれをご紹介します。どうぞ、お楽しみ下さい。 カナダの国旗は英語では「The Maple Leaf Flag(メイプルリーフ旗)」、フランス語では「L'Unifolié(一葉旗)」とも呼ばれています。現在の国旗が制定される1965年までは、オーストラリアやニュージーランドの国旗のように、左上にイギリスの国旗「ユニオンジャック」が描かれていました。 国旗に用いられている赤と白は、1921年に正式なカナダの国の色と宣言されたものです。そして中央カエデは「サトウカエデ」という種類のカエデで、カナダを代表する木。樹液からメープルシロップ … オタワで英語力UP No.1の語学学校 『Step By Step Proficiency』 の日本人スタッフがお送りする赤裸裸留学情報です♪ カナダの首都オタワへ留学!!! カナダの首都オタワは、人口約100万人の都市です。カナダの都市の中でもその歴史は長く、建国時代の街並みが残っています。フランス語圏への境界線でもあるオタワ。治安がよく日本人が少ないことから、日本人の留学先として適した都市でもあります。 語学留学先として人気のカナダは、英語とフランス語の2ヶ国語が公用語に定められています。カナダの公用語には、どのような特徴があるのでしょうか?今回はカナダの公用語の特徴や、英語・フランス語の各言語が使用されている地域をご紹介します。 カナダの首都であるオタワの町には英語とフランス語の両方のサインや標識が目につきます。 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。 基本的に、西海岸よりは英語が主に話されており、東海岸よりはフランス語が主に話されております。 特に、カナダの首都であるオタワや東側のケベック州では、フランス語話者が多く、ケベック州に至っては州の公用語がフランス語となっております。 飛行機では、日本からオタワへの直行便はありません。カナダの主要都市・トロント、バンクーバー、カルガリーを経由して国内線に乗り継ぐ方法が一般的です。※トロントからは約1時間の飛行時間になります。その他、バスや鉄道を使ってオタワへ行くことも出来ます。日本からはトロントまでの航空券を購入し、トロントからオタワへは鉄道やバスで行くのも良いですね。鉄道はVIA鉄道(約4時間半)が、バスはグレイハウンド・カナダ(約5~6時間)がトロントからオタワまで運行しています。 カナダの学校に通う方や仕事をしようと思っている方の話題作りのお手伝いができるよう、カナダの情報だけでなく、日本の情報も合わせて掲載しています。また、管理人が語学学校(esl)時代に調べた英語フレーズを掲載しています。 特徴 150ヵ国以上から学生が集まり、学校の規模は国内3番目。200以上のプログラムを持ち、英語、フランス語、または両言語で教育を受けられる。 Profiles of Canada. オタワで英語力UP No.1の語学学校 『Step By Step Proficiency』 の日本人スタッフがお送りする赤裸裸留学情報です♪ 突然ですが、みなさんはカナダの首都はどこだと思いますか?トロント、バンクーバーなどの答えが出るかと思いますが、答えはオタワです。しかしなぜ他の大都市を抑え、オタワが首都になったのでしょうか。今回はそんなオタワが首都になった経緯と、観光地としての魅力などを紹介し … カナダ留学おすすめ人気都市ランキング。日本最大級の留学・語学学校の総合サイト。最新の口コミ・評判、学校情報で、留学を可視化する留学情報メディアであり、一人ひとりにあった留学選びをサポートする留学エージェント・留学会社。スクールウィズはあなたの留学を応援しています。 ワーホリにおすすめの国を調べると、カナダが上位にでてきます。「でもそもそもなんでワーホリでカナダが人気なの?」「英語力がないのに働けるかな」「費用はどれくらいかかるんだろう」などカナダのワーホリに対して色々疑問を抱いている人も多いはず。 今回は、 カナダの州名と州都、首都 を紹介します。 【州を英語で言うと】 同じ州でもカナダとお隣アメリカでは英語だと言い方が違います。 アメリカの州は (a) state(ステイツ) カナダの州は (a) Province(プロヴィンス) 間違わないようにしましょう。 カナダの首都オタワへ留学!!! カナダ英語の特徴的な語. 語学留学先として人気のカナダは、英語とフランス語の2ヶ国語が公用語に定められています。カナダの公用語には、どのような特徴があるのでしょうか?今回はカナダの公用語の特徴や、英語・フランス語の各言語が使用されている地域をご紹介します。 当時英国植民地であった連合カナダの首都を、 英語圏のオンタリオ州とフランス語圏のケベック州を分ける、 オタワ川のほとりにある街「オタワ」に制定しました。 国会議事堂など政府機関が集まるパーラメント・ヒルを中心に オタワはカナダ東部、トロントがあるオンタリオ州の北部に位置しています。 Wash room トイレの事。Bat hroomでもLav atoryでもなく、この語を使用する事が非常に多い。 Double-Double カナダ最大のコーヒー チェーン "Tim Hortons"でカナダ人がコーヒーを注文する際の定番。 カナダの首都オタワは、人口約100万人の都市です。カナダの都市の中でもその歴史は長く、建国時代の街並みが残っています。フランス語圏への境界線でもあるオタワ。治安がよく日本人が少ないことから、日本人の留学先として適した都市でもあります。 治安が良い国として知られているカナダの首都、 オタワの治安 についてご紹介します。 カナダ統計局 によると、暴力犯罪の重大度を示すcrime severity indexは2017年のオタワで 62.1ポイント(20位) となっています。 カナダ(Canada) 首都: オンタリオ州オタワ 面積: 約998万㎢ (2位) 人口: 3759万人 公用語: 英語・フランス語 主要都市: オタワ・モントリオール・トロント・バンクーバー 通貨: カナダドル(CA$) かしこくカナダ 詳細ページはこちら! Boulder, Colo. : NetLibrary, 2000.(. オタワ(英語: フランス語: Ottawa 英語発音: [ˈɒtəwə] 聞く )は、カナダの首都。オンタリオ州東部に位置する地方行政区。オタワ川を挟んで隣接するガティノーを含め連邦政府の行政機関が集中する行政都市である。 カナダ主要都市地図(英語都市名入り)(Main cities Map of Canada) 地図サイズ:720ピクセル X 540ピクセル カナダの主要都市 ・Otawa / オタワ:カナダの首都 ・Toronto / トロント:カナダの最大都市でありオンタリオ州の州都、オンタリオ湖の西北岸 カナダの首都で規模もレベルも高水準の大学 University of Ottawa(オタワ大学) オタワ(大都市)、創立1848年. カナダの首都であるオタワは、日本人が少なく英語環境を作りやすい都市。 しっかり英語を学びたい方におすすめの都市ですが、少し足を伸ばせばフランス語圏のケベック州に行けるという点もオタワ留学の魅力の1つです。 「首都」が英語で「capital」と言います。「Capital city」も言えます。使い方がちょっと違います。以下の例文を見てください。 「日本の首都は東京です」 ー The capital of Japan is Tokyo 「東京は首都です」 ー Tokyo is a capital city カナダは英語とフランス語の二つの言語を国の公用語としているバイリンガルの国である。アメリカは公用語を設定していない数少ない国であるが、カナダのように二言語・それ以上を公用語とする国はアルバ、ベルギー、アイルランドなど60ヶ国以上存在する。 英語,フランス語が公用語. カナダの 首都・オタワ 中心部にある英語学校です とっても小さくてアットホームな語学学校♡そんな雰囲気のなか、専門的な内容の英語教育を行っています。 カナダの首都「オタワ」。首都のもつ利便性と安全性の中、英語もフランス語も感じられる環境での高校留学. edited by Kenneth G. Pryke, Walter C. Soderlund. 治安が良い国として知られているカナダの首都、 オタワの治安 についてご紹介します。 