商品状態 - 2,200 円. DVD ¥20,000. DVD ¥20,000. 2020.12.2 07:30 【ダンカンが語る水島先生】1985年の阪神優勝時に作った記念の手ぬぐいに川藤さんの着流しイラスト 1970年のシーズンは首位巨人に僅か2ゲーム差の2位に終わりました。もしこの年阪神が優勝していたら…。 1. 送料無料. 1964年の東京五輪の年も阪神が優勝していたことから、高 … 阪神の1985年日本一、2003年・2005年のリーグ優勝、喜びを爆発させ道頓堀川に飛び込むファンまで現れた。 気持ちはわかるが、道頓堀川に飛び込む行為は本当に危険なので絶対にやめていただきたい。 大阪市からも警告!道頓堀川には飛び込まないで! 5つ星のうち 4.4 6. 阪神タイガース2003年優勝記念メダル・2005年優勝記念メダル2個セット . 2.16 位 巨人 優勝 10回 日本一 5 回 2.40 位 西武 優勝 7 回 日本一 2 回 2.68 位 福岡 優勝 8 回 日本一 7 回 2.96 位 中日 優勝 5 回 日本一 1 回 3.36 位 北海 優勝 5 回 日本一 2 回 3.48 位 東京 優勝 4 回 日本一 3 回 3.88 位 阪神 優勝 2 回 日本一 0 回 登録情報 アスペクト比 : 1.37:1; Is Discontinued By Manufacturer : いいえ; 言語: : … この年は大阪万博が開催されたこともあり、それと合わせて大阪の町は大きく盛り上がっていた。 2.1. 巨人のV9はV5になっていた。 2. 人気と資金力は球界でトップクラスにもかかわらず、12年もの間、セ・リーグ優勝から遠ざかっている阪神タイガース。コンスタントに優勝争いを演じながら、あと一歩、頂点に届かない理由とはいったい何か? そして、「下剋上」により32年ぶりの日本一にたどり着くために必要なものとは――。, 78勝61敗4分、勝率.569――。2017年、阪神タイガースは優勝した広島東洋カープから10ゲーム差の2位でレギュラーシーズンを終えた。連覇を果たした広島に独走を許したとはいえ、セ・リーグ5球団の中では最後まで広島に食らいつき、優勝争いも演じた。 特に今季は就任2年目の金本知憲監督が昨年に続き若手を積極起用。エース藤浪晋太郎、在籍8年で6度の2ケタ勝利を記録したメッセンジャーらが離脱する中で昨季の4位から順位を上げたことは、来季以降に向けて大きな手ごたえとなったのは間違いない。 クライマックスシリーズでも本拠地・甲子園球場に3位・横浜DeNAベイスターズを迎える。2014年にはシーズン2位から日本シリーズ進出を果たしており、その再現なるかにも注目が集まっている。 若手の成長、チームの好調……。一見して、プラス要素しかないように思える近年の阪神。しかし、忘れてはいけない。この球団は2005年を最後に実に12年間、優勝から遠ざかっているのだ。多くのプロ野球ファンがご存知のように、阪神は80年代後半から00年代頭まで、万年Bクラス、万年最下位という「暗黒期」を経験している。そこに風穴を開けたのが2002年に監督に就任した星野仙一(現・楽天イーグルス副会長)。「闘将」と呼ばれた星野は負け癖が染みついていたチームに勝利への強い意志を植え付け、就任2年目の2003年にチームを18年ぶりのリーグ優勝へと導いた。星野監督の後を継いだ岡田彰布も、就任2年目の2005年にジェフ・ウィリアムス、藤川球児、久保田智之の「JFK」を擁してリーグ制覇。3年間で2度のリーグ優勝を果たした阪神は「ダメ虎」から一気にリーグ屈指の強豪球団へと変貌を遂げた。 確かに2006年以降の阪神はコンスタントに優勝争いを演じ、Aクラスが指定席となっている。この12年間のリーグ順位を見ると、2位6回、3位2回、4位3回、5位1回。最下位は一度もなく、Aクラスは実に8回。「強豪」と呼ぶにふさわしい数字だ。しかし、これが12年間優勝から遠ざかっているという現実から、チーム、そしてファンの目をそらしているという見方もできるのではないだろうか。 阪神というチームは、日本プロ野球の中では巨人に次ぐ歴史を誇り、人気面、資金面でも12球団トップクラスの老舗球団だ。事実、2017年のチーム総年俸はソフトバンク、巨人に次ぐ3位。本拠地観客動員数はその2球団を押さえて堂々の1位に輝いている。人気もあり、資金力もあれば、当然チームは勝利へと近づくはず。