民主主義とはなんなのだろうか。現在、民主主義を疑う人は少ない。しかし、古来より民主主義は完璧で理想的な制度でもなんでもなかった。だが、残り続けている。そこにやはりなんともいえぬ価値があるのかもしれない。 民主主義は、統治者の権力濫用を制御するものとしてではなく、むしろ多数者の恣意的な権力を表すものとしてとらえられるのである」(齋藤[2006:811]) 「民主主義の理想のひとつは、人々の合意や同意に基づいて政治を運営することにある。 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 政治権力の用語解説 - 政府あるいは国家において明示される,人間の人間に対する支配力ないし影響力。 b.ラッセルはこれを「意図された効果を生み出す力」と定義している。また d.イーストンは勢力の一部としてとらえる。 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - ダールの用語解説 - [生]1788.2.24. ロバート・アラン・ダール(英語: Robert Alan Dahl、1915年12月17日 - 2014年2月5日[1] )は、アメリカ合衆国の政治学者。イェール大学名誉教授(スターリング記念寄付講座教授号)。, アイオワ州生まれ。アラスカ州で幼少期を過ごし、ワシントン大学卒業後、1940年、イェール大学大学院から博士号取得。農務省勤務および兵役(1944年-1945年)を経て、1946年からイェール大学で教鞭をとり、1986年に退官。1966年から1967年までアメリカ政治学会会長を務めた。1995年、ヨハン・スクデ政治学賞を受賞。, アメリカ政治学界の「長老」と評される。旺盛な著作活動と、沢山の優秀な政治学者を育てたためである。ダールのおかげでイェール大学の政治学部は国内屈指の影響力を得たという者もいる[誰? 5. 『ポリアーキー』(Polyarchy: Participation and Opposition)とは1971年にアメリカの政治学者ロバート・ダールによって著された民主主義を主題とする政治学の作品である。 女性のいない民主主義 前田健太郎 5/18(月)小山晴生 今日は2章! 1.現代の民主主義 シュンペンター「選挙を通じた政権交代の可能性があるか」 ポリアーキー「普通選挙が認められているか」 シュンペンターとダールのポリアーキーの民主主義定義の違い ダールの提唱する手続き的な民主主義論について教えてください。アメリカの民主主義は本当の民主主義ではないと言われているが、ダールは多元主義の見方からアメリカを擁護していると聞きました。これはどういうことでしょうか?教えてく 多元主義とは、ロバート・ ダールの用語である。ダールは多元主義を、民主主義に不可欠な制度の一部として次のように述べている。 『(多元主義とは)市民が自分の意見を表明する権利を適切に保護し、市民が他の人々と連帯して政治生活に実 彼の発案は、民主主義の定義において、かなり緩いものと言える。 ちなみに、彼の定義に近い「競争的な選挙が行われているかどうか」という、シンプルな観点で各国を民主主義と独裁に分類したdd指標というものがある。 続いて、ダールの考えを紹介する。 手続き的民主主義とその限界 民主主義を実質的なものにするには対話や直接行動も重要 手続き的民主主義とその限界 民主主義には多様な定義がありますが、その中でもロバート・ダール博士の手続き的民主主義が有名かと思います。 「民主化」という言葉は、日本語の用法から言って、「民主主義(体制 )になること」という意味であろう。では、「民主主義(体制)」とは何か。 民主主義を論ずる場合に、米国の政治学者ダールの著書『ポリアーキー』 2における定義がしばしば援用され 連する民主主義理論には、大別すると、政治に対するアクセスの直接性を 重んじる「参加民主主義理論」の系譜と、政治参加を間接的な形に留め置 き政治の効率性を優先する「エリート民主主義理論」の系譜があることは よく知られている。 では、 「民主主義(体制)」とは何か。 民主主義を論ずる場合に、米国の政治学者ダールの著書『ポリアーキー』 2における定義がしばし ば援用される。しかし、その定義が支配的な定義となったわけではない。たとえば、 6 版を重ねて今 ダール「ポリアーキー」 † R.ダールが提唱した政治体制の分析概念。多頭制とも言われる。 ダールは政治体制を、「競争(野党などの批判勢力が成立しやすいか)」と「参加(多くの人が政治に関与するのがたやすいか)」という二つの軸を使って四つに分類した。 