カナダ統計局 によると、暴力犯罪の重大度を示すcrime severity indexは2017年のオタワで 62.1ポイント(20位) となっています。 カナダ留学おすすめ人気都市ランキング。日本最大級の留学・語学学校の総合サイト。最新の口コミ・評判、学校情報で、留学を可視化する留学情報メディアであり、一人ひとりにあった留学選びをサポートする留学エージェント・留学会社。スクールウィズはあなたの留学を応援しています。 カナダ首都オタワの治安. 正式名称=カナダCanada面積=997万610km2人口(1996)=2978万人首都=オタワOttawa(日本との時差=-14時間)主要言語=英語,フランス語通貨=カナダ・ドルCanadian Dollar北アメリカ大陸の北半部を占める広大な国で,面積はロシア連邦に次いで世界第2位。 立憲君主制の連邦国家で,10州provinceと3 … カナダの首都であるオンタリオ州のオタワ (Ottawa) の基本的な情報からオタワ留学についてご紹介を致します。カナダ留学をサポートするピュアカナダのオタワのページです。 高校留学、大学留学、また語学留学にも人気で、美しく整備された街です。 カナダの学校に通う方や仕事をしようと思っている方の話題作りのお手伝いができるよう、カナダの情報だけでなく、日本の情報も合わせて掲載しています。また、管理人が語学学校(esl)時代に調べた英語フレーズを掲載しています。 カナダ(Canada) 首都: オンタリオ州オタワ 面積: 約998万㎢ (2位) 人口: 3759万人 公用語: 英語・フランス語 主要都市: オタワ・モントリオール・トロント・バンクーバー 通貨: カナダドル(CA$) かしこくカナダ 詳細ページはこちら! カナダの公用語は英語とフランス語。フランス語も公用語だということはあまり知られていない。どうしてカナダは2ヶ国語を公用語として併用するのか?歴史・文化・言語をからめて、カナダの一面を紹介 … カナダは英語とフランス語の両方が公用語として有名ですが、実際にフランス語を話す人がどの地域にどれくらいいるかを調べました。中には人口の99%以上が英語を話す人で構成されている地域も。英語話者、フランス語話者、そして英仏バイリンガルの数と割合をご紹介。 オタワはカナダ東部、トロントがあるオンタリオ州の北部に位置しています。 カナダの首都「オタワ」。首都のもつ利便性と安全性の中、英語もフランス語も感じられる環境での高校留学. 1793年にイギリス人が居住地「ヨーク」を作り、英植民地・アッパーカナダの首都となった。1834年には先住民ヒューロン族の言葉で「集まる場所」を意味する「トロント」と改称した。1849-1852年、1856-1858年の間、連合カナダの首都だったこともある。 国民の3分の2以上(67.3%)がキリスト教徒(国民の約39%がローマ・カトリック),約2割(23.9%)が無宗教(2011年カナダ統計局) 6 国祭日 カナダ(Canada)やフランス(France)のように素直に対応していそうな国名もありますが、発音やアクセントが微妙に違ってピンと来にくい場合もあります。やはり英語で表現する国名は、英語として、新たな気持ちで把握しなくてはなりません。 カナダの首都オタワはオンタリオ州に属し、トロント、モントリオール、バンクーバーに次ぐ4番目に大きな都市。オタワ川のほとりに広がるカナダ建国の歴史や文化が詰まった街です。日本から直行でアクセスはできませんが、世界有数の美しい景観を誇るオタワへ出かけてみませんか。 カナダ留学に行きたい!カナダは大きくて、英語が使われている国という事は知っているけど他の事についてはあまりよく知らないという方は多いと思います。今回は意外に日本人の方々が知らないカナダの真実に迫っていきます。この記事を読んでいただくと、カナ マーガレット・ガウィング 『独立国家と核抑止力』 電力新報社 1993年 p.399. カナダはすごく大きな広い国です!私はカナダのウェストサイドにあるバンクーバーに住んでいて、まだイーストサイドのトロントやモントリオールには行った事がありません。もちろん他の州の事も全く知りませんでした。今通っている学校で、カナダについての授 カナダは英語とフランス語の両方が公用語として有名ですが、実際にフランス語を話す人がどの地域にどれくらいいるかを調べました。中には人口の99%以上が英語を話す人で構成されている地域も。英語話者、フランス語話者、そして英仏バイリンガルの数と割合をご紹介。 Canadian Scholars Press, 1994. カナダの首都オタワはオンタリオ州に属し、トロント、モントリオール、バンクーバーに次ぐ4番目に大きな都市。オタワ川のほとりに広がるカナダ建国の歴史や文化が詰まった街です。日本から直行でアクセスはできませんが、世界有数の美しい景観を誇るオタワへ出かけてみませんか。 カナダ オタワ地図 1850年代に首都としてビクトリア女王に選ばれた美しい町。 英国系とフランス系の中間に位置し, またアメリカとの国境からも距離があるため他の都市をおさえて選ばれた。 オタワ 地図 オタワ市の公式サイトです。英語ページです。 5 宗教. カナダの 首都・オタワ 中心部にある英語学校です とっても小さくてアットホームな語学学校♡そんな雰囲気のなか、専門的な内容の英語教育を行っています。 カナダの首都オタワって、どんな町? オタワ川に面した国会議事堂はオタワの代表的な風景 (C) Tourism Ontario カナダの首都オタワは英語圏のオンタリオ州にありますが、目の前を流れるオタワ川を挟んだ対岸は仏語圏のケベック州。 基本的に、西海岸よりは英語が主に話されており、東海岸よりはフランス語が主に話されております。 特に、カナダの首都であるオタワや東側のケベック州では、フランス語話者が多く、ケベック州に至っては州の公用語がフランス語となっております。 カナダ(英・仏: Canada、英語発音: /ˈkænədə/  聞く[ヘルプ/ファイル] キャナダ[2]、フランス語発音: /kanada/ カナダ[3])は、北アメリカ大陸北部に位置し、10の州と3の準州からなる連邦立憲君主制国家。首都はオタワ。, イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国のひとつ。アメリカ合衆国と国境を接する。国土面積はロシアに次いで世界で2番目に広い。, 歴史的に先住民族が居住する中、外からやってきた英仏両国の植民地連合体として始まった。1763年からイギリス帝国に包括された。1867年の連邦化をきっかけに独立が進み、1931年ウエストミンスター憲章で承認され、1982年憲法制定をもって政体が安定した[4]。一連の過程においてアメリカと政治、経済両面での関係が深まった。連邦制をとり、連邦政府の運営は首相を中心に行われている。, 日本政府による公式名は「カナダ」[5]。日本における漢字表記は「加奈陀」であり、「加」と略される。中国語における表記は「加拿大」。国名はセントローレンス川流域イロコイ族の「村落」を意味する語「カナタ(kanata)」に由来する[6]。連邦制を強調するため、「カナダ連邦」「カナダ連邦政府」などの呼称が使われることもある。, 1982年憲法が制定される前には複数の名称が存在したが、現在は公用語の英語とフランス語の双方で「Canada」のみが公式名と定められている[7]。建国時には国号はカナダ王国(Kingdom of Canada)とすることも検討されていた。1791年初めて「Canada」の名が使われた[6]。, ファースト・ネーション(先住民)やイヌイットの言い伝えでは、先住民たちは時の始まりからこの地に住んでいたとある。一方、考古学的研究では北部ユーコン準州に26500年前、南部オンタリオ州には9500年前に人類がいたことが示されている[8][9]。, ヨーロッパ人の到来は西暦1000年にヴァイキングがランス・オ・メドーに居住したのが初めてであるが、この植民地は短期間で放棄されている。, 1497年にイタリア人のジョヴァンニ・カボト(ジョン・カボット)がイングランドのために大西洋側を探検し[10]、1534年にはフランスのジャック・カルティエがこれに続いた[11]。