しかし、阪神が優勝を逃し続けたこの12年間で、巨人は6度、ソフトバンクは5度、リーグ優勝を果たしている。人気面でも資金面でも大きな差はないはずなのに、なぜ阪神だけ優勝できないのか。, 阪神と巨人、ソフトバンクの最大の違い。それは、「育成力」に他ならない。資金力があるぶん、FA選手や元メジャーリーガー、助っ人外国人の獲得に積極的なのは3球団の共通点。この部分においては、3球団に大きな差はない。阪神は決して補強の上手な球団というイメージはないが、この12年間を見ると外国人であれば、ウィリアムス、シーツ、マートン、ブラゼル、スタンリッジ、メッセンジャーなど、チームの軸となるような優良外国人を多く獲得している。元メジャーリーガー組でいっても、費用対効果は別として城島健司、福留孝介らの獲得は一定の成果を残し、今季FAで加入した糸井嘉男も満点とはいえないがレギュラーとしてしっかりと結果を残している。 ただし、毎年の優勝チームを見るとわかるように、優勝には「補強」と「育成」のバランスが不可欠だ。ソフトバンクは今季獲得したデスパイネが本塁打、打点の二冠王を獲得したが、その脇を固める柳田悠岐、松田宣浩、今宮健太らは生え抜きの主力。投手陣も東浜巨、千賀滉大といった生え抜き組にサファテ、バンデンハークといった外国人投手が加わり、盤石の布陣を誇っている。 Bクラスに終わった巨人は近年こそ「育成面」で苦しんでいるが、2007~2009年、2012~2014年にリーグ3連覇を果たした背景には、高卒の坂本勇人や育成出身の山口鉄也らの力が大きく、一時は「育成の巨人」とまで呼ばれるほど生え抜き組の活躍が目立っていた。 現在、プロ野球界で「育成力」に定評のある球団はやはり広島、日本ハムの2球団だろう。ただし、このモデルケースは阪神の参考にはならない。両球団は球団創設時から決して資金面に恵まれていたわけではなく、限られた予算の中でいかに自前の選手を育てるかに尽力し続け、それが近年、ようやく実を結んでいる。積み上げてきた年月、ノウハウの重みが違うのだ。 残酷な言い方かもしれないが、現在の阪神に「お金をかけずに選手を育成する」ノウハウは存在しない。広島や日本ハムを手本にしても、結果を出すには相当な時間がかかるだろう。やはり、モデルケースとして最適なのはソフトバンクのような球団だ。ソフトバンクは現在、二軍だけではなく三軍も設置。2016年には巨額を投じ、「HAWKSベースボールパーク筑後」というファーム施設を建設した。育成選手の保有数も今季開幕時点で12球団最多の24人と、その資金力を「補強」だけでなく「育成」にも惜しみなく注いでいる。 プロ野球にはなぜか「補強にはお金がかかる」というイメージが強い。それは間違いないのだが、実は「育成にもお金がかかる」ということはあまり叫ばれていない。確かにお金をかけずに選手を育成する方法もあるかもしれないが、練習設備などの充実やコーチ、スタッフの人件費など、充実した育成制度の実現にはそれなりに予算が必要になる。そこにいち早く気付いたのがソフトバンクであり、巨人だった。 筆者は以前、監督就任前の金本知憲氏にインタビューをしたことがあるが、その時も阪神の育成システムについて強い口調で苦言を呈していた。 「二軍を見ても、同じようなタイプしかいない。投手ならみんな同じようなきれいなフォームでクイックやバント処理がうまい器用なタイプ。野手ならバットコントロールに優れ、足が速くて小技のきくタイプ。要は、すぐに一軍に上がれる可能性の高い『使い勝手の良い』選手ばかり」 確かに金本監督就任前の阪神には、そういった選手が多かった印象が強い。裏を返せば一軍ですぐに使えるような完成された選手でなければ、一軍レベルに育て上げることができない、ともとれる。ある意味、チーム全体が選手の育成を放棄していたのが、この12年間、優勝から遠ざかってしまった原因だったのかもしれない。 12年間で2位6回、3位2回。この結果は阪神が「強豪球団」に変貌した証などではなく、資金力をフル活用した「補強の力」だけでつかみ取れる限界値だったのではないだろうか。 幸いにして、金本監督の就任前後から、球団は「育成」に大きく舵を切った。昨季は北條史也、原口文仁、横田慎太郎、江越大賀、髙山俊らが、今季は中谷将大、大山悠輔が台頭。あとは今季苦しんだ藤浪晋太郎を筆頭に、若手投手陣がしっかりと育ち、野手陣が一本立ちしてくれれば……。 