リーズ、西鉄のエース稲尾和久は7戦中6戦で登板し、4完投。「神様、仏様、稲尾様」と呼ばれた。 リーズに進んだ。前年と同じ日本ハムに初戦黒星も第2戦からは3連勝で王手をかけると第5戦では先発の山井が8回まで完全投球。 プロ野球、日本シリーズの第3戦が福岡市のPayPayドームで行われ、ソフトバンクが巨人に4対0で勝って3連勝とし、4年連続の日本一に王手をかけました。, 日本シリーズはソフトバンクが2連勝し24日からソフトバンクの本拠地、PayPayドームに舞台を移して第3戦が行われました。試合はソフトバンクが3回、2番・中村晃選手のツーランホームランで先制しました。そして7回には中村選手のタイムリーヒットなどで2点を加え、4対0と突き放しました。投げては先発のムーア投手が7回をノーヒットに抑える好投を見せたほか、3人の投手リレーでヒット1本に抑え、ソフトバンクが4対0で勝ちました。これで3連勝としたソフトバンクは4年連続の日本一に王手をかけました。敗れた巨人は先発のサンチェス投手が7回途中3失点と試合を作りましたが、打線がソフトバンクの投手陣に対し、9回までヒットを打つことができませんでした。第4戦はあすもPayPayドームで午後6時半から行われます。, ソフトバンクは先発したムーア投手の好投と工藤公康監督が見せた執念の継投策で快勝しました。, ヒット1本の完封負けで3連敗を喫した巨人の原辰徳監督は、「全員が悔しい思いをしている。きょうのうちに反省するところはしてあすに備えてゆっくり休んで目が覚めたら覚醒してもらいたいね。もう前に行くしかないわけだから、そういう気持ちですよね」と話していました。, 巨人の元木大介ヘッドコーチはソフトバンクの3人のピッチャーに対してヒット1本に抑えられた打線について、「負ける時はチャンスで打てない。それをああだこうだ言ってもしかたがない。いつももう1本出ない。それを出すために一生懸命やっているんだけどね」と振り返りました。, 7回途中まで投げて3失点だった巨人の先発・サンチェス投手は、「集中して何とか自分の持ち味を出せたと思うが、先制点を与えてしまったことが悔やまれる」と話していました。, 25日行われるプロ野球、日本シリーズ第4戦の予告先発が今夜の第3戦の終了後に発表されました。. ¨äººã‚’下し、3連勝で4年連続日本一へ王手をかけた。 リーズ第4戦を迎えることになった。 過去に3連敗からの4連勝を果たし、日本一に輝いたのは3回ある。 ¨äººã€‚こうなってくると気になるのは、原監督の去就です。原監督は辞任するのか?次期監督候補は誰なのか?と言ったところを考えてみました。 .side_related-btn {display : none !important;}, 「審判はクビに」「ひどすぎ」 ど真ん中160キロの“ボール判定”にファンから批判殺到. ¡ã‚Šã€ãƒãƒƒãƒˆä¸Šã§ã¯ã€Œ33×4=132」の書き込みが相次ぎ、盛り上がっている。 リーズ4連勝で4勝を飾った大エースは? リーズワーストタイの9連敗となった。この試合では両チームの合計スコアが話題になっていた。 第1戦)。 過去に「3連敗4連勝(3敗1分けから4連勝含む)」で逆転したのは3例。 - goo.ne.jp リーズで4連敗したが、しかし読売本体は4連勝していたのである。 、90年の対西武に続き、3度目の屈辱となった。 【関連記事】 ピックアップ 燕村上は“記録的”大台、楽天浅村5億円、ハム清宮は増額…各球団発表 7日の契約更改は?, 現役続行をかけトライアウトに挑んだ“ドラ1” 由規が148キロ、伊藤隼が意地の一打, 「現役引退まで必要とされる選手でいたい」 秋山翔吾が抱く侍ジャパンへの熱い思い(侍ジャパン応援特設サイトへ), ソフトバンクは25日、本拠地・PayPayドームで巨人を4-1で破り、日本シリーズ4連覇を達成した。2018年の第3戦からのシリーズ連勝記録を12に伸ばし、巨人はシリーズワーストタイの9連敗となった。この試合では両チームの合計スコアが話題になっていた。, 【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法, 初回に巨人が若林、坂本の連続二塁打で先取点を奪ったが、直後にホークスは柳田の2ランですぐさま逆転。するとツイッターでは「あと9点」がトレンド入り。さらに甲斐の2ランが飛び出すと「あと7点」と続いた。プロ野球に詳しくない人には「?」な言葉だが、これは2005年の日本シリーズの合計スコアまでのカウントダウンだった。, 05年の阪神対ロッテの日本シリーズではロッテが第1戦で10-1、第2戦を10-0、第3戦も10-1で大勝。そして第4戦は3-2で競り勝ち日本一を手にしたが4戦のスコアが「33-4」と一方的な展開となりファンの間では伝説となっていた。, 今回のシリーズでもソフトバンクが第1戦を5-1、第2戦は13-2、第3戦が4-0、そして第4戦が4-1となり合計スコアは「26-4」。“伝説のスコア”とはまではいかなかったが、ホークスの強さが際立った4試合にSNS上では「ホークス本当に強い」「スコア以上の実力が出た」「パ・リーグの実力が如実に…」「33-4以上の実力差」と多くのコメントが上がっていた。(Full-Count編集部), 巨人、4連敗で屈辱の日本シリーズ 史上ワーストのチーム打率.132、16安打、4得点, #menu-sp-v2-header {margin-left: 0;} ¨äººã«4対0で勝って3連勝とし、4年連続の日本一に王手をかけました。