, 1603年に到着したフランスの探検家サミュエル・ド・シャンプランは、1605年に初めてのヨーロッパ人定住地をポート・ロワイヤル(現・ノバスコシア州アナポリス・ロイヤル)に築き、1608年にはケベックを建てた。これらはのちに、それぞれアカディアとカナダの首都となった。 ヌーベルフランスの植民地の中ではカナダ人(Canadiens:フランス系カナダ人)はセント・ローレンス川流域に、アカディア人は現在の沿岸諸州に集中的に居住している。フランス人の毛皮商人とカトリック宣教師たちは五大湖、ハドソン湾、ミシシッピー川流域からルイジアナを探検した。イングランドは1610年にニューファンドランド島に漁業基地を設け、南部(現在のアメリカ合衆国領)に13植民地を築いた。, 1670年、ハドソン湾会社が設立された。毛皮の倉庫証券は通貨としても使われた。1689年と1763年に一連の北米植民地戦争が起こり、その結果、ユトレヒト条約(1713年)でノバスコシアが英国の支配下となる。七年戦争(フレンチ・インディアン戦争)のパリ条約で、カナダとヌーベルフランスの大部分がフランスからイギリスへ割譲された。, 1763年宣言はケベックをヌーベルフランスから分離し、ケープ・ブレトン島をノバスコシアに加えた。これはまた、フランス系カナダ人の言語と信仰の自由を制限した。1769年にセント・ジョンズ島(現・プリンス・エドワード・アイランド州)が独立した植民地となった。ケベックでの紛争を避けるため、1774年にケベック法が制定され、ケベックの領域が五大湖からオハイオ川まで拡大され、ケベックにおいてはフランス語とカトリック信仰、フランス法が許された。これは13植民地の多くの住民を怒らせることになり、アメリカ独立への動因となった[12]。 1783年のパリ条約によってアメリカの独立は承認され、五大湖南部がアメリカへ割譲された。戦後におよそ5万人の王党派がアメリカからカナダへ逃れている[13]。一部の王党派のために沿岸諸州のニューブランズウィックがノバスコシアから分割された。ケベックの英語話者王党派のために1791年法が制定され、フランス語圏のローワー・カナダと英語圏のアッパー・カナダがそれぞれ独自の議会を持った。この分断策は1837年にローワーとアッパーの両方で反乱が起きて無意味となった。, アッパーおよびローワー・カナダは米英戦争(1812年戦争)の主戦場となった。カナダ防衛は英国系北アメリカ人に一体感をもたらした。穀物法制定(1815年)と人身保護法廃止(1816年)により、英国とアイルランドからの大規模な移民が始まった。, 1837年に責任政府を求める反乱が起こった。時のカナダ総督である初代ダラム伯爵ジョン・ラムトンは本国政府に対して、叛乱に対するダラム報告を行った。その報告では責任政府とフランス系カナダ人の英国文化への同化が勧告された[14]。また同時に、「カナダ植民地の統治を行う者たちが国王の名代たる総督ではなく、植民地人の代表たる(カナダ)議会に責任を負う権利を(カナダ責任政府は)持つようにするべきだ」と提言した[15]。同報告はあわせて、「隣国のアメリカ合衆国が州同士の関係性として連邦制を持ち込んだことは理にかなっていた」という先駆的な示唆も行っている[15]。, この報告に基づいて1840年憲法法により、アッパーおよびローワー・カナダはカナダ連合に合併した。議会においては、フランス系および英国系カナダ人はともにフランス系カナダ人の権利の復活のために努力した。1849年、英領北アメリカ植民地全土に責任政府が設置された[16][17]。, 1846年に英国と米国によるオレゴン条約が結ばれ、オレゴン境界紛争が終結した。これによってカナダは北緯49度線に沿って西へ境界を広げ、バンクーバー・アイランド植民地(1849年)とブリティッシュコロンビア植民地(1858年)への道を拓いた。ニューファンドランドには大西洋横断電信ケーブルが敷設され、西方でゴールドラッシュが起きたことなどからカナダの人口が増えていった。一方で、フランス系カナダ人がニューイングランドへ流れ出た。, フェニアン襲撃に対応しながら憲政会議を重ね(写真参照)、1867年7月1日に1867年憲法法が採択された。オンタリオ・ケベック・ノヴァスコシア・ニューブランズウィックが統合され、「カナダの名の下のひとつの自治領」である連邦が作られた[18] 。カナダはルパートランドと北西地域を合わせたノースウエスト準州を統治することが前提とされた。この地では不満を抱いたメティ(フランス系と先住民の混血)によるレッド・リヴァーの反乱が起こり、1870年7月にマニトバ州が作られた。ブリティッシュコロンビア植民地とバンクーバーアイランド植民地(1866年に合併)は1871年に、プリンスエドワードアイランド植民地は1873年に、連邦へそれぞれ加入した。, 保守党のジョン・A・マクドナルド首相 は、萌芽期のカナダ産業を守るための関税政策を制定した。西部を開拓するため、政府はカナダ太平洋鉄道を含む3本の大陸横断鉄道を助成した。自治領土地法により開拓者のために大平原が解放され、この地域の治安維持のために北西騎馬警察が設立された。1898年、ノースウェスト準州でのクロンダイク・ゴールドラッシュのあと、政府はユーコン準州を設置した。自由党のウィルフリッド・ローリエ政権下ではヨーロッパ大陸からの移民が大平原に定住し、アルバータとサスカチュワンが1905年に州に昇格している。, 1914年、英国の宣戦布告にともないカナダは自動的に第一次世界大戦に参戦、志願兵を西部戦線へ派遣した。彼らはのちにカナダ軍団の一部となり、ヴィミーリッジの戦いやその他の大きな戦いで重要な役割を果たしている。1917年には、保守党のロバート・ボーデン首相がフランス語圏ケベックの住民たちの反対にもかかわらず徴兵制を導入し、徴兵危機が起こっている。, 1919年にカナダは英国とは別個に国際連盟へ加盟した。この時期はヴィクター・キャヴェンディッシュが総督であった。, 1930年代の大恐慌にカナダ国民は大いに苦しめられた。1945年の終戦後にカナダは国際連合の原加盟国となり、再びアメリカへ接近した。, 1960年、カナダ権利章典が制定された。これは州の同意が得られなかったため連邦権限の範囲で運用された。1965年に現在のサトウカエデの葉の国旗が採用・掲揚された。1969年には2か国語公用語が実施された。1971年には多文化主義が宣言されている。ケベックでは近代からナショナリスト運動(Quebec nationalism)が続いており、1960年代の経済改革(静かなる革命)につながった[19] 。1970年に運動がエスカレートしケベック解放戦線がオクトーバー・クライシスを引き起こした。このころから1982年のカナダ憲法制定にかけて、首相のピエール・トルドーが連邦の一体化を強力に推進した。, 1982年憲法第33条はカナダ憲法最大の特徴をなす。連邦議会・州議会の立法に対して最高裁が違憲判断を下したときでも、立法府が譲らなければ違憲判決の発効を先延ばしできるのである。猶予は最長5年間だが何度も更新できる。, アメリカ合衆国よりもリベラルな国民性を反映し、高福祉・高負担の施策がとられている。, 政体は立憲君主制である。公式にはイギリス国王が国家元首(ただしカナダではあくまでカナダ国王の扱い)となる[20]。形式的にはカナダ総督がカナダ国王の代理を務め、また実質的な首長は、総選挙により選出される連邦政府の首相である。, 現行のカナダの憲法は「1867年憲法」と「1982年憲法」の二つから構成される。1867年憲法は政治制度などを定める統治規定が中心で、1982年憲法は二言語・多文化主義、ケベック州の特殊性・原住民居留地の特殊性などの人権規定が中心である。, 政府は議院内閣制を採用している。カナダは、歴史的に各州の合意により連邦が設立された経緯があることから州に大幅な自治権が認められており、それぞれの州に首相、内閣および議会がある。このためカナダにおける政治とは、州政府対連邦政府の駆け引きそのものということもできる。, 立法府たる議会はオタワに所在し、カナダ議会は上院定数105名、下院定数338名の二院制を採用している。, おもな政党には中道右派・保守主義のカナダ保守党、中道左派・リベラリズムのカナダ自由党の二大政党と、中道左派・社会民主主義政党の新民主党、ケベック州の地域政党である左派のブロック・ケベコワ、環境保護主義のカナダ緑の党がある。