阪神の人気、そして資金力は大きなアドバンテージとなる。その利点をいかに「育成」に落とし込めるか。, 今季の阪神は12年ぶりのリーグ優勝を逃した。しかし1985年以来、32年ぶりの日本一への道はまだ残されている。10月14日に開幕するクライマックスシリーズを勝ち上がれば、「下剋上」で日本シリーズに進出することができるのだ。 当然、ファーストステージで対戦するDeNA、勝ち上がった際にファイナルで対戦することになる広島は、簡単な相手ではない。阪神が日本シリーズへコマを進めるためには、シーズンの戦いに+αが求められる。その+αこそが、未知数の生え抜き若手選手なのだ。 金本監督がルーキー・大山悠輔の4番起用を示唆していることからも分かるように、短期決戦では「シリーズ男」と呼ばれる選手が勝敗の行方を大きく左右する。経験豊富、百戦錬磨のベテラン勢はある程度計算できるが、そこに今季頭角を現した若手が「爆発力」を加えることができれば、日本シリーズ進出、その先の日本一はグッと近づく。 光は、間違いなく差し込んでいる。優勝から遠ざかっているこの12年間。届きそうで届かなかった頂点をつかむために、阪神には今、大きな変化が求められている。 <了>, 4月4日に京セラドーム大阪で行われた阪神の今季ホームゲーム開幕戦、ヤクルトとの試合で乱闘騒ぎがあった。きっかけを作ったのは、立ち上がりからボールを思うようにコントロールできない阪神の先発・藤浪晋太郎だった。, 投手豊作年だった2016年秋のドラフトで阪神が1位指名したのは、スラッガータイプの野手だった。生え抜きの和製大砲が長らく不在という状況が続いているだけに、その決断には球団としての危機感が伝わってくる。はたして、選ばれた男・大山悠輔(白鴎大)の実力はいかに?, 近年、多くのプロ選手を輩出してきた富士大から4年連続となるドラフト指名を受けたのは、長身の本格派右腕・小野泰己だった。時折、目の覚めるような球を見せながら、それが続かない。そんな歯がゆい大器の“片鱗”にスポットライトを当ててみたい。, 怪我と戦い続けたプロ野球選手としての13年間のキャリアと、その後待ち受けていた第2の人生。株式会社RIGHT STUFF主催のセミナー、「アスリートの競技生活とその後に続くキャリア」にて、かつて阪神タイガースや埼玉西武ライオンズで活躍した藤田太陽が自身の経験を語った。, 4月21日、2軍への降格を言い渡された、阪神・藤浪晋太郎。エースとして期待されながらも長い不調に苦しむ怪物の復活には、何が必要になるのだろうか。問われるのは球団の自覚と覚悟だ。(文=花田雪), 1983年生まれ。神奈川県出身。編集プロダクション勤務を経て、2015年に独立。ライター、編集者として年間50人以上のアスリート・著名人にインタビューを行うなど、野球を中心に大相撲、サッカー、バスケットボール、ラグビーなど、さまざまなジャンルのスポーツ媒体で編集・執筆を手がける。. 2003阪神タイガース公式優勝記念dvd~虎戦士が選んだあの試合~ ... victory 2003 阪神を変えた男~星野監督・改革の舞台裏~ 優勝やで! 阪神タイガース2003優勝おめでとう!スルッとkansaiエスコートカード(1000円)です。未使用のまま保管してありました。目立つ傷みはありませんが、長期保管品となりますので、画像でご判断いただき、ご理解いただける方のみご入札をお願い致します。ノークレームノーリターンで All Rights Reserved. - 2003年阪神タイガース全記録 - [DVD] 阪神タイガース. 残り2点 ご注文はお早めに. 阪神優勝2003年9月、星野阪神タイガースが18年ぶりに優勝したのがもう7年前になりましたが、阪神のみなさんあの優勝した時の心境を思い出して教えて下さい! 弱い頃の阪神をみてきただけに、あの瞬間 … 匿名配送. 次に進む. 未使用!『阪神タイガース』“阪神優勝 猛虎襲来 2003” 優勝記念Tシャツ anvilボディ ホワイト サイズS/星野仙一 赤星 金本 桧山 . このオークションの出品者、落札者は ログインしてください。 この商品よりも安い商品. 1 件. ヤフオク!で探す; この商品をブックマーク. このオークションの出品者、落札者は ログインしてください。 この商品よりも安い商品. 即決 600円. 