『ポリアーキー』(Polyarchy: Participation and Opposition)とは1971年にアメリカの政治学者ロバート・ダールによって著された民主主義を主題とする政治学の作品である。, 政治学者のダールは1915年に生まれ、軍隊や農務省での勤務を経て1950年に『議会と外交政策』を発表して政治学の研究に携わるようになった。その政治研究の業績は各方面から高く評価されており、本書『ポリアーキー』も民主主義の政治科学的研究である。その民主主義の体系的な理論と具体的な可能性の検討を備えた現代政治学における民主主義理論として注目されている。その方法論は実証的であり、さまざまなデータに基づいた比較検討が行われている。, ポリアーキーとはダールにより定義された用語であり、モナーキー(単独による支配)、またオリガーキー(少数による支配)に対して「多数による支配」を意味する。ダールはポリアーキーを特定するために政治参加と政治競争の程度を指標として持ち込むことで、政治参加が幅広く認められており、かつ政治競争の程度が高度である体制をポリアーキーと定め、そうでない体制を抑圧体制と論じる。, ポリアーキーが機能する政治的条件は多様性を持っており、それぞれの国民の状況において実現する可能性があると指摘する。ポリアーキーが成立、維持されるかどうかはいくつかの政治的諸条件に依存している。それはポリアーキーに関する歴史的条件、社会経済的秩序、不平等と不満の拡散、文化的要因、政治活動家の信念、外部的要因としての外国支配の七種類の要因によって左右される。抑圧体制であっても、政府に対してより大きな参加と批判をもたらすことができれば、ポリアーキーがもたらされる可能性もあるとダールは考えている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ポリアーキー_(ダール)&oldid=53366617. 現代民主主義論. ベルゲン[没]1857.10.14. 現在の日本では、民主主義による政治が行われていますが、民主主義は正しい仕組みなのでしょうか。そもそも民主主義とは何なのでしょうか。本来、民主主義はどうあるべきなのでしょうか。ここでは民主主義について考えていきたいと思います。 本棚に放置されていたロバート・ダール『ポリアーキー』(高畠通敏・前田脩訳,岩波文庫,2014年10月)を読んだ。ダールの偉いところは,民主主義という定義が多様で測り難い概念に代えて,ポリアーキーという測定可能な概念を設定したところにある。 『女性のいない民主主義』(岩波新書)というタイトルを見て、その通りだと膝を打つ人が少なくないだろう。男女平等の戦後の憲法にもかかわらず、何かと女性は差別されている。最近では私立医学部の男子学生優遇問題が記憶に新しい。夫婦別姓もしばしば論議になる。 解説の馬場氏が指摘しているように、民主主義の可能な条件という問題を基本的な思考軸に据えたダールの考察は広い範囲に及ぶものであり、「政治学はこのようなものであり得たし、今もあり得る」(p.191)ことを実感させられる書物である。 現代の西洋の民主主義は、社会的、経済的、宗教的、文化的、領土的、集団など、さまざまな公共の利益としての地位を占めているため、多元主義と呼ばれることがよくあります。 同じ多様性は、これらの利益の表現形式のレベルにも位置しています - 協会や労働組合、政党、社会運動など。 民主的正統性と公私再定義 ―ステークホルダー・デモクラシーのグローバルな実現へ向けて― 松 尾 隆 佑 Ⅰ.序論―― ダールのジレンマとガバナンス論の隘路 ある政治的決定の影響が不確定な広範囲に及びうるとき,当該の決定に民主的正統性を )に定義されており,民主主義 指標もこの手続き的定義に依拠している (Munck and Verkuilen 2002, p. 9).民主主義の 手続き的定義とは,民主主義という概念のなかに, 独裁や民主主義において発生した … 政治学を代表とする民主主義論としてダールのポリアーキーを考えてみよう。 恒川 惠市は『(前略)民主主義体制を構成する必要要素(到達点)が厳密に定義されている センサスはない。だから民主主義をめぐる議論には、定義をめぐる「意味論的泥沼」に陥 る危険性がつきまとっている。 そこでロバート・a・ダールは、民主化を促進したり阻害したりする社会経済的条件 … 20世紀になると,国による多少の時期の違いはあるものの,民主主義体制は追求すべき理想の体制であるというよりは,すでに実現した,もしくは実現しつつある現実の制度であると意識さ … した。