, 1993年の下院総選挙で、与党・カナダ進歩保守党が改選前の169議席のうち167議席を失うという大惨敗を喫したことは、議会制民主主義が発達している先進国の政権与党が壊滅的な敗北を喫した例として、小選挙区制のモデルケースのひとつとなる歴史的選挙であった。, 1989年のモントリオール理工科大学虐殺事件をきっかけに銃規制が強化されており、拳銃の携帯については一般には認められておらず、拳銃を携帯できるのは警察、軍、司法関係と現金輸送を行う民間業者など非常に限られている。, 農村部を中心に狩猟が非常に盛んであり猟銃の保持率は高いが、銃を使った犯罪発生率はきわめて低い。, カナダは1950年代から1990年代にかけて数多くの国連平和維持活動に参加し、集団安全保障体制を望んでいたが、キューバ危機のあとNATOへ急接近した。2001年にはNATO主導のアフガニスタン紛争にも派兵している。, カナダは英連邦に加盟している。カナダは世界の先進7か国(G7)および主要8か国(G8)のひとつである。, カナダは10の州(プロビンス、province)と3つの準州(テリトリー、territory)に区分されている。人口は2015年7月1日の推計値[21]。, カナダの国土は北アメリカ大陸の北半分を占める。南および西はアメリカ合衆国と接する。東は大西洋、デイビス海峡、西岸の一部は太平洋、北はボーフォート海、北極海に面する。国土の中央部のウィニペグ湖からロッキー山脈にかけては、広大なプレーリー地域である。水路となる五大湖の北にはカナダ楯状地が広がる。, ロシアに次いで世界で2番目に広大な国土を持つ国であり、北アメリカ大陸の約41%を占めている。そして、海岸線の長さは世界一である。なお、カナダの領土の54%は森林で占められている。ノースウエスト準州北西は湿地帯であり、地面や湖が凍る冬季でないと車両の通行が困難である。, 人口密度は3.2人/km2で、国土の多くは北極圏内にある。人の住める地域は面積に比して少ない。カナダ人の80%はアメリカ合衆国との国境から200キロ以内に住んでおり、人口の約40%がオンタリオ州に集中している。人口がもっとも多い地域は五大湖、セントローレンス川周辺である。大半のカナダ人は、アメリカ合衆国とカナダ国境線に沿って約500キロ幅の細長い帯状に住んでおり、それより北は人口が極端に少ない。, バンクーバーやビクトリアなどが位置する西海岸の沿岸部は暖流の影響で温帯の西岸海洋性気候に属し、夏は涼しく乾燥していて過ごしやすく晴れる日が多いが、冬は温暖で雨が多い。北米屈指のスキーリゾートのウィスラーなどが位置するロッキー山脈の西側の山岳地帯は世界有数の豪雪地帯となっている。, アルバータ州からサスカチュワン州、マニトバ州にかけては、亜寒帯湿潤気候、湿潤大陸性気候に加えてステップ気候も広がり、降水量が少なく乾燥している。夏は比較的気温が上がるが、乾燥していて過ごしやすい。一方、冬は-50度近くまで下がることもあり、シベリアに匹敵する酷寒地である。特に中央部に位置するウィニペグは大陸性の気候が顕著であり、レジャイナやサスカトゥーンなどと並び北アメリカでもっとも寒い都市(アラスカのアンカレッジよりはるかに寒い)とされる。, トロントやモントリオールなどの大都市が位置し、人口が集中するセントローレンス川沿いは亜寒帯湿潤気候に属し、夏は比較的湿度が高く蒸し暑くなる。トロントなどのオンタリオ州南端部ではそれほど厳しい寒さとはならないが、オタワやモントリオールなどでは最寒月の平均気温が-10度以下となり、-30度程度まで下がることもあるほど、寒さが厳しく降雪量も多い。ノバスコシア州やニューファンドランド島などの大西洋側沿岸地方はより海洋性の気候の特色を有していくことになり、冬季は低気圧の発達により豪雪地帯となる。北極圏などの北部地域は寒帯に属し、ツンドラ気候が分布し永久凍土が広がっている。, カナダ国内における最高気温極値はサスカチュワン州のMidaleとYellow Grassで観測された45°度、最低気温極値はユーコン準州のSnagで観測された-63度であり、これはアメリカ大陸でもっとも低い気温である。, IMFによると、2010年のカナダのGDPは1兆5,636億ドル(約130兆円)であり、世界第9位である[22]。20世紀初めまで経済の主体は農業だったが、モントリオールやトロントが金融センターとなり、現在では世界有数の先進工業国となった。工業は自動車産業や機械産業が成長し、近年はIT産業が発展してきている。, カナダでは唯一の発券銀行として中央銀行のカナダ銀行があり、通貨カナダドルを発行・管理している。1ドル=100セントである。2012年3月29日にカナダ政府は実用性や製造コストなどの問題や理由により1セント通貨の製造を廃止することを発表している[23]。, カナダは京都議定書に署名はしたものの2011年12月に脱退を表明した[24]。2009年の気候変動実績指標では最下位のサウジアラビアに次ぐ59位であり、二酸化炭素排出量は10年前より25%も増えている。, 鉱物資源に非常に恵まれており、世界シェア10位に入る鉱物が17種ある。以下では2003年時点の統計データに基づく。有機鉱物資源では、天然ガス(6,565千兆ジュール、3位)、燃料となる褐炭(3,695万トン、9位)のほか、石炭(2,954万トン)と原油(9,111万トン)の産出量も多い。ダイヤモンドの産出量も1,120万カラットに及び、世界第6位である。, 金属資源では、 ウラン鉱(1万トン、1位、世界シェア29.2%)、カリ塩鉱(820万トン、1位、世界シェア30.9%)、 イオウ(903万トン、2位)、鉄鉱(1,980万トン、3位)、銀鉱(1,309トン、3位)、タングステン鉱(2,750トン、3位)、ニッケル鉱(16万トン、3位)、亜鉛鉱(100万トン、4位)、コバルト鉱(4,304トン、5位)、塩(1,335万トン、5位)、鉛鉱(15万トン、5位)、金鉱(141トン、7位)、アンチモン鉱(143トン、8位)、銅鉱(56万トン、8位)が特筆される。このほか、マグネシウム鉱、リン鉱も採掘されている。銀は大不況 (1873年-1896年) のころからコバルトなどの工業用金属を選鉱するときに副産物として生産されており、世界的な供給過剰と価格の下落を引き起こした[25]。, カナダは第二次世界大戦のころ、ベルギー領コンゴやチェコスロバキアと並ぶ世界的なウラン供給国であった[26][27]。2000年においては日本の天然ウラン輸入元における取引額1位であった。, 最大の貿易相手国はアメリカで、輸出の5分の4以上、輸入の約3分の2を占める。鉱物、木材、穀物は現在も重要な輸出品だが、近年は工業製品が中心となっている。アメリカへの輸出品で最多のものは、自動車と関連部品である。1989年にアメリカとのFTAが発効し、1994年にはメキシコも加わってNAFTAが結ばれた。, アメリカ以外の主要輸出相手国は日本、イギリス、中国、メキシコ、ドイツ、イタリア、主要輸入相手国は中国、メキシコ、日本、イギリス、ドイツである。主要輸出品は、自動車および自動車部品、精密機器、原油、天然ガス、金属および金属製品、産業用機械、通信機器、化学製品、木材、パルプ、小麦、魚類(サケ類、イクラ、マグロなど)、メープルシロップなど。輸入品は自動車部品、自動車、機械、化学製品、コンピューター、原油、通信機器などである。, カナダの人口は連邦化時点から単調増加を続けている。カナダでは社会保険番号が国民識別番号として運用される。, 2011年国勢調査によると、ヨーロッパ系白人が76.7%、黒人2.9%、先住民4.3%、中南米系やアジア系などを含むその他が16.2%となっている。その他の内訳は東アジア系(4.8%)、南アジア系(4.8%)、東南アジア系(2.8%)、西アジア・アラブ系(1.8%)、ラテンアメリカ系(1.2%)、混血(0.5%)、その他(0.3%)となっている。カナダの人種統計では、白人、先住民族以外を有色人種と分類し、全人口の19.1%を占めている。先住民族はさらに北アメリカインディアン系をまとめた呼称であるファースト・ネーションズ (First Nations) (2.6%) 、インディアンとヨーロッパ白人の混血のメティ(1.4%)、エスキモー民族のイヌイットの3つに分類されている。