送料無料. 2020年11月19日. 1985年に阪神タイガースが優勝してから18年後の2003年、星野仙一監督が率いる阪神タイガースがセリーグで再び優勝しました。当時阪神が優勝しなければ「阪神優勝」の商標の問題はそれほど大きく取り上げられることはなかったと思います。 久しぶりの阪神優勝に涙流して万歳コール 翌日は早起きして新聞買いに行って部屋に今も飾ってる 下柳が6回間で投げてJFKが試合を締める 2005年も優勝して翌年も中日とのゲーム差を猛烈に縮める良試合連発 又這い上がって来い!! 10. ウォッチ 阪神優勝☆阪神タイガース優勝記念号☆週刊ベースボール10月4日号増刊特別付録完備. ジェフ・ウィリアムス、藤川球児、久保田智之のJFKをはじめとする強力な中継ぎ陣を擁して優勝したシーズンだった。 打撃ではMVPの金本、勝負強い打撃で打点王を獲得した今岡、盗塁王の赤星などタレントが揃っており、6回までに強力打線で先制し7回以降はJFKで締めるという戦い方で逃げ切ったシーズンだった。 監督:岡田彰布 成績:87勝54敗5分 勝率.617 優勝決定日:2005年9月29日 対巨人戦 日本シリーズ成績:0勝4敗 対千葉ロッテ この内、1985年は日本シリーズに勝利して日本一になっています。 また、1962年と1964年、2003年と2005年の優勝は、1年空いてからの優勝。 タイガース激闘の記録 永久保存版 [dvd] 星野仙一. ヤフオク!で探す; この商品をブックマーク. 楽天市場で探す ポイント最大7倍! 阪神タイガース 優勝 2003 2005 Joshin ジョーシン スポーツ新聞 雑誌 シール . 1985年に阪神タイガースが優勝してから18年後の2003年、星野仙一監督が率いる阪神タイガースがセリーグで再び優勝しました。当時阪神が優勝しなければ「阪神優勝」の商標の問題はそれほど大きく取り上げられることはなかったと思います。 © Copyright VICTORY SPORTS NEWS. 写真に写ったものが全てです。写真にないものは付属しません。・阪神タイガース 優勝dvd 1985年 2003年 (未開封)・dvdレンズクリーナー(未開封)・猛虎烈伝 優勝3連発(開封済) 開封品の盤面はきれいだと思います。 未開封品・開封品共に長期保管品ですので 2003年の阪神タイガース優勝記念煙草はプレミアがついていますか?オークションなどに出せばいくらぐらいになりますか? 2003年の阪神タイガース優勝記念煙草はプレミアがついていますか?オークションなどに出せばいくらぐらいになりますか? …続きを読む. 登録情報 アスペクト比 : 1.37:1; Is Discontinued By Manufacturer : いいえ; 言 … 阪神タイガース2003優勝おめでとう!スルッとkansaiエスコートカード(1000円)です。未使用のまま保管してありました。目立つ傷みはありませんが、長期保管品となりますので、画像でご判断いただき、ご理解いただける方のみご入札をお願い致します。ノークレームノーリターンで マイブックマークに 商品を追加する ヤフオク! 現在 1,200円. 楽天市場で探す ポイント最大7倍! 人気と資金力は球界でトップクラスにもかかわらず、12年もの間、セ・リーグ優勝から遠ざかっている阪神タイガース。コンスタントに優勝争いを演じながら、あと一歩、頂点に届かない理由とはいったい何か? そして、「下剋上」により32年ぶりの日本一にたどり着くために必要なものとは 星野仙一 監督率いる 阪神タイガース が、 18年振りの優勝を達成した日 である。 この年(2003年)、阪神タイガースは、長年にわたる暗黒時代を脱し、遂に優勝の栄光を手にした。 2020年11月19日. 阪神タイガース2003年メンバー表 監督及びコーチ22名 選手70+2-2名(投手31+2-1名、捕手8名、内野手16名、外野手15-1名) 打撃投手9名、ブルペン捕手3名. 阪神タイガース2003年セ・リーグ優勝の模様と、1985年にセ・リーグで優勝し、そして日本シリーズで日本一の栄冠に輝いた時の貴重な映像を収めた2枚組。 Amazon.co.jp: 猛虎優勝2003 [DVD]: 阪神タイガース: DVD メインコンテンツにスキップ ... 熱狂V1 ! 優勝の2~3週間後に 受け付け順にお届けいたします(送料無料)。 商品のお申し込み方法はこちらをご覧ください。 ★関連商品のご案内…★2003阪神タイガース優勝 記念メダルとカバーの特別セット 阪神タイガース 優勝 2003 2005 Joshin ジョーシン スポーツ新聞 雑誌 シール . 匿名配送. 【今日は何の日?】2003/9/15…阪神タイガース、18年振り優勝~暗黒の18年の苦闘(前)~. 阪神タイガース2003年優勝記念メダル・2005年優勝記念メダル2個セット . Amazon.co.jp: 猛虎優勝2003 [DVD]: 阪神タイガース: DVD メインコンテンツにスキップ ... 熱狂V1 ! 阪神 2003年優勝決定試合 [スポーツ] ようつべより転載この年の甲子園・阪神ファンは熱かった…フィールド駆け抜ける セ界一のスプリンター… (2002年版,2003年版,2004年版も見てください) ロッテ優勝おめでとさん。 阪神はどのツラ下げて御堂筋パレードするんかいな。 「今年はこれぐらいにしといたろか」 (虎ファンで有名な大阪学院大学教授・国定先生のお言葉) 本日より優勝マジック146点灯! 予想日. 18年ぶりのリーグ優勝を決めた阪神タイガース。阪神ブランドは今、最高潮に達しています。注目の阪神優勝グッズ&セールをピックアップしました。(2ページ目) ミニカー&クラシックカーの達人、「2003年阪神優勝記念と三菱トラック」2005年の阪神優勝モデルは? 今年は岡田監督仕様のバス? 発売されたら今年も買うぞ! 9月29日、優勝へのマジックを「1」としていた阪神タイガースが、甲子園で巨人を破り、ついにセ・リーグの頂点に立った。5度目 … この年(2003年)、阪神タイガースは、長年にわたる暗黒時代を脱し、遂に優勝の栄光を手にした。, 阪神タイガースは、12球団で一番と言っても良いぐらい、熱狂的なファンを多く有している球団であるが、, 実に18年もの長い間、その阪神ファンの熱烈な応援に応える事が出来ず、低迷を続けていた。, その阪神が、遂に1985(昭和60)年以来の優勝を成し遂げるまでには、実に長い長い「暗黒時代」が有った。, というわけで、今回は2003(平成15)年の阪神優勝と、優勝に至るまでの、阪神タイガースの苦難の道のりに、スポットを当ててみる事としたい。, では、まずは「前編」として、1985(昭和60)年の阪神優勝の栄光から、吉田義男、村山実監督時代の「第1期暗黒時代」の到来までを、ご覧頂こう。, <1985(昭和60)年10月16日…阪神タイガース、21年振りの優勝!!~1985(昭和60)年の「虎フィーバー」が最高潮に>, 1985(昭和60)年10月16日、この年(1985年)、真弓明信、バース、掛布雅之、岡田彰布らの強力打線が火を噴き、, 年間通して、快進撃を続けて来た、吉田義男監督率いる阪神タイガースは、遂に、優勝まで「マジック1」に迫っていた。, この日、神宮球場でのヤクルト-阪神戦で、阪神は勝つか引き分ければ、優勝が決まる、という状況である。, ヤクルトの本拠地である筈の神宮球場は、この日、日本全国から詰めかけた阪神ファンで、あっという間に埋め尽くされた。, この試合を見るために、数多くの徹夜組も出ていたが、報道陣が、徹夜で並んでいた阪神ファンに、, そう、阪神タイガースが、前回に優勝したのは1964(昭和39)年であり、その優勝から、実に21年もの月日が流れていたのである。, その待ちに待った優勝を一目見ようと、神宮球場には全国から阪神ファンが押し寄せていたが、神宮球場にはズラリと警官隊も出動し、厳戒態勢を敷いていた。, 10回表を終わった時点で、5-5の同点であり、10回裏のヤクルトの攻撃を0点で抑えれば、阪神優勝が決まる、という所まで漕ぎ着けた。, そして、10回裏、阪神の抑えの切り札・中西清起が、最後の打者・角富士夫を投手ゴロに打ち取り、ゲームセット!!, マウンド上には、あっという間に歓喜の輪が出来上がり、すぐさま、吉田義男監督の胴上げが始まった。, ベンチで「ヤジ将軍」として、首脳陣と選手達の間で、チームのまとめ役として働いた川藤幸三も、胴上げされた。, 実は、この年(1985年)、判で押したように「今年は、土台作り」という言葉を、念仏のように繰り返しているだけで、, なかなか、「優勝」という言葉は口にしなかったが、そんな風に慎重すぎる吉田監督に対し、, シーズン終盤、川藤は、「監督、そろそろ優勝っていう言葉を口に出して、選手の士気を高めて下さい!!」