この定義が「手続き的民主主義」と呼ばれるものである。 この定義を受け継いだ研究者の一人がダールである。彼もシュムペーターと同様に、 政治的な理想と現実の政治制度を区別する必要性を説き、理念としての民主主義とは区 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - ポリアーキーの用語解説 - アメリカの政治学者 r.a.ダールが民主主義概念における価値や多義性を排するために民主政治における手続的な側面に着目し考案した民主的政治体制の概念。多頭制と訳されることもある。 a.アーブラスター『民主主義』、昭和堂 a.d.リンゼイ『民主主義の本質』、未來社 g.セイバイン『デモクラシーの二つの伝統』、未來社 r.a.ダール『デモクラシーとは何か』、岩波書店 j.ランシエール『民主主義への憎悪』、インスクリプト ドレスデンノルウェーの風景画家。コペンハーゲンのアカデミーに学び,1818年ドレスデンに,その後イタリアに遊学。 24年ドレスデンのアカデミー教授となり同地に住む。 ]。, 1960年代にアメリカ合衆国の政治の本質を巡りライト・ミルズと有名な論争を行った。ミルズの考えではアメリカの各州の政府はごく少数の一致団結したエリートたちの手に握られている。これに対してダールは、エリートといっても多種多様で、相互に緊張もあれば歩み寄ることもあるとした。ダールの考えでは、そこにあるのは大衆迎合的な民主主義ではないが、少なくともポリアーキー(つまり多元主義)ではある。1961年刊行の『統治しているのは誰か』はダールの有名な著作の1つであるが、この本で彼が行っているのは、ニューヘイブンという都市を動かしている(公式的と非公式的を問わない)権力構造を分析することであり、このケーススタディによって自説を立証しようとしたのである。, もう1つの代表作『民主主義とその批判』(1989年)ではダールは民主主義概念を再検討している。近代国家で民主主義の理想を実現した国はない。ダールによれば、その代わり政治的先進国は、「ポリアーキー」の状態にある。ポリアーキーの下では公職従事者は自由で公正な選挙によって選出される。包括的な投票が行われ、公職を求める権利(立候補権)が認められ、表現・報道・結社の自由が保証されている。これらの制度のおかげで、政治権力の中心が複数生じる。しかし、これは民主主義の基準を満たさない。民主主義に要求される徹底した市民参加や厳重な政策監視を実現している国家は、ダールによれば1つもないのである。, 2001年の『アメリカ憲法は民主主義的か』では、合衆国憲法の起草者たちは将来について「まったく何も知らない」という立場に立って憲法を作ったため、本来あるべき民主主義がそこにはないと述べている。しかし、ダールが言うには「民主主義の崩壊という欠損が起こることを私は予見しているわけではないし、もちろん望んでいるわけでもないが、それについてできることはほとんど、あるいはまったくないのである」とされた。, http://politicalscience.yale.edu/news/robert-dahl-sterling-professor-emeritus-political-science-passes-away, http://www.asahi.com/articles/ASG290TYWG28UEHF00H.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ロバート・ダール&oldid=70680033. 機関による「民主主義」の定義・解説を,約30種類,紹介します2)。政治における 政治における 他のいかなる重要な概念よりもいっそう,民主主義は基礎的ですが,同時により多 ロバート・アラン・ダール(英語: Robert Alan Dahl、1915年12月17日 - 2014年2月5日 )は、アメリカ合衆国の政治学者。イェール大学名誉教授(スターリング記念寄付講座教授号)。 政治哲学者のチャールズ・ブラットバーグは、民主主義の必要条件と十分条件を一度に定義しようとするダールの試みを批判している(See Blattberg, From Pluralist to Patriotic Politics:Putting Practice First, Oxford and New York:Oxford University Press, 2000, ch.