, カナダとアメリカの人種構成の違いは、もともと黒人奴隷がほとんど存在しなかったために黒人(2.5%)が非常に少なく、イギリス系、フランス系が人口の半数を占めていることである。アメリカと同じくアイルランド系とドイツ系とイタリア系も多いが、カナダはウクライナ系が非常に多いのが特徴で、ウクライナ・ロシア以外では最大規模である。またアメリカで非常に多いスペイン語圏出身者が少ない。アジア系が多いといっても、カナダは大英帝国の植民地だった影響で大多数は南アジア系、中国系(特に香港など広東語圏)であり、逆にアメリカに多いアジア系の日系、韓国系、ベトナム系は比較的少ない。特にバンクーバーとトロントは巨大なアジア系人口を抱え、この2都市では白人は人口の半数弱を占めるにすぎない。一方、アフリカ系はおもにトロント、モントリオールに集中している。1999年に中国系のエイドリアン・クラークソン、続いて2005年にハイチ系のミカエル・ジャンが総督に就任するなど、リベラルな国民性も合わせて人種には寛容な姿勢を示している。, 中国系カナダ人は1850年代、ゴールドラッシュや鉄道建設の労働者としてカナダに流入したのが始まりである。カナダは中国系の排斥を意図して人頭税を課したり、中国系排斥を狙った中国人移民法を1920年代に成立させたりしている。これについて、カナダ政府は2006年に謝罪した。カナダには、政府関連事業に80万カナダドル(約7,500万円)を5年間無利子で融資した場合、永住権を獲得できるプログラムがあり、このプログラムに申し込む半数は中国系とされる。カナダではこの投資額を引き上げる動きがあり、中国系を排斥する意図があるのではないかと一部で指摘されている[28]。2015年2月、中国人移民の急増に耐えかねたカナダ当局は、このプログラムを打ち切っている[29]。, 2006年の調査では住民の祖先は、イングランド系21%、フランス系15.8%、スコットランド系15.2%、アイルランド系13.9%、ドイツ系10.2%、イタリア系5%、中国系4%、ウクライナ系3.6%、オランダ系3.3%、ポーランド系3.1%、インド系3%である。また、3.8%のカナダ人が先住民族の血を引くと回答している。3分の1の国民が自らの民族をカナダ人であると主張しているが、移民である祖先の出身国の民族意識よりも、民族的アイデンティティそのものはもはやカナダ人であると主張する人たちであり、大多数はイギリス系とフランス系であると思われる。, 英語(カナダ英語を参照)とフランス語(カナダ・フランス語を参照)が1969年に制定された公用語法によって認められている公用語である。この公用語法では、連邦政府における英語とフランス語が平等な地位にあることが定められた。連邦裁判所、連邦議会(カナダ国会)や連邦政府機関のすべてで英仏2か国語が平等に扱われる。カナダ国民は、十分に需要がある場合には連邦政府の行政サービスを英語またはフランス語にて受ける権利があり、公用語の少数派側であっても、すべての州・準州にて教育を受ける権利が保障されている。, このような少数派側の権利は、民間サービスの隅々にも及んでいる。たとえば航空機の場合、旅客機内にフランス語を母語とする乗客が常時5%以上いる定期便では、航空会社は英語とフランス語の両方で機内サービスを提供するよう法律で定められている[30]。, 2006年国勢調査[31]によると、国民の約58%が英語、約22%がフランス語を第一言語としている。約98%が英語かフランス語のどちらかを話し(57.8%が英語のみを、13.3%がフランス語のみを、17.7%が両言語を話すことができる)、フランス語がおもに使われている地域はケベック州、オンタリオ州のオタワなどの東部地域と北オンタリオ地方、ニューブランズウィック州のアカディア人の多い地域、およびマニトバ州の南部である。このうち、ケベック州はフランス語(ケベック・フランス語を参照)のみを、ニューブランズウィック州は英語とフランス語を州の公用語とし、他州は英語のみを州の公用語としている。, なお、ユーコン準州では英語とフランス語が、ヌナブト準州では英語、フランス語、イヌクティトゥット語、イヌイナクトゥン語が、ノースウエスト準州では英語、フランス語、イヌクティトゥット語、イヌイナクトゥン語、クリー語、ドグリブ語、チペワイアン語、サウススレイビー語、ノーススレイビー語、グウィッチン語、イヌビアルクトゥン語も公用語となっている。, 公用語以外の言語を使う住民も600万人ほどおり、中国語(広東語が多い)の話者が103万人、イタリア語が45万人、ドイツ語が44万人などである。また先住民の中には個々の部族の言語を使うものもいるが、多くの言語はだんだんと使われなくなっていく傾向にある。, カナダでは移民社会を構成しているため、200語以上の言語が国勢調査で母語として回答されている。中国語を母語とする人口は全体の3.3%であり、英語、フランス語に続く第3位の母語となっている。第4位はパンジャブ語であり増加中である。その他に母語として多いのはスペイン語、アラビア語、タガログ語、ウルドゥ語である。, カナダでは2か国語主義の国家ではあるものの、英語とフランス語の両方で会話ができるのは人口の17.4%である。ケベック州在住の英語話者の69%はフランス語も話すことができ、ケベック州以外に在住のフランス語話者の83.6%が英語も話せる。, 2001年の国勢調査によると、キリスト教徒が多数(77%)を占める。内訳はアングロアメリカ圏でありながら、カトリックが43.2%ともっとも多い。次にプロテスタントが29.2%、正教会・東方諸教会が1.6%となっている。, ムスリムが2%、ユダヤ教徒が1.1%、仏教徒が1.0%、ヒンドゥー教徒が1.0%、シーク教徒が0.9%。無宗教は16.5%である。, プロテスタントの力が政治的にも文化的にも強い影響力を持っているアメリカ合衆国と比べると、カナダはより世俗的である。これは教会出席率にも表している。アメリカ合衆国では毎週教会に通う人の割合が43%で、まったく通わない、もしくはほとんど行かないという人の割合はわずか8%である。一方、カナダでは毎週教会に通う人の割合が20%にとどまり、まったく通わない、もしくはほとんど行かないという人の割合は38%と逆転している。, カナダでは、2005年7月20日に「市民結婚法(Civil Marriage Act)」が成立し、結婚を「すべての他人を除外した2人の人物の合法的な連合」と定義している、つまり異性間の結婚と同性間の結婚に区別がなく、現在世界でもっとも容易に同性結婚をすることが可能である。, 各州が運営するMedicareにより、一般税収を原資とした公費負担医療が実施されている。診察などは無料提供されているが、薬剤などを含む医療費における自己負担率は30%ほどである[32]。, カナダの文化はしばしば「進歩的、多様で、多文化主義的」[33]とされる。先住民の文化から、移住してきたヨーロッパ系の文化、さらに近年のさまざまな国からの移民の持ち込む幅広いものが含まれ、混じり、重なり、形成されている。その中で政治的にも多文化主義が憲法で守られ、政策的にも推進されてきた[34]。ケベックでは文化アイデンティティーは強く、仏語話者の評論家はケベック文化は英語圏と違った独自性を持つと強調する[35]。しかしながらカナダは全体として、「文化のモザイク」(さまざまな人種・民族・地域文化が共存する)を形成しているとされる[36]。国の政策でもユニバーサルヘルスケア、富の再分配のための高い税金、死刑廃止、貧困撲滅への努力、多文化主義推進、厳しい銃規制、同性結婚合法化などが挙げられ、カナダの政策や文化上の社会的価値観を反映している[37]。カナダ料理の多様性は、カナダの経済社会がサラダボウル化していることを特に分かりやすく表現している。, 『赤毛のアン』の作者L・M・モンゴメリはカナダの文学者である。またサイバーパンクSF作家であるウィリアム・ギブソンはアメリカ合衆国出身だが、徴兵を拒否しカナダに移住したため、「カナダの作家」として扱われることがある。また、マーガレット・アトウッドもカナダの作家である。, カナダの音楽は先住民族やヨーロッパからの移民をはじめとし、さまざまな人々によって創造・継承されてきた。