と言って、吉田監督に、ハッキリと「優勝を狙う」という言葉を言わせた、というエピソードも有ったが、, 何しろ、21年もの長い間、眠りについていた阪神タイガースを蘇らせ、遂には優勝に導いたのだから、吉田監督に対する賛辞も、当然であろう。, <「阪神21年振り優勝」で、大阪の街は大フィーバー!!~「道頓堀ダイブ」が続出し、何故か「カーネル・サンダース」人形が、胴上げされ、道頓堀に投げ込まれる騒ぎに…>, さて、阪神21年振り優勝が決まった途端、この時を待ちに待っていた大阪の街では、歓喜が大爆発した。, そして、阪神優勝が決まった直後から、大阪の街は多くの阪神ファンや、野次馬でごった返し、凄まじいドンチャン騒ぎになった。, 大阪の人達が、こよなく愛する阪神タイガースが、遂に優勝したのだから、その喜びは、ひとしおだったという事であろうが、, なお、道頓堀といえば、物凄く汚いドブ川であるが、そんな所に飛び込んでしまうという、「道頓堀ダイブ」が続出するほど、この夜の熱狂は凄まじかったという事である。, 何故か、「カーネル・サンダース」人形が、阪神ファン(※いや、この人達は本当に阪神ファンだったのだろうか…)から胴上げされ、遂には、道頓堀に、そのまま投げ込まれてしまった。, このように、「阪神21年振り優勝」に興奮した人達によって、乱痴気騒ぎが、あちらこちらで起こったのであった。, <1985(昭和60)年11月2日…阪神タイガース、日本シリーズで西武ライオンズを4勝2敗で破り、阪神が球団史上初の「日本一」達成!!~吉田義男監督の名声は、ますます高まり、吉田監督は第1期監督時代(1975~1977年)の「リベンジ」を果たす>, この年(1985年)の日本シリーズは、阪神タイガースと西武ライオンズが対決したが、, 阪神が、21年振りリーグ優勝の勢いそのままに、西武を4勝2敗で破り、遂に、阪神が球団史上初の「日本一」を達成してしまったのである。, 吉田義男監督の名声は、これで、ますます高まったが、吉田監督は、第1期監督時代(1975~1977年)には、思うような結果を残せず(3位⇒2位⇒4位)、退陣していたが、その「リベンジ」を果たした形となった。, しかし、「人生最良の1年」という事は、頂点に立ち、後は下り坂を降りて行くだけ、という言い方も出来る。, (※1985(昭和60)年の阪神タイガース…74勝49敗7分 勝率.602(優勝)、日本シリーズでは西武を4勝2敗で破り、「日本一」), <1985(昭和60)年「阪神21年振り優勝」の最大の立役者、ランディ・バース…打率.350 54本塁打 130打点で「三冠王」を獲得し、「日本シリーズMVP」も獲得~「神様仏様バース様」と、阪神ファンに崇められる>, 1985(昭和60)年の、阪神タイガース優勝、そして日本一の最大の立役者となったのは、, 日本シリーズでも、3試合連続ホームランと打ちまくり、阪神の日本一にも大きく貢献し、「日本シリーズMVP」も獲得した。, そのため、バースは阪神ファンから「神様仏様バース様」と、崇められるようになったが、, バースがあまりにも凄かったため、この後、阪神は、長らくバースの「幻影」を追い求める事にもなってしまった(※そして、それは今もなお、続いている)。, <1986(昭和61)年の阪神タイガース…「バース2年連続三冠王」、「ルーキー・遠山昭治の活躍」、「川藤幸三のオールスター出場&現役引退」etc…色々有ったが、60勝60敗10分 勝率.500で3位に終わり、連覇を逃す>, 1986(昭和61)年の阪神タイガースは、勿論、「連覇」を目指してスタートしたが、, 前年(1985年)の栄光の余韻に、まだ浸り切っていた阪神は、この年(1986年)、あまり目立った補強もしておらず、, 他球団としても、前年(1985年)は、阪神にしてやられたが、そうそう簡単に、阪神にばかり勝たせてなるものかと、対阪神の対策を、充分に練っていた。, この年(1986年)の阪神は、前年(1985年)の優勝で、気が緩んでいたというわけでもなかったであろうが、, まず、主砲・掛布雅之が、4月20日の中日戦で、斉藤学(中日)から手首に死球を受け、骨折で離脱をしてしまったが、, 結果として見れば、掛布はそれ以降、全く精彩を欠くようになってしまい、阪神も、勝ったり負けたりで、勝率5割前後をウロウロするような戦いぶりが続いた。, 打率.389 47本塁打 109打点で、何と、バースは「2年連続三冠王」を達成してしまった。