1600年代以降より、カナダでは国際的に著名な作曲家、演奏家などの音楽家を輩出してきた[38]。17世紀以降では教会や集会所、邸宅の大広間、学校、コンサートホール、レコード会社、ラジオ・テレビ局などさまざまな音楽のインフラが形成されてきた[39][40]。これらの音楽はアメリカ合衆国からの影響を大きく受け[41][42][43]ながらも、「カナディアン・ロック」というジャンルを生み出した[44]。, ポピュラー音楽・ロックの分野ではニール・ヤングやジョニ・ミッチェル、ザ・バンドらの優れたミュージシャンを輩出した。また、ゴードン・ライトフット、ゲス・フー、BTO、レナード・コーエン、アン・マレー、ラッシュ、ポール・アンカ、セリーヌ・ディオン、ニッケルバック、アヴリル・ラヴィーン、ダニエル・パウター、ジャスティン・ビーバー、ドレイクらもカナダ出身である。ジャズでは、オスカー・ピーターソンが国際的に成功した。, カナダ記録芸術科学アカデミー(Canadian Academy of Recording Arts and Sciences)がカナダの音楽産業を代表し1970年よりジュノー賞の授与を行っている。またカナダにおける音楽の放送はカナダ・ラジオテレビ通信委員会によって規制されている。, クラシック音楽の分野では、20世紀半ばに活躍したマレイ・アダスキン、ジョン・ワインツワイグなども著名であり、また独創的なバッハ解釈で名高いグレン・グールドなどはトロント生まれである。また、モントリオール交響楽団はシャルル・デュトワが指揮者を務めている間に実力を高め、北米大陸屈指のオーケストラとして知られるようになった。作曲家のマリー・シェーファーはサウンドスケープの提唱者であり「魔法の歌(マジック・ソングズ)」「ガメラン」などの作品がある。, そのほか、カナディアン・カントリーミュージック賞、ケベック音楽に授与されるフェリックス賞など、さまざまなジャンルの音楽に授与される音楽賞が設けられている。, カナダは公用語として英語とフランス語の両方を採用しており、両言語の映画が制作されている。なお、カナダにおける映画制作のおもな拠点となっているのは、トロント、モントリオール、バンクーバーである。このうち、モントリオールではモントリオール世界映画祭という、比較的名の知られた映画祭が開催される。, カナダ国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が5件、自然遺産が6件存在する。さらにアメリカ合衆国にまたがって2件の自然遺産が登録されている。, 祝日はおおむね、カトリックに傾くほど数が多い。世界史全体において、プロテスタントの隆盛にともない減らされてきた。, このほかにも、いくつかの州で設定されている祝日、州ごとに設定された祝日などがある。, 英連邦の一員であるが、スポーツ文化においては旧宗主国イギリスの影響は薄い。隣国アメリカ合衆国とも一線を画す独自のスポーツ文化が存在する。, アイスホッケーは現在カナダで最も盛んなスポーツであり、国技にも制定されている[注釈 1]。カナダの国土はアイスホッケーに非常に適した自然環境であり、冬の間は子供から大人までが娯楽でアイスホッケーを楽しむという人も多い。約58万人のカナダ人がアイスホッケーの競技者登録をしており、カナダ国内にはホッケー選手230人にひとつの割合でインドアのアイスホッケーリンクが存在している[48]。, 北米最大のプロリーグであるNHLは1917年にカナダで設立され、その後アメリカ合衆国へと拡大した。現在カナダ7チーム、アメリカ合衆国24チームの計31チームからなる。NHL選手の半数以上がカナダ人である[48]。, 男子はオリンピックでは初採用となった1920年のアントワープ五輪から1952年のオスロ五輪まで7大会で金メダル6度、銀メダル1度の圧倒的強さを誇っていたが、ソビエト連邦や欧州諸国の台頭にともない、長らく金メダルから遠ざかった。2002年のソルトレイクシティ五輪では50年ぶりの金メダルを獲得し、2010年の地元開催となったバンクーバー五輪では男女とも金メダルを獲得している。, 野球はアメリカ合衆国の影響を受け、カナダの人気スポーツのひとつに数えられる。パンアメリカン競技大会では2011年、2015年(男子)と2大会連続で優勝を果たし[49]、優勝回数はキューバに次いで2番目に多いなど、野球強豪国のひとつである。, カナダ最大の都市トロントを本拠地とするメジャーリーグベースボール(MLB)のトロント・ブルージェイズ(1977年設立、アメリカンリーグ東地区)はアメリカ合衆国外に本拠地を置く唯一の球団である。ブルージェイズは世界初の本格的開閉式ドーム球場ロジャーズ・センター(旧称スカイ・ドーム)を本拠地としており、1992年、1993年にはワールドシリーズを連覇した。当時はブルージェイズがMLB屈指の強豪球団であったため、1991年にはMLB史上初めて年間観客動員が400万人を突破した(1993年まで継続)。, 近年でも2015年に地区優勝、2016年にワイルドカードでプレーオフ進出などの好成績もあり、2016年の観客動員数はリーグ最多だった[50]。しかし、かつてカナダに本拠地を置くもうひとつの球団として「モントリオール・エクスポズ」(1969年設立、ナショナルリーグ東地区)が存在したが、フランス語圏であるモントリオールは英語圏に比べて野球の認知度が低い。さらに慢性的な財政難が続いた結果、2005年にワシントンD.C.に移転し、球団名もワシントン・ナショナルズに改めた。, ラリー・ウォーカー、1993年に日本の中日ドラゴンズでプレー経験もあるマット・ステアーズ、ジャスティン・モルノー、ジェイソン・ベイ、ジョーイ・ボット、エリック・ガニエ、ラッセル・マーティン、マイケル・ソーンダース、ブレット・ロウリーらが有名である。, カナディアンフットボールはカナダでは単にフットボールと呼称し、隣国アメリカ合衆国で盛んなアメリカンフットボールに非常によく似たスポーツである。カナダではアイスホッケーに次いで人気のあるスポーツであり[51]、国内8チームからなるプロリーグカナディアン・フットボール・リーグ(CFL))の優勝決定戦グレイ・カップはカナダ最大のスポーツイベントである[52]。, バスケットボールの考案者はカナダ人のジェームズ・ネイスミスであり、カナダの人気スポーツのひとつとなっている。特にノバスコシア州やオンタリオ州の南部で盛んである。トロントを本拠地とするNBAトロント・ラプターズ(1995年設立)は現在アメリカ合衆国外に本拠地を置く唯一のNBAチームである。ラプターズの設立と時を同じくして、バンクーバーにもバンクーバー・グリズリーズが設立されたが、こちらは観客動員の低迷による経営難に悩まされ、2001年にテネシー州メンフィスへと移転した。また、ラプターズは2018-19シーズンには大本命であったゴールデンステート・ウォリアーズを破り、初のNBAチャンピオンに輝いた。NBAでも多くのカナダ人選手が活躍しており、2年連続でシーズンMVPを獲得したスティーブ・ナッシュはその代表格である。, 旧宗主国イギリスの国技のひとつであるサッカーの人気は一部の移民一世世代を除いては、これまで隣国アメリカ合衆国と同様あまり高くなかった。しかし、近年はFIFAワールドカップ、UEFA欧州選手権などのテレビ中継の人気が高まり[53]、認知度が高まりつつある。大会開催中には自身または親世代の出身国チームの応援をする人々が増えており、各民族コミュニティーでは集まってテレビ観戦するなどの機会が増えている。, 2007年にはメジャーリーグサッカー(MLS)で初めて米国外を本拠地とするトロントFCが誕生し、MLSのチーム中で最高の観客動員数を誇っている。2011年にはバンクーバー・ホワイトキャップス、2年にはモントリオール・インパクトさらには、オタワにもプロチームの参加が検討されている。2007年にはカップ開催されバンクーバー・ホワイトキャップスの工藤壮人が在籍した。サッカーカナダ女子代表は2012年のロンドンオリンピックでメダルを獲得。2026年に2026 FIFAワールドカップの共同開催国となる。, 2026年のワールドカップ開催に合わせて2019年にカナダには本格的な国内プロサッカーリーグのカナディアン・プレミアリーグ(CPL)が誕生した。これまではカナダにはアメリカ合衆国と共同のプロリーグであったり国内にはセミプロしか存在していなかったが、このリーグはカナダサッカー協会が主催する欧州式の降格のあるカナダ国内ではメジャーリーグサッカーと並ぶ最高峰リーグの地位の位置づけとして設立された。, カナダではフォーミュラ1のカナダグランプリが1967年から毎年開催されている(2009年のみ不開催)。1978年からはモントリオールのジル・ヴィルヌーヴ・サーキットが使用されている。また、インディカー・シリーズもトロント、エドモントンの市街地コースで開催されている。NASCARのカナダ国内選手権「NASCAR Canadian Tire Series」も国内各地で開催されている。, カーリングは国民的なスポーツであり、現在行われている国際ルールはカナダで確立したもので、1807年に王立カーリングクラブが設立されたカナダは、現在も強豪国のひとつである。ラクロスは北米プロリーグであるメジャーリーグ・ラクロスのチームもある。, Canadian Academy of Recording Arts and Sciences. 約3,789万人(2020年1月カナダ統計局推計) 3 首都. カナダ Canada (国旗) (国章) 国の標語:A Mari Usque Ad Mare (ラテン語: 海から海へ) 国歌:O Canada(英語) Ô Canada(フランス語) オー・カナダ 公用語 英語、フランス語 首都 オタワ 最大の都市 トロント 政府 女王 エリザベス2世 総督 ジュリー・ペイエット 首相ジャスティン・トルドー 元老院議長ジョージ・フレイ 庶民院議長ジェフ・リーガン 面積 総計 9,984,670km (2位) 水面積率 8.9% 人口 総計(2019年) 3759万人(38位) 人口密度 4人/km GDP(自国通貨表示) 合計(2008年) 1兆6,024 … カナダでは英語とフランス語の2言語が公用語として指定されています。カナダで2つの公用語が定められた経緯と、カナダ各州でフランス語がどの程度使われているのか、学校教育と日常生活でフランス語がどのように使われているのかについて、専門家が解説します。 オタワ. カナダの首都であるオタワの町には英語とフランス語の両方のサインや標識が目につきます。 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。 カナダでは英語とフランス語の2言語が公用語として指定されています。カナダで2つの公用語が定められた経緯と、カナダ各州でフランス語がどの程度使われているのか、学校教育と日常生活でフランス語がどのように使われているのかについて、専門家が解説します。 Canadian Music: Issues of Hegemony & Identity, eds Beveley Diamond & Robert Witmer. ワーホリにおすすめの国を調べると、カナダが上位にでてきます。「でもそもそもなんでワーホリでカナダが人気なの?」「英語力がないのに働けるかな」「費用はどれくらいかかるんだろう」などカナダのワーホリに対して色々疑問を抱いている人も多いはず。 カナダはすごく大きな広い国です!私はカナダのウェストサイドにあるバンクーバーに住んでいて、まだイーストサイドのトロントやモントリオールには行った事がありません。もちろん他の州の事も全く知りませんでした。今通っている学校で、カナダについての授 カナダ オタワ地図 1850年代に首都としてビクトリア女王に選ばれた美しい町。 英国系とフランス系の中間に位置し, またアメリカとの国境からも距離があるため他の都市をおさえて選ばれた。 オタワ 地図 オタワ市の公式サイトです。英語ページです。 4 言語. カナダ主要都市地図(英語都市名入り)(Main cities Map of Canada) 地図サイズ:720ピクセル X 540ピクセル カナダの主要都市 ・Otawa / オタワ:カナダの首都 ・Toronto / トロント:カナダの最大都市でありオンタリオ州の州都、オンタリオ湖の西北岸 Report for Selected Countries and Subjects, Canada Act 1982 | Constitutional Act, 1982, Loi de 1982 sur le Canada | Loi constitutionnelle de 1982, “On the significance of modified mammoth bones from eastern Beringia”, http://www.cq.rm.cnr.it/elephants2001/pdf/424_428.pdf, A History of the Native People of Canada: Early and Middle Archaic Complexes, http://www.britannica.com/eb/article-9018457/John-Cabot, Canadian Cofederation: Responsible Government|publisher=Library and Archives Canada, Library and Archives Canada Canadian Cofederation: Responsible Government, http://sankei.jp.msn.com/world/news/140419/amr14041910060006-n1.htm, https://www.blwisdom.com/strategy/series/china/item/10455.html, 2006 Census: The Evolving Linguistic Portrait, 2006 Census: Highlights, http://books.google.com/books?id=0AcvVUevrMYC&pg=PA176, http://books.google.com/books?id=NtvKidOH9pgC&pg=PA61, http://books.google.com/books?id=vtDhVXAkpxcC&pg=PA95, http://books.google.ca/books?id=eZQch8ieRtsC&pg=PP1&dq=Music+in+Canada:+A+Research+and+Information+Guide,#v=onepage&q=&f=false, http://books.google.com/books?id=skTVwTzT27cC&pg=PA219, Costly errors sink U.S., Canada wins Pan Am baseball gold in wild final, Survey: Canadian interest in pro football is on the rise, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=カナダ&oldid=80668903. カナダの首都は、オタワです。でもよく勘違いされます。 カナダの首都は、トロントでもなく、バンクーバーでもなく、モントリオールでもなく、オンタリオ州のオタワ(Ottawa)です。オタワ市(City of Ottawa)は、オンタリオ州東部に位 オタワ(英語: フランス語: Ottawa 英語発音: [ˈɒtəwə] 聞く [ヘルプ / ファイル] )は、カナダの首都。 オンタリオ州東部に位置する地方行政区。 オタワ川を挟んで隣接するガティノーを含め連邦政府の行政機関が集中する行政都市である。 カナダ首都オタワの治安. オタワ(英語: フランス語: Ottawa 英語発音: [ˈɒtəwə]  聞く[ヘルプ/ファイル])は、カナダの首都。オンタリオ州東部に位置する地方行政区。オタワ川を挟んで隣接するガティノーを含め連邦政府の行政機関が集中する行政都市である。, カナダにはアメリカの首都ワシントンD.C.とは違い、連邦政府の特別地区(Capital District)が存在せず、オタワはオンタリオ州内の一都市となっている。