, まさに、バースは別格とも言うべき存在であったが、彼が素晴らしいのは、このように、優勝した翌年にも、また「三冠王」を獲ってしまった、という事であろう。, なお、バースの「打率.389」は、未だに破られていない、1シーズンにおける、日本プロ野球史上最高打率である。, 八代第一高校出身の、高卒ルーキー・遠山昭治が、27試合 8勝5敗 3完投2完封 防御率4.22と、, 遠山は、阪神ファンの期待を一身に集める存在となったが、この後、遠山は長い間、低迷し、苦しみ抜く事となる。, 阪神一筋19年、「ナニワの春団治」と称され、阪神ファンから愛された男・川藤幸三は、, この年(1986年)、代打だけで、49打数13安打 打率.265 5本塁打 13打点と、, 「代打でシーズン5本塁打」という、プロ入り以来最高の成績を残し、プロ19年目にして、初のオールスターに出場した。, オールスターでは、川藤は代打で登場し、二塁打性の当たりを放ちながら、あまりの鈍足で、二塁の手前でアウトになってしまい、, 二塁ベース上で、川藤は苦笑いをするという一幕もあったが、これを花道として、川藤は19年の現役生活に別れを告げ、現役引退した。, 結局、1年通して、今一つ、チーム状態は上向かず、60勝60敗10分 勝率.500で3位に終わり、阪神は「連覇」を逃した。, しかし、阪神の本当の「地獄」は、その翌年(1987年)から始まる事となるのである。, <1987(昭和62)年…頼れる投手は、キーオただ1人で、投打共に完全にチームは「崩壊」し、41勝83敗6分 勝率.331という球団史上最悪の成績で、9年振り「最下位」~吉田義男監督は「辞任」に追い込まれる>, 前年(1986年)は不覚を取り、「連覇」を逃してしまった阪神は、勿論、「V奪回」を目指していた。, しかし、現実は、誠に残酷であり、この年(1987年)、阪神は投打共に壊滅的な惨状で、チームは完全に「崩壊」してしまったのである。, 2年前(1985年)の優勝メンバーは健在であり、また、西武から田尾安志も移籍して来るなど、, 打撃陣は、それなりの陣容が整っているかに思われたが、彼らは、揃いも揃って、軒並み成績を落とし、, 新外国人のマット・キーオぐらいなものであり、阪神はキーオにおんぶに抱っこの状態であった。, キーオは、阪神が酷いチーム状態だったにも関わらず、孤軍奮闘し、11勝14敗 防御率3.80という成績を残した。, 良い所が全く無く、41勝83敗6分 勝率.331という、球団史上最悪の成績で、ダントツ最下位に終わってしまった。, あの、1985(昭和60)年の優勝は、一体何だったのか、と思わせるような、酷い負けっぷりである。, 球団というのは、強くするのには時間がかかるが、弱くなるのは、あっという間であるという事を、この頃の阪神は、如実に表していた。, そして、吉田義男監督は、最下位転落の責任を取らされる形で、「辞任」に追い込まれてしまったが(※吉田監督は、報道陣とも対立し、マスコミからは「ドケチ」などと、散々な言われようであった)、, 2年前、あれほど「神様」のように崇め奉られていた吉田監督が、それから僅か2年で、どん底まで転落し、阪神を追い出される形になろうとは、一体、誰が予想したであろうか?, 全く、人生とは何が起こるかわからないものであるが、吉田監督は、「栄光の頂点」と「失意のどん底」を、短期間で両方とも味わうという、誠に稀有な体験をした人物である、という事だけは確かである。, <1987(昭和62)年シーズンオフ…吉田義男監督の「辞任」を受け、村山実が阪神の新監督に就任>, 村山実は、かつて、1970(昭和45)~1972(昭和47)年に、阪神の「選手兼任監督」を務めていた事が有り、, それ以来、15年振りの阪神復帰であったが、愛する古巣・タイガースのために、村山は一肌脱ぐ覚悟を決めたのである。, <1988(昭和63)年の阪神タイガース…「第2次村山政権」がスタートし、野田浩司をドラフト1位で獲得、和田豊・大野久・中野佐資の3人を「少年隊」と名付けて売り出す~しかし、「バース解雇」「掛布引退」などでチームは崩壊し、阪神は51勝77敗2分 勝率.398で「2年連続最下位」に終わる>, 村山監督は、野田に大きな期待をかけ、積極的に起用したが、プロ1年目、野田はプロの壁に苦しみ、3勝13敗 防御率3.98という成績に終わっている。