行政レベルはトロントなどと同じ単一層自治体に位置づけられる。, オタワはケベック州の都市ガティノーを含めた周辺都市とでオタワ首都圏(NCR、National Capital Region)を形成している。, 2006年の市域人口はおよそ81万人でカナダ国内ではトロント・モントリオール・カルガリーに次ぐ4番目。広域圏の人口は113万人を数えるが、カナダの中ではトロント等のような大都会というわけではない。, 1826年~1831年に軍事的目的でオタワ川とオンタリオ湖を結ぶリドー運河が建設されたが、この時測量を担当した軍人の名にちなんでバイタウン(Bytown)の小村が生まれ、これが今日のオタワの母体となった。, 1854年に市街再編、川の名からオタワに改名された。当時首都の決定を巡ってケベック、モントリオール、キングストン、トロントの4都市が激しく競い合ったが、1858年、ビクトリア女王の独断で英仏両勢力のほぼ境界に位置するオタワ(当時人口は約2万人)が選定された。, 第二次世界大戦中、オランダのユリアナ王女はカナダへ亡命し、オタワに身をよせていた。ユリアナ王女はオタワ滞在中に出産を迎えたが、カナダは出生地主義であり、カナダ領内で生まれた子供には自動的にカナダ国籍が与えられるため、二重国籍を認めていないオランダの法律下では生まれた子供がオランダ国籍を喪失する恐れがあった。そのため、カナダ政府は病室を一時的にカナダ領から外す特別措置をとった。この時に生まれたのが、ユリアナ王女の三女(ベアトリクス前女王の妹)マルフリート王女である。オランダ王室はこの恩義の返礼と感謝の意を込めて、毎年チューリップの球根を贈っている。オランダとの友好をも意味するチューリップが毎年5月にチューリップ・フェスティバルの会場いっぱいに咲くことから、オタワは「チューリップ・シティ」とも呼ばれる。その数は10万本以上で世界最大規模のチューリップ・フェスティバルとなっている。同会場のインターナショナルパビリオンには、日本のパビリオンもあり、地元の日系人関係者が日本パビリオンを主催している。, 1916年の大火で古い建物の多くは焼失しているが、連邦政府の議事堂は丘の上にあるため「パーラメント・ヒル(Parliament Hill)」と呼ばれ、そのゴシック様式の建物は観光の目玉になっている。他にも首相官邸(24 Sussex Drive)、カナダ総督の公邸リドーホール、ノートルダム聖堂がある。, また数々の美術館や博物館があり、ガラス張りのナショナル・ギャラリーやカナダ現代写真美術館 (Canadian Museum of Contemporary Photography) 、カナダ戦争博物館 (Canadian War Museum) 、カナダ科学技術博物館 (Canada Science and Technology Museum) 、カナダ自然博物館 (Canadian Museum of Nature) 、カナダ農業博物館 (Canada Agriculture Museum) 及びカナダ航空博物館 (Canada Aviation Museum) などがこれに含まれる。さらに、カナダ文明博物館 (Canadian Museum of Civilization) がオタワ川対岸のケベック州ガティノーにある。, 行政官庁が多くあり、研究機関も多い。ハイテク産業も盛ん。オタワ郊外ではこの町の発祥の基礎となった林業が依然として重要な産業であり、さらにパルプやセメントの生産も行われている。また、北西160kmのディープリバーの近くに、原子炉の研究で世界的に知られたチョークリバー研究所がある。, オタワ・カールトン地域交通公社(OC Transpo)によってオタワ市内や隣のケベック州ガティノーなど各地へバス路線が運行されている他、以下の市内交通が運行されている。, 2006年国勢調査によるとケベック州ガティノーなどを含むオタワ都市圏の人口は148万8,800人でトロント、モントリオール、バンクーバーに次ぐカナダ第4の都市である。周辺部を含まないオタワ市の人口は 81万2,129人である。 そのうち、外国生まれが22.3%を占める。, 市内にはイタリア人街や中華街、ユダヤ人街が点在し、ソマリアからの難民が多いのが特徴である。インドシナ難民の受け入れをオタワが積極的に行ったため、ベトナム、カンボジアからの難民も多い。レバノン人コミュニティはモントリオールに次ぐ規模である。, ケベック州に隣接するため、フランス語系住民の数は12万人に上り、ケベック州以外の都市では最大である。市民の62.6%が英語を、 14.9%がフランス語を使用し、多くの市民は英語とフランス語のバイリンガルである。他には、中国語 (3.1%)、アラビア語 (3.0%)、イタリア語(1.3%)、スペイン語(1.2%)などが話されている。, 首都としては、モンゴルのウランバートル、カザフスタンのアスタナに次いで、寒さの厳しい都市である。ケッペンの気候区分によれば、亜寒帯湿潤気候(Dfb)に属し、冬季は1月の平均気温は-10.3℃。北極寒波に覆われると-30℃以下まで下がり、日中でも氷点下20℃以下までしか上がらないことも珍しくない。年間降雪量は223.5cmと北米の中では最も多い部類に入るが、日本の豪雪都市と比べると少ない。冬季には完全に凍りついたリドー運河がスケートリンクに変身し、通勤・通学する市民で賑わう姿はオタワの風物詩になっている。夏季は比較的気温が高くなり、好天ならば昼は30℃を超える真夏日となる。, 2010年12月1日以降の市長はジム・ワトソン(英語版)。2014年に再選、2018年に3選を果たしている。, オタワ市 | カワーサレイクス市 | グレーターサドバリー市 | チャタム・ケント市 | トロント市 | ノーフォーク郡 | ハミルトン市 | ハルディマンド郡 | ブラント郡 | ブラントフォード市 | プリンスエドワード郡, ウォータールー地域 | オックスフォード郡 | ダラム地域 | ナイアガラ地域 | ハルトン地域 | ピール地域 | マスコーカ地域 | ヨーク地域, ウェリントン郡 | エセックス郡 | エルジン郡 | グレイ郡 | ストーモント・ダンダス・グレンゲリー連合郡 | シムコー郡 | ダファリン郡 | ノーザンバーランド郡 | パース郡 | ハリバートン郡 | ピーターボロ郡 | ヒューロン郡 | ブルース郡 | プレスコット・ラッセル連合郡 | フロンテナック郡 | ヘイスティングス郡 | ミドルセックス郡 | ラナーク郡 | ラムトン郡 | リーズ・グレンビル連合郡 | レノックス・アディントン郡 | レンフルー郡, アルゴマ地区 | ケノーラ地区 | コクレーン地区 | サドバリー地区 | サンダーベイ地区 | ティミスカミング地区 | ニピシング地区 | パリーサウンド地区 | マニトゥーリン地区 | レイニーリバー地区, ウィンザー | オリリア | ガナノクエ | キングストン | クインテウエスト | ゲルフ | ストラトフォード | スミスフォールズ | セント・メリーズ | セント・トーマス | バリー | ピーターボロ | プレスコット | ブロックビル | ペンブルック | ベルビル | ロンドン, 各列内は五十音順。| 1 カリブ海地域にも領土を有する。| 2 中央アメリカと南アメリカに跨っている。| 3 南アメリカにも分類され得る。, Canadian Museum of Contemporary Photography, 2006 Community Profiles | Community Highlights for Ottawa (City), 2006 Community Profiles | Community Highlights for Ottawa - Gatineau (Census metropolitan area), 1981 to 2010 Canadian Climate Normals station data OTTAWA MACDONALD-CARTIER INT'L A カナダ環境省, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=オタワ&oldid=80263260.