, そして、人一倍、涙もろい村山監督は、勝っては泣き、負けては泣き、といった感じであったが、それだけ、情熱家だったという事であろう。, あの「神様仏様バース様」こと、ランディ・バースが、長男の病気(水頭症)の治療のため、, シーズン途中で帰国すると、その治療費の請求などを巡って、バースと阪神球団は鋭く対立してしまった。, 阪神としても、苦渋の決断ではあっただろうが、あの大功労者のバースが、最後はこんな形で退団してしまったという事に対し、阪神ファンは皆、ガックリと落ち込んだ。, 球団側と選手側の板挟みに遭い、精神的に追い詰められた末の、悲劇的な結末であったが、, 村山監督は、試合後、涙を流したが、この頃には、またしても阪神は投打ともに「崩壊」しており、, 熱血漢・村山実監督を以てしても、阪神タイガースの再建は、もはや容易な事ではなくなっていた。, 更に、追い打ちをかけるように、当時、村山監督との「確執」が噂されていた掛布雅之も、, 当時33歳の若さにして、現役引退を表明し、10月10日、またシーズン途中だったにも関わらず、, こうして、バースが解雇され、掛布も引退した阪神は、1985(昭和60)年の「V戦士」が、1人また1人と、チームを去って行く事となってしまった。, 結局、この年(1988年)に阪神は、51勝77敗2分 勝率.398で、「2年連続最下位」に終わってしまった。, <1989(平成元)年の阪神タイガース…新外国人・フィルダーが38本塁打と大活躍するも、「自爆」で骨折し、パリッシュ(ヤクルト)にホームラン王を攫われる~岡田彰布が、「天覧試合」30年後(1989.6.25)の阪神-巨人戦で、意地の「逆転満塁ホームラン」~阪神は54勝75敗1分 勝率.419の5位で、最下位は脱出したが、村山監督は辞任⇒後任監督は中村勝広に>, 村山実監督も2年目を迎え、この年(1989年)こそ、阪神は上位進出を目論んでいたが、, そんな阪神に、当時25歳だった、セシル・フィルダーという新外国人選手が入団したが、, 日本の投手達の変化球攻めにも、徐々に慣れて行き、やがて、ガンガンと打ちまくって行った。, フィルダーは、あのバースが付けていた背番号「44」を背負っていたが、まさしく「バースの再来」と言って良いほどの、大活躍であった。, どうにもならないほど、戦力的には厳しい状態であり、相変わらず、低空飛行が続いていた。, この日は、村山実が長嶋茂雄(巨人)に劇的なサヨナラ本塁打を打たれた、あの「天覧試合」(1959(昭和34)年6月25日)から、ちょうど30年目という節目の日だったのであるが、何と、この試合で、岡田彰布が、ガリクソン(巨人)から、劇的な逆転満塁ホームランを放ったのである。, しかし、フィルダーは1人、気を吐き、シーズン終盤、フィルダーは38本塁打で、36本塁打のパリッシュ(ヤクルト)に2本差を付け、ホームラン王争いのトップを走っていたものの、何と、9月14日の巨人戦で、三振した事に腹を立て、バットを地面に叩きつけた際に、そのバットが跳ね返って来て、右手の小指を骨折してしまうという、前代未聞の事件を起こしてしまった。, これで、フィルダーは戦列を離脱し、そのまま帰国⇒退団してしまったが、その後、パリッシュは6本塁打を追加し、結局、パリッシュが42本塁打で、逆転でホームラン王のタイトルを獲った。, フィルダーとしてみれば、「自爆」により、せっかくのタイトルを逃してしまった形となった。, 54勝75敗1分 勝率.419という成績で、この年(1989年)、大不振で最下位に沈んだ大洋のお陰で、何とか最下位を脱出し、5位に浮上したものの、3年連続Bクラスに終わってしまった。, 村山実監督の「辞任」の後を受け、当時、阪神の二軍監督として、「帝王学」を学んでいた、中村勝広が、後任監督に就任し、, こうして、吉田・村山監督時代の「第1期暗黒時代」の到来の後を受け、中村監督時代が始まる事となるが、, 【今日は何の日?】2003/9/15…阪神タイガース、18年振り優勝~暗黒の18年の苦闘(前)~ | 頑張れ!法政野球部 ~法政大学野球部と東京六大学野球について語るブログ~, 法政大学野球部を中心として、東京六大学野球についての様々な事柄について、思いつくままに書いて行くブログです。, 「栄光の頂点」と「失意のどん底」を、短期間で両方とも味わうという、誠に稀有な体験をした人物である、という事だけは確かである。.